悲しい話ばかりだと悲しいので、もう一つ「ど根性ガエル」の話。
内容はあんまり覚えていないのですが、ヒロシの担任の先生の話は覚えています。
町田先生という、初老…に見えた先生です。

冴えない先生で「教師生活25年、こんな経験はしたことがないーっ」と目をこすって嘆きます。
この先生がヒロシ、ガキ大将のゴリライモ、ヒロシのガールフレンドの京子ちゃんと一緒に帰っている。
その時、会社の中から声をかけられる。
見ると、車の中にいたのは町田先生の同級生。

今は大会社の社長で、豪勢な生活を送っているらしい。
誘われて町田先生とヒロシたちは、社長の家に行く。
社長の家といい、生活といい、町田先生とは大違い。

最初は社長の生活に興味津々で、感心していたヒロシたち。
豪華な食事を振舞われ、町田先生の情けなさを一緒になって笑っていた。
しかしヒロシたちは、町田先生をバカにする社長に次第に不快感を覚え始める。

社長に向かって、怒るヒロシたち。
だが社長はまったく取り合わない。
ヒロシたちは怒って、帰る。

社長は車で、ヒロシたちを送る。
その車の中でも、社長は町田先生をバカにすることをやめない。
いや、バカにするために送っているのだ。

憤慨するヒロシたちだが、社長は、たった一つ、手に入らなかったものがあったと言う。
学生時代に憧れていた美少女がいたが、彼女には振り向いてもらえなかった。
その美少女はその学校にいた学生たち、すべての憧れのマドンナだった。

遠い目をした時、町田先生の帰りが遅いと、先生の奥さんが迎えに来た。
奥さんを見た社長は、驚きのあまり、声も出ない。
町田先生の奥さんは、あの憧れのマドンナ、美少女だった。

奥さんは町田先生に駆け寄り、社長には目もくれない。
彼のことをまったく、覚えていない。
…「あら?」ぐらいは言ったかもしれません。

ヒロシたちは「先生、すごいな」と言う。
「どうやって憧れのマドンナと付き合ったの?」
奥さんとヒロシたちに囲まれ、町田先生は帰っていく。
後にはガックリと膝を折った社長だけが、残っていた。


この話、最初はごちそうにへらへらしていたヒロシたちが、次第に憤慨するところが良かった。
そして最後に、高慢ちきな社長の憧れの美少女が町田先生の奥さんだったというのが痛快でした。
いつも「教師生活25年…」と泣いている先生ですが、とっても良い人柄なんですね。

たくさんの登場人物がいましたが、私は寿司屋のすし職人・梅さんが好きでした。
良く出前でひっくり返ってました。
ヒロシの学校のグラマラスな美女・ヨシ子先生が好きで、ヒロシの担任の男性教員と争っていました。
どっちも武道の達人で、ケンカは勝負がつかなかったような記憶があります。

オープニングの曲も印象深いですが、エンディングテーマの曲も印象深い。
♪男の道はど根性でやんす 厳しいでやんす♪
そしてなぜか、♪ざまあかんかんかっぱのへ~!
土曜日の夜、楽しく見ていたことを思い出します。

スポンサーサイト
2017.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3425-8a7c4a86