実写だったら見られない 「妖獣アダル 人形作戦」

人形というと、それだけでホラーの話ができます。
好きな人には申し訳ないんですが、人の形をしているのに人ではないというところが怖いんです。
学生時代にバイトしていたお店に、精巧な人形がありましたが、反応は二通り。
「綺麗!」という人と、「ぎゃー、怖い」という人。

その人形を題材に「デビルマン」を作るんですから、怖くないはずがない。
「デビルマン」でまず、人形の話と言うと、人形使いズールがあります。
そして同じ、人形を操る妖獣の話で「妖獣アダル」があります。
ゴミ捨て場に片手をつられてブラブラしている人形が映り、不気味な感じがして始まります。

タレちゃんが、今日はついていなかったと言う。
ミヨちゃんは風邪ひいて休むし、先生には怒られるし、テストの点は悪かった。
夕焼けの中、タレちゃんは1人でこの廃棄物置き場にいる。

突然、タレちゃんが「裸の女の人が」と驚く。
トラックに裸の女性がたくさん、乗っている。
でもそれは人間ではなくて、マネキンを捨てに来ていたのだった。

「かわいそうだなあ」と言うタレちゃんが人形に近づくと、人形の目が光り、腕が動く。
人形に腕を取られたタレちゃんは、気絶。
明と美樹が探しに来る。
タレちゃんはマネキンが動いたと悲鳴を上げるが、明が触ったところ、普通のマネキンだ。

しかしその夜、タレちゃんは目を覚ます。
「やだなあ、目がさえちゃった」。
この感じ、わかります。
子供の頃、大人も起きていない夜中にふと目がさえて眠れなくなるということが、とても怖かった。

そう言ったタレちゃんの目に、壊れたマネキンたちが歩いている映像が映る。
マネキンが歩いている。
生きているんだ。
うちを探しているんだ。

廊下を、誰かが歩く音がする。
ドアの前で止まる。
ノブが動く。

テレちゃんは恐怖のあまり、近くにあったものを投げてしまう。
投げたのは、金づちだった。
悲鳴が上がる。
だが倒れたのは、マネキンではなかった。

頭から血を流して倒れたのは、美樹だった。
ドアを開けたのはマネキンではなく、美樹お姉ちゃんだったのだ。
タレちゃんが投げた金づちは、美樹に当たったのだ。
「お姉ちゃん、死んじゃった…」。

トイレに起きた明は、タレちゃんの部屋の様子がおかしいことに気付く。
ドアを開けると、タレちゃんはいなかった。
代わりに、頭部が壊れたマネキンが転がっている。
部屋には置手紙があった。

美樹お姉ちゃんを殺してしまったので、もう二度と戻らない。
そう、手紙には書いてあった。
手紙を読んだ明は、タレちゃんを探して夜の街を走る。
あちこちからマネキンがやってきて、明の邪魔をする。

明はマネキンを壊していくが、次々と街角からマネキンが集まって来る。
壊したはずの人形は直っている。
空を見上げると、雲の上が光っている。

蜘蛛の糸のようなものが、見える。
明はデビルマンに変身し、雲の上に急ぐ。
そこには妖獣アダルがいたが、逃げられてしまう。

風邪で休んでいたミヨちゃんが夜中、トイレに起きる。
するとドアが開く音がする。
カギかけてないのでしょうか。
不用心ですね…、ってもしかしたらデーモンが開けたのかな?

ミヨちゃんが誰?!と驚くと、タレちゃんがいる。
タレちゃんだった。
ミヨちゃんにお別れを言いに来たのだ。

夜が明けてきた。
美樹の父親も母親も、美樹もタレちゃんを探して、憔悴していた。
だが警察からの電話を取った母親の顔は、明るくなる。

少なくとも、子供の事故の知らせは入っていない。
ではタレちゃんは生きているんだと、父親も母親もホッとした。
その頃、ミヨちゃんはタレちゃんを匿っていた。

美樹お姉ちゃんがなくなったというニュースは、どこもやっていない。
ミヨちゃんはそう言って、牧村家に電話をしてきた。
電話に美樹が出るのを確認したミヨちゃんは、美樹が生きているのがわかって喜んだ。

そして美樹に、タレちゃんを迎えに来てくれるように言った。
だがタレちゃんが待つ部屋に入ってきたミヨちゃんは、暗い顔をしている。
ミヨちゃんはタレちゃんに、「美樹お姉ちゃんは死んでたわ」と言う。

やっぱり、そうだった。
お姉ちゃんを殺してしまった僕は、死ぬほかない。
タレちゃん1人を死なせないと、ミヨちゃんは言う。

ミヨちゃんの家に、牧村家の人がやってくる。
だがミヨちゃんが祖母に泣きついているだけで、タレちゃんはいなかった。
遅かったか。

明は走り出す。
踏切を列車が通過していく。
明がふと向かいを見ると、ホームの屋根の上にタレちゃんとミヨちゃんがいる。
たった今、家にいたミヨちゃんがいるなんて。

タレちゃんもは風邪で休んでいて、今も咳込んでいたミヨちゃんの咳がいつのまにか止まっていることを不思議に思った。
「さあ、一番楽に死ねるのよ」と、ミヨちゃんが電車に飛び込むことを促す。
映っている影を見たタレちゃんが叫ぶ。

「ち、違う」。
「ミヨちゃんじゃない!」
「だから私は太陽が嫌いなんだ」。

そう言うと、ミヨちゃん、マネキンに変わった。
電車が来る。
もみ合う2人。

間一髪、線路に落ちてバラバラになるマネキン。
この辺り、悪夢のようです。
実写だったら、子供泣きますね。
「悪魔くん」とか「怪奇大作戦」の人形の回も怖いですが、これもかなり怖い。

デビルマンは雲の上から人形を操る、クモのような妖獣アダルに気が付く。
アダルを退治すると、タレちゃんは迎えに来た牧村家の人とミヨちゃんと再会できた。
ここでミヨちゃんを最優先する、ちゃっかりしたタレちゃん。
でもみんな、一安心。

アダルが退治されたために、そこらじゅうで、人間に成りすましていたマネキンが火を噴いて消えていく。
lこの人たちが実在した人間なら、マネキンに取って代わられていた本体は無事なんでしょうか…。
最期まで怖いエピソードで、アダルの回は終わります。


スポンサーサイト

青いパンツのデビルマン

アニメの「デビルマン」を見ています。
今の技術や絵柄で見ると、やっぱり昔のアニメなんですが、すごくおもしろい。
でも、アニメ版の評価って低いんでしょうか。

マンガの「デビルマン」では、かなり重要な存在であるシレーヌ。
そのルックスから、男性ファンもかなり多いと思われます。
私は物体のデザインとしても、シレーヌは素晴らしいと思います。
シレーヌのようなマンガで重要なキャラクターが、1話限りの妖獣になっている。

そんなマンガのファンの不満はあると思いますが、キャラクターの作り方はかなりうまいと思います。
子供が見るアニメではあるけど、残酷で怖いシーンもある。
デビルマン自身、例えば女性であってもデーモンには容赦がありません。
でも女性デーモンはみんな、すごい美女です。

それでもデビルマンはキックはするわ、目にチョップもします。
デーモンが女性であっても気が抜けない攻撃力と魔力、精神の持ち主だから仕方ないんですが。
ララのような例外はいましたが、女性デーモンは平気で人を殺します。
ラフレールが美しいのはデーモンである本来の姿があまりに醜怪だからなのだとわかって、子供には衝撃でした。

確か、土曜日の夜8時30分からの放送だったこともあって、大人が見ても興味を持つような話になっていたのでしょうか。
また、声優さんたちがうまい。
特にデーモンの声優さんたち、すごく良いです。

主題歌も良かったです。
さすが、阿久悠さん。
歌詞が良いです。

特にエンディングに流れる「今日もどこかでデビルマン」。
♪もうこれで帰れない さすらいの旅路だけ♪
この歌詞、名作です。
当時の視聴者であった子供は、この切なさ、哀愁漂う歌詞にかなりやられたと思います。

結構怖かったアニメ「デビルマン」。
でもアニメ版は、女の子のファンが多かったとも聞きました。
やはり、明くん・デビルマンのキャラクターが良かったのでしょうか。

愛する美樹のためにたった一人戦い、その気持ちが揺るがない。
悪魔だから人間の姿の時も不良ではあるが、純情。
こんなギャップが、女の子にはたまらなかったのかもしれません。

アニメ版のデビルマンのパンツがダメ、という意見もあるとか。
逆にマンガのデビルマンの下半身に、ビックリしてた友達はいました。
私は青いパンツでも、アニメのデビルマン好きです。


闇に潜む妖獣ジェニー

なーなーじゅうにーねんー、じゅうがつー♪
松任谷由実さんも歌っておりました。
ジャゴビニ流星群。

松任谷さんは♪シーベーリアかーらもー見-えなかーったとー♪と歌っていたので、ほとんど見えなかったのでしょう。
しかしデビルマン世界では流星がやってきて、みんなはそれを観察する宿題に取り掛かります。
やってきたのは流星だけではなく、デーモンも来ていたのでした。

美樹たちが空を見上げて、あの赤い星がきれいと言う。
だが父親にも母親にも、赤い星は見えない。
友達のチャコも、東大寺くんも、みんな一層大きな赤い星がきれいだと言う。
しかし大人には見えない。

この夜、赤い星を見ていた子供たちの夢に、美しい女性が現れる。
怖くて綺麗な女性が現れ、今夜ここに来いと川のほとりの場所を告げる。
このことは誰にも言うな、言えば殺す!
そこで夢を見ていた子供たちは悲鳴を上げて起きるが、またすぐに眠ってしまう。

翌朝、子供たちはみんな寝不足だ。
宿題をやってきた東大寺が赤い星のことを発表するが、アルフォンヌ先生は嘘はいけないと言う。
そんな星はどこにもなかった。

流星に乗ってやってきたのは、妖獣サイコジェニー。
子供たちの夢に入り込み、マインドコントロールをしていたのだ。
ジェニーは子供たちを川に誘い込み、大量に溺れさせようとしていた。

これも気づいたデビルマンに阻止されるわけですが、この子供にしか見えない赤い星というのも不気味。
星が見えた子供が全員、同じ夢を見るのが怖い。
夢の内容も怖い。

綺麗な女性が出て来る。
美しいが怖い。
夢のことを話せば殺すと脅すところも、怖い。

サイコジェニーというデーモンを原作で見た時は、軽いショックを受けました。
大きな頭部から、手足が生えているような女性の姿。
原作ではサイコジェニーさん、大活躍でした。


綺麗なお姉さんが鏡の中に 「妖獣エバイン 千本の腕」

妖獣エバイン。
鏡に見知らぬ女性が、映る。
するとそれを見た人間の腕は、意志に関係なく動き出す。
それで運転手は事故を起こし、人々は殺し合う。

この、鏡にいないはずの綺麗な女性が映るっていうのが、怖い。
それを見た人たちが、次々、事故を起こすというのも怖い。
タレちゃんも鏡の中に、綺麗な女性を見る。
同時にタレちゃんのガールフレンドのミヨちゃんも、同じ女性を鏡の中に見る。

綺麗なお姉さんが鏡にいたと驚く2人は、お互いに首を絞め合って気絶する。
これは妖獣エバインだと気づいたデビルマンは、エバインを追い詰める。
鏡を壊せば、エバインは別の鏡に逃げ込むしかない。
その弱点を突かれたエバインは、妖将軍ムザンに助けを求める。

「よしよし、ムザンが助けてやろう」。
ムザンはエバインに、鏡に人間を閉じ込めることができるカギを渡した。
これでデビルマンも閉じ込めることができる。
鏡の中なら、エバインの世界。

エバインは再び、デビルマンの前に現れる。
この出現がかっこいい。
エバインは馬の体を持っている。

だからエバインが来る時は、鏡の中から蹄の音がする。
それが違づいてくる。
エバインの姿が鏡の中に現れ、それが近づいてくる。

逃げて行く時も同じ。
エバインは蹄の音を響かせながら、鏡を探し、鏡に向かって走っていく。
そして飛び込む。
蹄の音が遠ざかり、エバインの姿も遠くなっていく。

ムザンに鏡の国のカギをもらったエバインは、再びデビルマンの前に現れる。
カギをくわえて返事ができないエバインを、デビルマンは「今度は泥棒でもするのか」と笑う。
だが次の瞬間、閃光が走る。

物音に気付いた美樹が心配して、明の部屋にやってくる。
扉を開けて、驚きのあまり、声も出ない。
部屋には、何もなかった。
美樹は驚いて父母を呼ぶが、父親も母親も泥棒かと言う。

そうではないのだ。
「部屋」がない。
泥棒が、部屋まで持っていくわけがない。
そう訴えるが、父親にも母親にも意味が分からない。

この、明の部屋がいきなり薄暗くなって、ドア口に立つ美樹の影が長く伸びるシーン。
部屋に何もなくて、明もいない。
あるのは、割れた鏡だけ。
何だか、ダリの絵を見ているような気分になります。

エバインの最期は、デビルマンに角を折られたエバインは集めた人間の腕のコントロールを失う。
操っていた腕に襲われたエバインは、鏡の世界の中で絶命する。
「あばよ、エバイン。鏡の中がお前の墓場だ」。
「妖獣らしい、最期だったな」とデビルマンが言うが、エバインの最期はちょっとかっこいいのでした。


立派なホラーだわ 「デビルマン」6話

アニメの「デビルマン」を見ています。
子供のころ見ていた、アニメのデビルマンですね。
街並みとか、家とか、公害とか、70年代らしさも楽しめます。

6話に「ロクフェルの首」という話があります。
これ、怖かったんですよ~。
デビルマンへの刺客で、妖獣ロクフェルがやってくる。

牧村博士は考古学者で、古代の美女の顔を復元する作業にかかっている。
頭蓋骨に、蝋で肉付けしていくのだと言う。
取材記者の中に、見慣れない背の高い男がいる。

だが取材が終わった時、その男はいなくなっている。
いつもの記者に聞くと、いつものメンバーだけだと言う。
牧村博士は、奇妙な思いにとらわれる。

この後、助手と電話をしている牧村博士の背後から、誰かが近づく。
肩をポンと叩かれ、驚く博士だが、それは娘の美樹だった。
このあたりから何だか、怖い。

古代の頭蓋骨から顔を復元するのに最初は博士の指示通り、助手が髪を作った。
時代的に桃割れだろうと言われ、日本髪が頭蓋骨の上に乗る。
「目を忘れたな」。
助手はそう言うと、目玉を取りに行く。

ボーンボーン。
12時を知らせる時計の音。
開いた窓から風邪が入り、カーテンが翻る。

部屋の壁に、影が映る。
外にいる犬たちが怯えている。
頭蓋骨のポッカリ空いた目に、眼球が出現し、目が開く。
首が伸び、蝋の鍋に入っていく。

目を持ってきた助手は、頭蓋骨がないことに気が付く。
「おかしいな」。
そういった助手の背後でドアが閉まる。

助手は首を探し始める。
蝋にまみれた手が伸びて、スイッチを切る。
暗闇。

助手が暗闇の中、冷や汗をかいてくる、。
ドアが開く。
入ってきたのは、猫だった。

怯えていた助手は「うるさい」と猫に当たって追い出す。
ぴた、ぴた。
廊下を蝋をたらしながら、何かの影が近づいてくる。

ここ、音楽も怖いんです。
腕を伸ばしたまま、動けない助手。
その背後に立ったものは、湯気が出ている鍋を持っている。
蝋を溶かした鍋。

子供はもう、ここで怖くてたまらないですよ。
今見てもこれ、怖いと思います。
「化け物ーっ!」
助手が悲鳴をあげる。

壁に影が映る。
影が持っている鍋を、助手に向かって傾ける。
悲鳴。

車で移動中の牧村博士に、首が逃げましたという電話が入る。
電話をしている助手さん、蝋で真っ白。
がくり、と倒れて、電話が切れる。

この時代、牧村博士の車にはもう、電話があるんです。
それもすごいですね。
牧村家って、この時代の洋館みたいな感じです。

アニメのデビルマン、根源に訴えかけるような怖いシーンがあります。
女性シリーズだと、鏡に女性が映ってそれを見ると事故を起こすとか。
夢に怖くて綺麗な女性が出て来る夢を、流星を観察していたみんなが見ているとか。
うまいところを突いてくるな、って思います。


プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード