こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 音楽
CATEGORY ≫ 音楽
       次ページ ≫

夢を見せます3分間

「大都会 闘いの日々」というドラマに、歌手のちあきなおみさんの名前が入ったタイトルの回があります。
曲は「喝采」。
この曲、ものすごいドラマ性があるんです。

3分間の曲の中に、この女性に何があったか。
過去、この女性がどうして来たのか。
こちらにものすごいドラマを感じさせる曲です。

以前、萩原健一さんが沢田研二さんのことを「歌手として本当にすばらしい」と自伝の中で言っていました。
自分のように何か言うことはなく、与えられた曲を期待通り、いや、期待以上に歌い上げる。
その歌の世界を存分に表現し、聞き手に感じさせる。
だから沢田研二は、上の人にとてもかわいがられたと言っていました。

確かに、そうでした。
3分の間、その歌が見せたいと思った世界。
それを表現して余りあるのが、歌手・沢田研二という存在でした。

いやいや、ベストテン常連だった頃のジュリーのパフォーマンスのすごいこと。
「サムライ」なんて今見ると、芸術作品みたい。
今だと大問題になる衣装なんでしょうが、それに加えて肌にピッタリ貼りつくような模様を描いた衣装が重なる。
まるでタトゥー。

クライマックスには、腰にあるドスを抜く。
それがライトを浴びて、絶妙な光を放つ。
床にはたくさん敷き詰められた畳。
愛する女性が眠っている間に、死出の旅に出る美貌の男。

絶望的な状況での殴り込み。
畳に壮絶に散る血の跡が見えるよう。
そして演奏が「井上堯之バンド」ってもう、嘘みたい。
夢を見せます、3分間。

今、西城秀樹さんの訃報を聞いて、改めて曲を聴くと沢田さんもすごいけど、西城さんもそうなのだとわかりました。
西城さんだけではなくて、野口五郎さんも、郷ひろみさんもそうです。
いや、山口百恵さんや、あの当時、自分が聴いていた歌謡曲のほとんどがそうだったと知りました。

これができるには歌唱力はもちろん、理解力、想像力というものがとても必要なのですね。
勉強の他に使う、頭の良さというものがものすごく必要。
これがないと表現ができない。
人を共感させられない。

3分間、人に夢を見せる才能。
それを持った人に夢を見せられた人は、その人を忘れない。
だから自分が成長していく過程に聴いた歌手は、その人には永遠なのでしょう。



スポンサーサイト

悲しくなるメロディ

♪走れトロイカ 軽やかに 粉雪蹴って♪
昔から、なぜか悲しくなる「トロイカ」。
今、悲しくなる曲は、日曜の朝、NHKで放送している「小さな旅」のオープニングとエンディングに流れる曲。

「小さな旅」は、良い番組なんです。
昔からある番組。
観光地ではない、日本の各地の風景とそこに暮らす人を紹介する番組。
いつも、地元の人しか知らないであろう景色や話が見られる。

でもなぜか、このテーマ曲を聞くと、しんみりしてしまう。
たぶん、故郷やそこに暮らしていた頃を思い出させるようなメロディになっていると思うんです。
郷愁を誘うメロディ。

寂しさと、懐かしさと、移り変わりを感じて、悲しくなる。
放送時間が日曜の朝というのも、あるかもしれない。
悲しくなる「小さな旅」のテーマ曲。
嫌いじゃないんですけどね。


また雨が

冷たい雨が降ると、思い出すビデオ。
荒涼とした大地。
冷えた海。

廃船。
彼女はこれに乗って来たのか。
人がいた痕跡があるだけに、寂しい。

飛ぶ海鳥以外、動くものはいない。
立っている彼女以外、体温を感じるものはない。
緑がない。

夜が訪れる。
彼女が灯す炎のほかに、灯りは見えない。
それだけに、灯火はとても温かく、心をなごませる。

外に出る彼女の足下に鶏。
日常が見える。
しかし、ほかの気配はない。




彼女はどうして一人で、ここにいるんだろう。
何かを待っているとすると、何を待っているんだろう。
寂しく、美しいメロディと歌声とビデオ。


子供たちを責めないで 伊武雅刀

   


「子供達を責めないで」

私は子供が嫌いです
子供は幼稚で礼儀知らずで気分屋で、前向きな姿勢と無いものねだり
心変わりと出来心で生きている

甘やかすとつけあがり、放ったらかすと悪のりする
オジンだ入れ歯だカツラだと、はっきり口に出して人をはやしたてる無神経さ

私ははっきりいって「絶壁」です
「絶壁」です
「絶壁」です!

努力のそぶりも見せない、忍耐のかけらもない
人生の深みも渋みも、何にも持っていない、そのくせ下から見上げるようなあの態度
火事の時は足手まとい、離婚の時は悩みの種、いつも一家の問題児
そんなお荷物みたいな、そんな宅急便みたいな、そんな子供が嫌いだ

私は思うのです
この世の中から子供がひとりもいなくなってくれたらと
大人だけの世の中なら、どんなに良いでしょう
私は子供に生まれなくてよかったと、胸をなでおろしています!

わたっ…、私は子供が嫌いだ!
うん!

子供が世の中に、なにかしてくれたことがあるでしょうか
いいえ、子供は常に私たち大人の足を引っぱるだけです
身勝手で…足がくさい!

ハンバーグ エビフライ カニしゅうまい
コーラ 赤いウィンナー カレーライス スパゲティナポリタン
好きなものしか食べたがらない、嫌いなものにはフタをする

泣けばすむと思っているところがズルイ!
何でも食う子供も嫌いだ!
スクスクと背ばかり高くなり、定職もなくブラブラしやがって
逃げ足が速く、いつも強いものにつく

あの世間体を気ににする目が嫌だ!
あの計算高い物欲しそうな目が嫌だ、目が不愉快だ
何が天真爛漫だ、何が無邪気だ
何が星目がちな、つぶらな瞳だ

そんな子供たちのために私たち大人は、なんにもする必要はありませんよ
第一、私達大人がそうやったところでひとりでもお礼を言う子供がいますか
これだけ子供がいながら、ひとりとして感謝する子供なんていないでしょう

だったらいいじゃないですか、それならそれでけっこうだ、ありがとう、ね!
それならそれで けっこうだ、ね!
私達大人だけで刹那的に生きましょう、ね!

子供は嫌いだ、子供は大嫌いだ!
離せ、俺は大人だぞ!
誰がなんと言おうと、私は子供が嫌いだ!
私は本当に、子供が嫌いだあああああ~!


タイトルは、「子供たちを責めないで」。
これは逆に子供をこんな風に言わないで!
思わないで!…ってことか。

しかし、無茶苦茶言ってる。
無理言ってる。
でも、よく見てる~!

そして、決して本当に嫌いで、憎くて言ってるんじゃないのがわかる。
だって本当の「嫌い」には、笑える要素はない。
この人はいつも子供におもしろがられて、遊ばれてるんじゃないか。
でも、今だったらこれは苦情が殺到して、発売も放送もできなくなるのかもしれない。



春一番

花粉用メガネを、今年は買いました。
視界が狭くなって、横の人も首を動かさないと見えないから、運転する人は怖いかも。
それと、混雑した駅のホームなんかも気をつけないといけないかもしれませんね。
しかしそのせいかどうかわからないですが、目のかゆみはずいぶん軽減されてます。

花粉用メガネにマスク。
もう、外気に触れてる部分のが少ない!
これでコート着てると、なんだかアヤシイ人なのだ。
それでも春が来たな、という感覚は良いもんですね。

一緒にお昼に外にご飯食べに行った人が「寒いのはもう飽きたね」って。
私の感覚では、寒いのはもう嫌だ、なんですが、「飽きた」っておもしろいなあ。
それで、昨日からはちょっと寒いんですが、窓を開けて冷たい雨の空気が入ってきた時、「うん、もう、こういうのはいいな」って思いました。
飽きた、ってこういうことか。

だんだん、日が伸びてきて、1日24時間は変わらないんだけど、昼が長くなると1日が長い気がするんですよ。
明るい間にできること、しておきたいことができる時間が短い。
洗濯物干せる時間とかも短いし。
外に出て、6時過ぎなのにもう8時?って思うような暗さだと、早く帰っていろんなことしなきゃって思ってしまう。

日が延びてくるのは、なんかうれしい。
風が強いのも、その風が生あったかいのもうれしい。
桜はもちろんのこと、街が、花屋の店先がピンク色っぽく色づいてくるのもうれしい。
あったかくなって人も動物も外に出てくるし、季節が変わったので入学やらデビューはする子供や人が多い。

そこで春の歌というと、キャンディーズの「春一番」っていうのは実に春らしさをうまく表現している曲なんですね。
どこかの子が隣の子を迎えに来ました♪
すずめの子が楽しそうです♪



この弾む感じ、すごくうまい。
明るくなってくる感じが、すごく出てる。
春っていいなと思う曲。
冬に聴くと、春を待ち焦がれてしまう曲です。