こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 必殺仕事人2009~
CATEGORY ≫ 必殺仕事人2009~
       次ページ ≫

せめて切腹

楽しみにしていた「必殺仕事人2016」が放送。
今回、すご~く期待していたのは、安田顕さん。
期待以上に良かった!
悪役、すごく良かった!

動かない視点が、人を人と思っていない感じを出している。
剣の腕も立つ!
選ばれた人間であるという傲慢さ。
プライドの高さがビシバシ伝わってくる。

最後に、勝負に勝った笑みが歪んでも、せめて切腹と口にするほどのプライドと勝手さ。
悪役は、こうでなくっちゃ。
仕事人って勝負してるんじゃないからね、暗殺だからね。

安田さんを、今度は仕事人サイドで見たい!
裏の顔と表の顔。
二面性があるキャラクター、ハマると思うんです。

あと、出番は少なかったですが、遠藤憲一さんの殺しのシーンは良かったです。
相手が言い訳するのに対して、「事情知らないし」「金少ないし」「早く帰りたい」。
このビジネスライクさ、標的への非情さ、常識はずれなところが、すごく無頼で裏稼業の人っぽかった。

寺島進さんも、良かった。
小五郎の同僚の、平和な日常に登場していたレギュラーが、非業の死を遂げる酷い展開。
容赦のなさが、必殺だなあと思いました。

被害者が、都合で登場した1回限りのキャラクターじゃなかったですから。
娘、いや、あの一家が無事で、まだ良かった。
尾美としのりさんも、やっぱりハマってました。

うさ忠…、お頭に怒られるよ…、と、つぶやいてしまいました、すみません。
酷い展開でしたが、楽しかったです。
魅力的なキャストで、また作って欲しいです。

スポンサーサイト

惜しい

「必殺仕事人」、また作ってくれるんでしょうか。
惜しいな、と思ったのは、レンの降板です。
初めて見た時、意外な拾い物をした気分になりましたから。

あの悪たれぶり。
中身の純粋さ。
一途さ。

憎めない問題児。
放っておけない悪ガキ。
まさに若い仕事人にあってほしい要素が、レンにはあった。

勝手な印象ですが、演技ではない部分、本人の資質にこれに近いものがあった気がします。
問題は起こすが、男気もある。
そんな風に見えました。
勝手な印象ですよ。

こういうタイプは、良さをわかってやる大人が、うまく導くと光る。
そう思ってました。
昔の若手俳優なんかにいたタイプではないか。

だからレンは良いキャラクターになったのにな、と思うと降板はとても残念。
同時に、私生活はマジメなのに、あんなキャラクターがぴったりとハマる山崎努さんや、緒形拳さんって、すごい。
レンは、鉄が、いろんな意味でかわいがりそうだ。
いや、今なら正八がかわいがりそう。

しかし、レンは惜しいな。
あの世界に合ったキャラクターと、演者だった。
そんなキャラクターをまた、期待したいと思います。





元気になる

三連休を前に始まった月曜日。
月曜というのに朝から疲れていて、休みたい…と思いました。
この週は長くてつらくて、やっと三連休!という金曜日。
何だか風邪っぽい。

そうしたら三連休の初日の土曜日。
のどが痛い。
こりゃ、表をうろちょろしてる場合じゃない。
しかし熱は出ない。

そうしたら三連休後の今週、咳は出るわ、鼻はぐずぐず言うわ。
咳の仕方がいけなかったのか。
右の胸の下辺りが痛い。

もしや、肋骨?
いや、筋でも痛めたか?
やっぱり、疲れたという時は体の抵抗力も落ちてるんですねえ。
素直に休息してたら、こんなことにならなかったのでしょうか。

夜の9時30分に寝ちゃったりしてたから、世間にうとくなっちゃった。
今週、「必殺仕事人2015」放送なんですか~!
しかも遠藤憲一さんが出演。

ああ、一気にうれしくなった。
元気が出る。
休みの安心感なんでしょうが、体が楽になった…、ほんとにそうなら自分って単純過ぎ。

そして、そろそろ「スペシャリスト」も見たいんですけどね。
これ、2時間ドラマから連続ドラマになった「相棒」みたいにできると思うんだけど、ならないのかな。
おもしろくなるというか、見たい。
ドラマが楽しみな平日が、元気のためにもほしい~。

お預け

必殺仕事人2014、昨夜放送でしたね。
しかし何と、昨夜は早寝してしまいました。
なので、録画です。
週末までお預け、ってところです…。


残念と期待

知らなかった。
7月27日の夜、「必殺仕事人2014」が、放送。
そろそろ新作やってくれないかな~、と思っていたので、うれしい。

しかし…、レンはどうするんだろう?って思いました。
出演者の事情は、私の耳にも入って来てましたから。
だから放送を知る前から、この次、レンが出演しないのはわかっていました。

レンは何も説明なく、姿を消しているんでしょうか。
主水が西へ行ったと説明されていたように、どこかに行った説明はされるんでしょうか。
いきなりいないのは寂しいけど、それがこの世界に生きる者らしさを感じさせるのか。

あのヤサグレ方と、親しくなった者だけにわかる乱暴な優しさ。
文鳥に見せる愛情と寂しさ。
「必殺」にあっていて、好きなキャラクターだったんです。
だからレンがいないのは、残念。

あと、今回も高橋秀樹さんが出演してくれるようで、楽しみ。
高橋さんは前回の出演で、「もしかしたら一番のワルはあの人だったかもしれないね」と言われた役と同じ役で登場なんしょうね。
その悪役ぶりに、期待してます!
新キャラクターにも、期待しましょう。