この桜の季節になると、思い出します。
桜が美しいドラマ。
そして、時代劇。

何と言っても思い出すのは、「必殺仕置人」の第2話「牢屋で残す血の願い」。
ものすごくギラギラした山崎努さんの鉄。
すがすがしい沖雅也さんの錠。
若さが抜け切らない藤田まことさんの主水。

抜け荷の罪を着せられて一家を滅ぼされ、女1人で身を張って復讐に望んだおしん。
おしんは最後の標的を前に復讐を果たせず、用心棒たちに辱められ、屈辱のうちに磔にされる。
血を吐くようなおしんの訴えに真実があることを確信しつつ、主水は奉行所では無力であった。

「何?」
主水から話を聞いた鉄は、目を丸くした。
「磔に決まった?おめえがついててそりゃ、どういうことだ」。
「どうしてあの女、助けてやらなかった。どうして、山城屋なんかに渡したんだ」。

「いや…、俺にはとても無理だ」。
主水の表情は、苦渋に満ちていた。
錠は怒っていた。

「まったく、奉行所ってのは、どいつもこいつも!」
「そうだ」。
主水は、錠の怒りを肯定した。
「だからおめえたちが、必要なんだ」。

殺しの現場に残った髪の毛から、鉄は件の殺しはおしんの仕業であることを見抜いていた。
それを危険に思ったおしんは鉄を誘惑し、殺そうと試みたが失敗した。
鉄はおしんに協力を申し出たが、おしんは鉄を信用し切れなかった。

確かに2人の殺しはおしんがやったが、越後屋殺しは自分ではない。
おしんの最後の標的・山城屋が越後屋を殺し、その罪をおしんになすりつけたのだ。
2人の同業者をおしんが殺し、越後屋も山城屋が殺したため、山城屋は1人、残って大もうけできる。

おしんはもはや、復讐を果たすことができない。
できることは、鉄に頼むことだけだった。
刑場に向かうおしんと、道にいる鉄の目があった。

おしんの家の桜の木の下に埋められていた仕置料は、鉄に渡される。
「おめえにはその意味が、よくわかるな?」
鉄は小判を握り締めた。

「どうする?どうするんだよぉ!何をもたもたしてるんだ!」
苛立つ錠に鉄は言う。
「騒ぐなって。くそお。おしんが一番、気が済むにはどうしたらいいか」。
「どう、山城屋を仕置きにかければ、思いが晴れるか」。

「うあああ」と、鉄は声をあげた。
「ちきしょう!ぞくぞくしてきやがった!」
そう言うと、鉄は首をすくめる。

桜の宴に、おきんが京都から呼ばれた芸者を装い、潜入する。
宴の中、用心棒に向かって主水は、越後屋の殺しについて、あれはおしんの仕業ではないことをほのめかす。

ばっさり袈裟懸けに斬られていた越後屋。
おしんに協力していた、元・おしんの店にいた使用人を、用心棒が斬った。
彼を斬った時の斬り口と、越後屋の斬り口は似ていた。

花札の勝負を挑んだおきん。
おきんがめくった花札は、桜だった。
これで桐が出たら、おきんの勝ちだ。

めくった花札は桐だった。
大豆の買占めと値上げを仕掛けていた商人4人は、花札の桜、桐、月、鶴に例えられていた。
おきんは、そのことを言っているのだ。

山城屋が叫ぶ。
「誰だお前は!」
おきんが山城屋の手をふりほどく。
「てやんでえ!」

「おうっ、山城屋!今夜は桐が消える番。おまえさん、死ぬ番だよ」。
「あばよっ!」
「誰だ、あれは!」
他の芸者は「あら、旦那が京都から呼んだんじゃないんですか!」と驚く。

棺桶を担ぎ、闇の中、半次が走っていた。
半次を鉄と錠が追い越して走る。
逃げるおきん。

走る錠。
走る鉄。
用心棒たちとともに、おきんを追う主水。

錠が先頭に出る。
用心棒の刃が、おきんの帯を切り裂く。
おきんが振り向きざま、桐の花札を投げる。
それが合図だった。

満開の桜の花びらが、雪のように降り注ぐ。
その闇と桜の中、錠が宙に舞う。
同時に用心棒の首を、錠の手槍が貫く。
鉄の指が、もう1人の用心棒にめり込む。

振り向いたままの、おきんが止まっている。
桜が狂ったように散り、降り注ぐ。
それ以外のすべてが、止まっている。
用心棒2人が、バタバタと倒れる。

やってきた山城屋が、鉄と錠を見て目を細める。
鉄が口を開く。
「おしんの恨み、晴らす」。

闇の中、浮かび上がった鉄の顔が笑っている。
こちらをにらんでいる錠がギリギリと、手槍を締め直して鳴らす。
「山城屋。おめえは抜け荷の罪を和泉屋に着せただけじゃねえ」。

「おしんが元締めたちを狙っているのを良いことに、残る越後屋源八を殺し、そいつをおしんの罪になすりつけた」。
「やることがちょっと、悪どすぎるようだな」。
「俺たちも頼まれなければ見逃したかもしれねえが、頼まれちまった以上、こっちも商売なんでね」。

「捕まえろ!」
山城屋が主水に、命令する。
主水は。おもしろそうな顔をしている。

ニヤニヤと笑い、頭をかいているが、動かない。
「捕まえんか!」
山城屋が苛立った声を出す。

「うわはははあ」。
鉄の哄笑が、闇に響く。
桜の花だけが、闇に白い。

「ははははは」。
主水も笑う。
鉄と主水の笑い声が響く。
主水が笑いながら言った。

「おめえを、な」。
「何い?!」
うわはははは。
鉄が笑う。

用心棒が動く。
おしんを陵辱した男だ。
主水が一太刀で斬り捨てる。

錠がジャンプし、残りの用心棒を相手に立ち回る。
手槍を突き刺され、用心棒が絶命する。
その怖ろしい光景を前に、棺桶を担いだ半次とおきんが身を寄せ合っている。
2人の顔は、やや、不安そうだった。

一仕事終えた主水が、息を吐きながら刀を収める。
山城屋が悲鳴を上げながら、逃げようとする。
笑い顔の鉄が、近づいてくる。

逃げる山城屋の背中に乗った鉄が、山城屋を膝まつかせる。
倒れた山城屋の背中を、鉄の革袋の指がなぞっていく。
ボキリ。
山城屋の背骨が、曲がった。


この一連の仕置きの場面の、桜の美しいこと。
鉄と主水の笑いの怖ろしいこと。
黒い笑いというが、まさにこの笑いが黒い。

笑い声に色がある。
黒い。
鉄と主水の笑い顔が、闇に浮かび上がる。

邪悪な笑顔。
後の「仕事人」シリーズでは見られない、主水の笑い。
怖さ。
不気味さ。

光と影の陰影のすばらしさ。
とても正義側の人間の描写では、ないです。
その中で、怒りの錠の清廉さが際立つ。

おきんが宴にすんなりと、潜入している。
これは、主水の手引きあればこそでしょう。
そのおきんの啖呵の勇ましいこと。
野川さんのおきんが大好きなのは、この啖呵です。

おきんが元締めになるシリーズって、見たかったな。
野川さん自身も言ってましたが、きっと周りを屈強な用心棒に守られ、本人は済ました顔でお茶なんか立ててる。
しかしいざとなると啖呵を切って、理不尽なことには怒りを露わにする。
見たかったな、おきんの元締め。


さて、不自由な体にされた山城屋は、飯を食べられない。
飢えた状態で放置され、目の前で飯をこぼされる。
耐え切れなくなった山城屋は、すべてを白状し、磔にされる。

ただ殺すより、エグイ復讐。
初期の「必殺」の、「仕置人」の中でもさらに初期の話。
荒削りで、洗練はされていない。
しかしパワーに満ちている。

桜の美しさと共に、この季節、必ず見たくなる。
白い桜と黒い笑い。
桜の嵐が彩る凄惨な仕置き。
永遠の名作。

スポンサーサイト
2016.04.11 / Top↑
12日の木曜日、木曜夜のコンサート?という番組を見たら、三味線屋勇次こと中条きよしさんが「うそ」を歌いました。
いやー、今も色っぽい、艶っぽい。
変わらないですね、ビックリ。
曲が終わった後にゲスト席に着席した時、後ろを振り向いて観客に手を振っていましたが、こ~りゃ今でも魅了される女性がたくさんいるぞ。

この後、西崎緑さんが「旅愁」を歌いました。
平尾先生特集だったんですね。
西崎さんが当時、14歳でこの歌を歌っていたというのに驚き。
この方も「必殺」の女神でした。


さて、テレビ埼玉の朝の9時からの「必殺」の再放送。
「仕掛人」が終了して次は「助け人」と思っていたら、今日からは「仕置人」でした。
前回の再放送からちょっと時間が経っているから、いいのかな。

第1話、何度見ても素晴らしい。
仕置きの時、錠がなんと高く、軽々と飛んでいるように撮ることか。
自分が依頼したのに、仕置きを目の前にしてガタガタ震え出す百姓娘の描写もとってもリアル。
大滝秀治さんは凶悪なご面相で、斬られるリアクションが上手い。

小判ではなくて、「文」単位で若い女性の遺体を捜してくる観音長屋の連中など、アナーキーな世界も十分表現してます。
仕置きの相談をする主水と鉄の会話も、今では絶対ありえない内容(笑)。
野川由美子さんの、はっちゃけた声も効果的。
菅貫太郎さんが、拉致されてから目覚め、しばらくぼんやりし、徐々に場所を認識する目の演技なんかも素晴らしい。

最後に、これからもこういう仕置人をしていく決意をする鉄と主水。
やっぱりこの2人は「戦友」、と思います。
自分がしたことの責任を取って身を売る百姓娘、自分が正義感からしたことの結果に愕然とする若い錠。
この点、娘の方が自分の依頼の重みを、ちゃんと返さなければならないことをわかっていた。

とても寂しいユンタの音色と、美しく、しかし哀しく着飾った娘。
錠は仕置きの痛みを知り、乱暴に、しかし決意を胸に小判をつかむ。
緊張感が解けて、ほっとする鉄、主水、おきん、半次。
新たな「必殺」のスタートとして十分な、「仕置人」第1回だなーと思いました。


2012.01.14 / Top↑
12話、「おんなひとりの地獄旅」。
清国から流れてきた一族が焼いた陶器が今や、畠山藩の大切な売り物になった。
すると、藩主たちは清国から来た一族を皆殺しにして、自分たちだけで利権を得ようとした。

1人、生き残った娘は身を売りながら江戸へ、江戸へ流れて、半次と知り合った。
まさに、女1人の地獄旅。
所帯を持とうと思うほど、半次は娘に惚れこみ、鉄は口がきけないと言った娘が書く文で、娘の身の上に起きたことを知る。

そう、鉄は元僧侶だから、漢字がすらすら読めるんですね。
娘の身の上を知った錠は、おめえたちにわかるか、弾圧に遭い一族を殺されたこの娘の気持ちが!と憤る。
「そうか、おめえ、青森…じゃなかった、琉球の生まれだったな」。

鉄のセリフで、錠が背負って来た背景がわかる。
弾圧されて、逃げてきた錠。
そして、本土の人間を憎んでいた錠にとって、鉄たちは初めて心許せる友人だってことも。
琉球の弾圧話は、琉球が舞台になった時の「必殺仕舞人」でも描写される。

主水が仲の悪い大名同士の悪口と、道中、相手側に計略があるとを吹き込む。
裏街道を行く大名行列に仕掛けて、畠山の藩主と側近を仕置きしようとする仕置人たち。
落ち着かない様子の鉄。
「俺たちゃ大名行列といやぁ、土下座して見ているだけだったからな。そこに殴り込みをかけるなんざ、ぞくぞくする!」

鉄の「うわー、ぞくぞくする」は「新・仕置人」でも聞けますが、楽しそうですねー。
ことは上手く行き、娘の一族の仇は取れた…と思いきや、娘は殺されてしまった。
そんなこととは知らない主水は、畠山が急死した報告を受ける。
半次は本当にあの娘と一緒になるんだろうか、と主水は思う。

仕置人たちは娘を荼毘にしてやる。
鉄は半次に聞く。
「お前、仕置人やめんのか?」

おきんが近寄って「やめないよな?!」と聞く。
当分使い物にならないと言われたほど落ち込んでいる半次だが、きっぱりと言う。
「やる!」
仕置人たちが笑う。

初期の頃の過激さはないかもしれないけど、この辺りのお話もなかなか、味があって好きです。
半次と恋に落ちる娘、佐野厚子さん。
この後、「助け人」では怖い文十郎兄さんの目をかいくぐって、恋人同士になる役でした。
やっと成就したんだ、よかったね。


2011.03.01 / Top↑
11話、「流刑の影に仕掛けあり」。

本日は「仕置人」だったり、わけわからないブログです。
文章には人柄が出ると言っていました。
と、すると私は、わけがわからない人なんだろうか。


岡っ引き・鬼岩の今井健二さんの強いこと。
鬼岩は、今井さんの演じた悪役の中でも強敵で、今井さんならでは!という悪役でしたね。
血気盛んな錠と鉄、2人を相手に暴れ回った鬼岩は「必殺」史上に残る強敵だと思います。

鬼岩におきんもおしまも捕まって、仕置人のことを喋れと拷問される。
吊るされて、ぶったたかれて、それでも2日は黙っていてくれ、とおきんは言われている。
なぜか、それを過ぎたら、喋っていい。

おきんが女性として身の危険を感じた時、期限は来た。
鬼岩が伸ばす手にゾッとしながら、おきんは白状する。
それは最初から鬼岩をおびき寄せる為の、罠だった。

鉄と錠を前にした鬼岩は、なぜ自分が罪を着せてやった囚人が、処刑の間際に哂っていたのか、理解する。
既に仕置人に依頼は済んでいた。
つまり、鬼岩の命運も尽きていたのだ。

しかし、鬼岩は手ごわく、「弱え者には生きにくくても、俺には楽しい世の中なんでえ!」と言い、悪党が最後に自分に屈服した時の手応え、悔しさがお縄を通じて伝わってきた時の快感が大好きだと言う。
いつのまにか形勢が逆転し、鉄も錠もあやうく風呂場に沈められるところだった。
だが鉄の骨外しが決まり、鬼岩は身動き取れなくなる。

そして鉄によって肩の骨が外され、湯船に沈んでいく鬼岩の前に現れたのは、いつか銭湯でピシャン!と尻を叩かれた主水だった。
鬼岩はなぜ、この場所を仕置きに選んだのか、合点がいった。
「おめえか…」。
沈んでいく鬼岩から、空気が洩れなくなる。

おきんの野川さんは、おそらくこの時のことでしょうが「顔打つなよ、って言ったって当たっちゃいますよ。無茶言うなあと思いながら、傷だらけになりながら撮影は楽しかった」とおっしゃってました。
さて、この話はなんと言っても、今井健二さんにつきると思う。
この回を支える今井健二さんの強敵ぶりは、相当楽しめると思います。


2011.03.01 / Top↑
毎日放送している「必殺仕置人」、10話「ぬの地ぬす人ぬれば色」。
後に何でも屋の加代をずうずうしくもたくましく演じる、鮎川いづみさんが可憐な娘・ゆきを演じる。
権勢を振るう将軍の側室が、宿下がりの際に見た美しい友禅。

買い求めると言った側室に対し、あれは売り物ではなく、娘のゆきの婚礼の衣装だと友禅を扱っていた父親が断る。
強引に金を置いて行く伊賀者に対し、父親は金を返そうとする。
すると側室は伊賀者に命じて、父親も、ゆきの婚約者も斬ってしまう。
悲鳴をあげるゆき。

話を聞いた錠は激しく憤る。
「てやんでえ、たかが将軍の妾だろう、妾が怖くて江戸の町が歩けるか!」
そうは言っても、将軍の側室が相手ではどうにもならない。

だが側室側としても、さすがにこれは、外聞が悪かった。
お詫びとして、独りぼっちになってしまったゆきを一生大奥で面倒を見ると言って、側室は大奥に上がらせる。
おきんは昔、すりをやった時にゆきの父親に見つかり、懇々と言い聞かされて返されたという恩があった。
心配したおきんは、ゆきの付き添いとして大奥についていく。

大奥でゆきを待っていたのは、側室による壮絶ないじめだった。
長い廊下を拭けと言われて、必ずこれで拭くようにと渡された雑巾は、あの友禅だった。
わらわがあのような下賎な友禅を、本当に身にまといたくて買い求めたと思うか。
最初から雑巾に使うつもりだったのじゃ、と笑う側室。

ゆきは耐えた。
おきんもまた、ゆきを懸命になぐさめた。
ある日、美しいゆきは将軍の目に留まる。

まずいと思った側室は、ゆきを嫁にやることを考えた。
しかも、あの、父親と婚約者を斬った伊賀者に。
自分を憎む女を側に置く、これもまた一興!と言う伊賀者に対し、ゆきは絶望する。

ゆきは首を吊ってしまった。
発見したおきんは、嘆き悲しむ。
もう、おきんは大奥に用はない。
だが、おきんは女には女の仕置きがあると言う。

剃刀を手に、側室の寝所に忍び込むおきん。
目が覚めた側室は、長い黒髪が目の前に置かれているのを見て、仰天した。
頭に手をやると、髪が切られている。

悲鳴に駆けつけた側近たちに、側によるな、見るなと叫ぶ。
これで当分、将軍とは会えなくなった。
だが、ゆきに付き添ってきたおきんは捕えられてしまった。

墓参りの際、父親にことの次第を訴える側室。
寺に坊主として忍び込んだ鉄、そして錠、警備として任務に当たっている主水。
おきんが閉じ込められている座敷にやってきた鉄、おきんを中間姿の半次が助け出す。
迎え撃つ伊賀者は、錠が相手をする。

鋼鉄の脚絆を手に巻き、伊賀者の攻撃を見事防いだ錠はジャンプし、柱を蹴って伊賀者を仕留める。
鉄は障子越しに側室の父親の首をつかみ、障子を滑らせて行く。
喉の骨を外した鉄、やってくる警護のものを主水は次々、十手で組み伏せ、さらに斬り伏せる。

逃げる側室の肩を持って振り向かせた鉄は、声を震わせ、「これが大奥の女か~!」と言う。
嫌悪に目を細めた女に抱きつくと、鉄は一気に背骨を折る。
よろよろと倒れる側室を見た主水は、「ありゃもう、使い物にならねえな。もったいない」とさしてもったいなさそうに言う。
冷静な目で見送る鉄。

昨今の「大奥」も及ばない、すさまじいいびり方。
「女の仕置きだ、たいしたことはできめえ」と言う鉄たちに対し、女は女の仕置きと髪を切る行動に出るおきん。
これで将軍の前には出られなくなったが、理由はどうしよう。
どうして髪など切られたか、なんと言えば良いのか。

父親は「だから、ゆきなどという娘にもう関わるなと言ったではないか」と言う。
しかし、そこは女の底意地の悪さだった。
何でも思い通りになる自分に、友禅を譲らなかった、そこまでさせたゆきが憎くて只では置けない。
結果、起きたのは身の破滅。

大奥に潜入する深刻さとは別に、「女ばっかり3千人!いいな~…っ!」と目を閉じてる鉄。
最後の仕置きは、意地を見せた錠が伊賀者を斬る。
そして、大奥の女を抱きしめる鉄。
息を吸い込み、大奥の空気を堪能するかのような表情。

かと思うと、非情にバキボキ。
あんな状態で放置されて、敵が多そうなあの側室を待っているのは地獄のみ。
それぞれの持ち味が、それぞれに生かされた見せ場があって、好きなエピソードです。
でも、ゆきはあんまりかわいそうでした。

タイトルの「ぬの地」は、友禅。
「ぬす人」は、あの側室。
「ぬれば色」は、側室の切られた黒髪のことみたい。
うまいこと、言ったもんです。


2011.02.25 / Top↑