美容師さんとすれ違い

なぜか12月は、気に入らない髪の状態ですごすことが多い。
忙しくて、美容院に行ってる時間がないせいか。
学生時代から、そんな状態が多かったような気がします。
伸ばしかけの、結べない、しかしうっとおしい、だがやりたいヘアスタイルになる途中ってことが多かった。

近年には、ちゃんとヘアカタログでヘアスタイルを指定しているのに、思いっきりシャギーを入れられて、別美容院に駆け込んだ思い出があります。
そういえば、いつもなんだか思うようにならないと思っていた。
この担当者さん、いつも私が思うのと違うヘアスタイルにしていたらしい。
気づくの遅い私も私だ。

このとき、はっきり、写真を見せているのに、「では、ここ(と言って、耳の上。こめかみの辺りを押さえる)で、いったん、きゅっと収まって、外ハネですね」と言われて気づいた。
とろいぞ、私。
「…いえ。写真どおりに」。
「はあ」。

しかし、できたのはその「いったん、きゅっと収まって、外ハネ」でした。
私も私だ。
やめりゃいいのに。

それで友達が進めてくれた美容院に駆け込んだら、一番短い髪が、やりたいヘアスタイルができるようになるまでは1年ぐらいはかかるということでした。
人類はもう、宇宙ステーションに滞在するんだから、そろそろ、1ヶ月で髪が10センチ伸びる方法が開発されてもいいのではないか。
無理か、そんな自然の摂理に反すること。
産業に対しても、いろんな影響がありすぎるか。

そして、前にも書いたと思うけど、もちろん、その後、この美容院には行かなかった。
しかし、まさになりたいヘアスタイルに近づいた、何度目かの美容院の帰り。
駅でいきなり声をかけられて、振り向いたら、その「いったん、きゅっと収まって、外ハネ」にした美容師さんだった。

美容師さんなんだから、美容院帰りだってわかっただろうな。
別の美容院にしたことも。
その後、そこに行かない理由もわかっただろうな。
ちょっと胸が痛んだ。

技術もサービスも、悪くなかったんですけどね。
美容師さんと、私の好みが合わなかったんでしょう。
これが美容院でなんか、思うようにならない、一番の原因のような気がする夜更かしの休日の夜。
話と関係ないけど、明日の朝はツナサラダに、トーストにマーマレード、ベーコンエッグにしよう。


スポンサーサイト

火曜日記

火曜日は週に一度の通院。
ちょっとつらい症状が出ていたので訴えたら、点滴してくれた。
隣で点滴を始めた人は、どうも3日後に修学旅行らしい。

どうしても行きたいが、熱が下がらないのだと言う。
看護師さんは、これで今夜熱が上がらないといいとおっしゃる。
熱も勢いがあるのではなく、下がりかけの熱ならいいと。

できれば明日も学校を休んで、点滴をしてゆっくり休むのがお勧めだと。
修学旅行かあ。
私もいい思い出になっているので、関係ない人だが行かせてあげたい。
40分、点滴を受けている間、熱、下がるといいねと思っていた。


帰りにケーキセットを食べる。
現在、あんまりコーヒーは体に良くないらしいので、紅茶にする。
しかし人に淹れてもらうお茶は、どうしてこんなにおいしいのだろう。
さすが、自分ではなくて、職人さんの作ったケーキはおいしい。

そう言ったら「当たり前だ。学校行って、学んで、365日1日ほとんどの時間それに費やしている人間と、わずかな時間しかそれに使ってない人間が作ったものと、同じであってたまるか。
大事なお金を払うんだ。ただと同じであってどうする!同じレベルで語ること自体、間違ってる!」

「町内のど自慢の歌聴いて自分の基準で下手と言う歌手は、野暮でしょう。
子供の絵にデッサンがダメとケチつける画家は、大人気ないでしょう。
それと同じ。
逆にそんなことで素人に優越感持って、同じ土俵に立って、そんなプロでどうするんだ」。

…何かわかんないけど、怒られてるのだろうか。
わかっちゃいるけど、別にそんな激しい答えを期待していたわけじゃないの。
私はケーキ食べながら、そんな難しいこと考えてたわけじゃない。
最近、湿度も多いし、蒸し暑くなってきたから、落ちないアイライナー、「メイクアップフォーエバー」の出番だな、ぐらいのことしか考えてなかった。

これ、ペンシルだけど、落ちない。
つけてすぐならぼかす、にじませることはできるけど、しばらくたつと落ちない。
「パンダさん、こんにちは」にならない。
油分は抑えて拭き取るかなんかするか、根気良くなぞれば、ちゃんと引けるみたい。

元々サーカスとか、シンクロナイズドスイミングで使う為に作られたらしい。
色は何色もあるので、楽しい。
シャネルのスティロー・ユーもいいけど、こちらの方が色が豊富。

ただ、売ってるところがあんまりない。
ショッピングサイトがあります。
色がいっぱいで、見ているだけでもカラフルで楽しい。

それと芯が柔らかくて、描きやすいんだけど、すぐラインが太くなるという欠点がある。
削りにくいというか、いっぱい削れてしまうという声もあり。
その点、シャネルだと、くりだし式なので使いやすいかもしれない。


ああ、怒られちゃったけど、甘いもの、食べたい。
こんな時間なのに、お腹空いた。
空腹抱えて寝ます。


初売りに思う

2日の日、お菓子を買った後、シュウウエムラのお店へ行きました。
「トナカイにチュウ××××パレット」の良い使い方を、聞きに行ったんですね。
混んでいたら迷惑だからやめようと思っていたところ、店員さんが声をかけてくれました。
自分で何となく、こうかなあと思っていたところを、やっぱり、的確なアドバイスくれるんですね。


まず、全体にクリームのイエローのシャドウをつける。
二重の幅に、ブルーをつける。
ブルーの少し上から、境目をぼかしながら、アイホールの半分までミントグリーンをつける。
シルバーをその上に眉下までつけて、ミントグリーンの上にちょっと乗せてもいい。

茶色のクリームシャドウはアイラインとして、まつげの縁を埋めるようにつけると落ち着いたように見える。
代わりにパープルのアイラインを使っても、グラデーションになって良いそうです。

たぶん、相談に来るということは「合わない」「色のトーンが今までにないから落ち着かない」と思う気持ちがどこかにあるんだと思うんです。
そう言うと、そんな気持ちの場合は、イエローのクリームシャドウを強めにつけておくのもいいとか。
または、全体に終わった後、上からポンポンと置いておくと、トーンが落ち着くとか。


福袋も買わないのに、そんなにアドバイスしていただいて、すみません。
プロですねえ、アドバイスが的確でした。
やっぱり、シュウウエムラは日本を代表するアーティスト系。
太かったり、細かったり、眉もいろんな流行がありましたが、ここはいつも眉を太くもせず細くもしませんでしたっけ。

年末に探していた筆ですが、見つかりました。
ケースにしまっていたけど、ケースから落ちて隣のボックスに落ちていたようです。
全然違うところ、一生懸命探していたわけで、でも見つかったので良かった良かった。

つけていったのは、「ワンワン」パレットだったんですが、これ、改めて質がかなり良いと思いました。
ラメやパールが、しっとりしているんです。
落ち着いていて、つい、こればかりつけてしまいそう。


それから宝石店の前を通ると、100万単位の福袋がありました。
宝石店でも、まあ、私なんかとても手が出ない宝石が並ぶお店。
買えないのは見てわかると思いますが、そこの宝石にプライドがあって、宝石が好きな店の店員さんって違いますね。

そうではなく、とにかく売ることを考えている店だと、いくらのローンで何回払いにすれば、とすぐにお金の話ばかりになります。
でも、そうではない店の人だと、宝石そのもののお話をしてくれます。
そういうお店だと、きらびやかな宝石が、もっと輝いて見えますね。

シュウウエムラの店員さんもそう、自分のところに置いてある品が好きなんですよ、そう感じました。
やっぱり、その店の、自分のところの品が好き、愛情を持つって、大事じゃないか。
そんなことを思った、初売りでした。
はい。


筆を紛失…大掃除しろと?

白鳳堂の筆が1本、見当たらない。
捨てるはずはないので、どこかにあるはず。
しかし、見つからない。

肌触り良い質のもので、持ち歩きに便利なサイズの1本。
1本で広い範囲も、アクセントもつけられたんで良かったのに。
いい道具だから大事にしていたのに。

悲しい。
でも諦めないで探そう。
…それともこれは、とっとと大掃除しろというメッセージですか?
はい、わかりましたよ。

明日は月曜で27日。
だいたいの会社は28日で仕事納めみたいですから、月曜といえどピンと来ない。
まあ、明日あさっては開店休業状態かな。

でも全然気が休まらないというか、落ち着かない。
だからこの時期って苦手なんですよねー。


スックのクリスマスコフレ

イブの夜、残業している人ってほんとーに!いませんでしたね。
それに今日だけは、何も予定がなくても残っていてはいけないと言われました。
予定がある人も、ファミリークリスマスの人も帰ります。
特に今年のイブは金曜日ですから。

この前、シュウウエムラのアイシャドウパレットについて書いたのですが、スックのクリスマスコフレも良い色でした。
今年は2種類の色がありましたが、パレットの右上に位置するアクセントカラー、これをぼかす役目がある色は2種類、どちらもグレー。
一見、2つのパレットに入っているのは同じ色に見えますが、片方のパレットにはピンクの粒子が入ってるんですね。

パレットの右下に入っているベースにするカラーは2種類どちらも白ですが、こちらもやはり片方はわずかにピンクがかってます。
いやー、絶妙です。
この色の違いは今年と去年にもいきていて、今年のコフレ2色のうち1色は、去年と同じ構成に見えますが、去年はブラウンぽい発色なのに対し、今年の発色はグレーになります。

そして、パレットの左上に位置するまぶた全体につけるカラー。
ラメが入っているのですが、このラメが非常に綺麗。
ギラギラじゃなく、キラキラしています。

2種類あるうち片方の色は透明感があるラメが、もう片方はピンクがうっすらとニュアンスのように乗ります。
どちらもメタリックで質が良いので、目の上がやたら光っている…ということにならない。
このラメだけはブラシではなく、手で入れないとラメが散ってしまうとか。

さらに肌色や髪の色、瞳の色によって人それぞれ違う色に発色するようですが、目を大きく見せる効果と白目が綺麗に見える効果があるみたいです。
しかし順番に使って行くと、ひとつのメイクが完成することは同じ。
うまい!
良いアイシャドウですね。

私はシュウウエムラを選びましたが、こちらもやっぱり好評で、どこでも売り切れているようです。



プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード