こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 思うこと
CATEGORY ≫ 思うこと
       次ページ ≫

あの時

あの日、なぜか私は熱を出しました。
それも午前中だけ。
午後になったら、熱はけろっと下がって元気になりました。

それはもう、仮病じゃないのかと思われるほど。
昼ご飯を食べて、テレビをつけました。
すると、テレビではすごい騒ぎになっていた…。
95年、地下鉄サリン事件。

7月6日、あの事件で死刑判決を受けた7人の刑が執行されました。
私は、被害が出た路線は使っていなかったけど。
友人のお父さんの同僚のお子さん、ちょっとややこしい関係ですが。
その方のお子さんが、あの地下鉄に乗っていたんですね。

友人たちと、ディズニーランドに行くところだった。
座っていたらなぜか、頭の中で「座るな」という声が聞こえたんだそう。
「座るな」「立って」「電車から降りて」。

降りたら、待ち合わせに間に合わなくなる。
でもなぜか、降りなくてはいけないという気になったんだそうです。
本能が告げた、危機だったんでしょうか。

電車のドアの前まで行った。
ここで記憶は、ない。
目が覚めたら、病院の部屋の天井が見えた。
ICUだったそうです。

辺りが暗かった。
夕方か、電気をつけないのかと思ったら、朝で明るかった。
自分の目が、視界が暗くなっているのだとわかった。

同じ車両の人は、亡くなっていた。
その時、自分が身につけていた服、バッグ、時計、靴。
全部、廃棄して良いかと聞かれたそうです。

幸い、元に戻りましたが、医師は目を一番、気にしていたそうです。
同じ車両の人のことは、うっすらと記憶にあった。
あの誰かが、死んでしまったのか。
その車両に乗っていただけで。

なぜ、サリンなどというもので攻撃されるのか。
どうしてそんな悪意と憎悪を、向けられなきゃならなかったのか。
後遺症は残らなかったけど、深刻な後遺症が残ってしまった人もいた。
自分がそうなっていた可能性は高いと思ったそうです。

何の罪の意識もない顔に見える、事件を起こした犯人たち。
教祖。
電車の光景が蘇る。

座っていた人たち。
立っていた人たち。
あの人たちが、お前に何かしたか。

ただ電車に乗っていただけのあの人たちが、殺された。
そのお子さんは、最後の方まで入院していました。
家に戻ると、ペットが喜んでくれた。

あの車両にいた人たち。
自分と同じように、何の疑いもなく、また帰って来るのが当たり前のように家を出たはず。
帰って来るのが当たり前と思っていた家族が、ペットが家にいたはず。

そう考えると、テレビに映る犯人たち、教祖が憎かった。
私も当時、たまに利用していた駅で、坂本弁護士一家を探すビラを配っていました。
まさか…と思いました。

マッサージとか、ヨガとか、体に良いことでしょう?
お金を払う側が「ありがとうございました」と言われるんじゃなく、「ありがとう!」って言うでしょう?
あの教祖、麻原彰晃はそういうことができた人でしょう。
もうね、たまになぜこの才能をこんなことに使ったのかと思うような事件があるけど、この人もそう。

これは一つの区切りではあるけど、被害者の方の苦しみは終わらない。
死刑に対しては、いろんな考えがある。
でも、誰かの死を願わなきゃいけないような状態に置かれる。
それって、ものすごくつらいことだと思いますよ。



スポンサーサイト

3月11日

3月11日。
東日本大震災から7年。
時間が止まったままの人もいることでしょう。
周りも、自分も、まだダメなのかと自分を責める。

復興し、立ち直る中で、孤独感を深めていく人がいる。
私が行くお寺で、お坊様がそうおっしゃっていました。
被災地の復興と、心の傷が癒えますよう。
願わずにいられません。

3月11日。
あの日、あの時、どこにいたか、何をしていたか。
震災の前と、後で、変わらずにはいられなかった人が多い。
忘れられない日です。



土曜の夜のお供

土曜日の夜は、明日もお休みということで、心に余裕があります。
その土曜日のこの時間につけているテレビ番組が、スマステーション。
特集がアニメだったり、洋楽だったり、文房具だったり。
良い情報番組です。

これが土曜日のこの、まった~りと送る時間に見るのにピッタリなんですよ。
すごく、熱心に見ていたわけじゃない。
毎週、待ちに待っている…というわけじゃない。

でも、チャンネルを合わせる。
もしくは、そのままにしていると始まる。
気が付くと、これが習慣になっていたんです。
この番組が始まると、ああ、土曜日の夜だなー!って実感する。

夜にお茶なんか飲んじゃいけないけど、金曜日や土曜日の夜ならオッケー。
本当は夜に食べちゃいけないんだけど、金曜日や土曜日の夜ならオッケー(?)
ポットを温め、お湯をさらに沸かし、茶葉を計ってポットに入れる。

時間が経ったら、今度は用意しておいた別のポットにお茶を入れる。
思い切って買ったカップにお茶を淹れる。
コジーでポットを覆って、お茶が冷めないようにして、用意した焼き菓子をいただく。

飲める人ならこれ、おつまみを用意して、ビールとかワインとかお酒なんでしょうね。
この時間。
ああ、今週もこんな時間が持てて本当に良かった。
そう思える時間です。

この時間のお供だった、スマステーション。
終わってしまった。
今回で最終回だった。
最終回も特別なことはなく、いつもの通りに進行して行きました。

違ったのは、冒頭、いつもバッグにしている東京タワー。
東京タワーが、スマステカラーになってました!
これ、完全に東京タワーの気遣いでしょうね。
粋だなあ、東京タワー!

香取慎吾君の目が、うるんでいたように見えました。
私も「だから東京タワー、好きよ!」って言ってしまいました。
スカイツリーができても、やっぱり東京タワーよ!
ギャオスが巣を作るのは、やっぱり東京タワーでなくては!

放送終了するまで、東京タワーはスマステカラーでした。
イイね、東京タワー!
そして、最後の最後に香取さんが大下さんと話す時間ができました。
小林克也さんも参加して、このメンバー好きだなあ。

それでこの最終回が、699回だったんですね。
700回で、いったん終わるのが良かったのに!
9月の土曜日だって、あと1回あるんだし。

見てきた視聴者として、すごく残念。
視聴者の気持ち、置いてきぼりにされた気分です。
地上波じゃなくても、どこかでスマステやったら私は見ると思うなあ。

番組の中で香取さんが言ってましたが、草なぎさんと稲垣吾郎さんからメールが来ていたそうです(稲垣さんからはなかったですね、ごめんなさい)。
出てましたもんね。
応援してますよー。

そうそう、ブラタモリ見ながら夕飯食べたり、夕飯後のお茶飲んだりしてました。
これもブラブラするタモリさんの邪魔にならないナレーションが、良いと思います。
金曜日の夜は、ぷっすま見て、「あー、今週も終わったぞー!」「明日から休みだー!」ってノビノビ。

香取さん、最終回に見せた顔は、男っぽい、大人の男の顔してました。
いろんなことを経験して、人ができていくとしたら、香取さんはまさに今、ひとつ、顔を作ったところじゃないかな。
最後に香取さんの言葉が聞けて、すごく良かった。

人生、不本意なことが時には起きる。
そういう経験をした人で今、彼らを応援したいと思う人も多いのでは。
草なぎさんはドラマでこれまで培った演技を全開にして、すごみを見せてくれましたね。

稲垣さんもすごく、良い顔してる。
「ゴロウデラックス」も、おもしろいのね。
そうか、番組が木曜日、金曜日、土曜日、週末とリンクしていくんだ。

みんな、自分の意思を持っている表情をしています。
今日の香取さんもだけど、自分の言葉で語っている。
みんな、これからですね。
そして正式に、ファンサイトが立ち上がったんですね。

これからの彼らを応援していきたいと、本当に思いました。
スマステ、土曜の夜ののんびりのお供、ありがとうございました。
でもやっぱり寂しいよー!
それでもって、ああ、ほら、夜にお茶飲むから寝ないし…。


話が長いのよ

「デビルマン」の作者の永井先生が、朝礼の訓示が嫌いだったと言う話を読んで、思い出しました。
中学の時です。
すごく寒い、雪が降りそうな月曜日の朝に、朝礼がありました。

その時、校長先生が訓示を述べた。
いじめについての訓示でした。
「こんな残酷なことがあってはいけない!」

今でも覚えてるほど、この言葉を校長先生は繰り返しました。
すごく長い訓示でした。
校長先生は何かすごく、思うことがあったんでしょうね。
でも自分は「寒いなあ」「長いなあ」としか、もう思っていなかった。

周りのみんなも、凍えていた。
コートも着ない、秋の時にちょうど良かった制服姿のまま。
雪がちらつきそうな底冷えのする朝。
あまりの長さに先生方も「こんな寒い日に校長先生の方が残酷だよ」って話していたそうです。

いくら伝えたいことがあっても、その時に相手がどういう状況か。
じっとしてるしかない相手が、どういう状況か。
それを考えない大人になるのはやめよう、と思った記憶があります。

大人になったらなったで、朝礼で毎回、1時間も訓示をする人がいました。
その時は、ある作家さんの話を思い出していました。
良く、結婚式のスピーチを頼まれるけど、できるだけ短くまとめる。

その方が難しいけど、絶対、好感度が高いし、印象にも残る!って書いていました。
だいたい長いと誰も聞いてない!って。
1時間も続く話を聞きながら、ダメな私はこの話を思い出していましたとさ。


密室の恐怖

何となく、植物売り場を見ていると、食虫植物がありました。
何となく、これは今の時代はウケてる感じがします。
ギザギザした葉が両方から挟み撃ちする、ハエトリソウ。
鋭い歯が獲物を捕食するみたいです。

葉の先にベトベトする液を丸くたたえたモウセンゴケ。
小さなビーズみたいです。
虫を捕らえると、クルリとねじれて包み込む。

そして、ウツボカズラ。
ひょうたんのような形に変化した葉の中には、消化液が溜まっている。
甘い香りに誘われた虫は、内部表面には逆さに生えた毛のために、登ることができない。
つまり、2度と表に出ることができない。

昔むかし、それはかなりな昔。
みなしごハッチという、ミツバチの子が女王蜂のママを探して旅をするアニメがありました。
ハッチが友達とかくれんぼしてると、その友達はウツボカズラの中に隠れてしまった。

助けを求める場面まで覚えてます。
しかし、記憶はそこまで。
そこから次回に続いたのかな?

助かったんでしょうか。
ウツボカズラには、密室に閉じ込められた絶望感がありました。
あの状況で、溶かされて行くって恐怖。

このアニメのせいで、ウツボカズラはバッチリ覚えてます。
ハエトリソウやモウセンゴケとは違う恐怖の印象です。
私にとってのザ・食虫植物です。