こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 猫
CATEGORY ≫ 猫
       次ページ ≫

『死』は『知』

養老孟司先生の研究所の営業部長は、まるさん。
スコティッシュフォールドの雄です。
この養老先生の猫についてのお話が、おもしろい。
去年、19歳の猫を見送った後、この先生の「死」についての言葉がとても沁みました。

猫について、完成された生き物と言う。
獲物を借る動物として、機能的に完成されている。
そして無駄がない。

過剰に寄ってこないし、かといっていなくなったらそれっきりということもない。
距離感が非常に良い。
上手に人を騙して、餌をもらって、好きなように生きている。

でもこちらのことを全然気にしていないかと言えば、そんなことはない。
判断がうまいんでしょう、と言う。
営業部長のまるさんは、餌を要求する時、養老先生のところに来る。
それはもう、朝でも夜でも。

起きないと、枕元の棚に乗っているメガネを落とす。
それでも起きないと、時計も落とす。
餌をもらうと、寝る。

先生より、自分の方が立場が上だと思っている。
餌をくれるためにいるとでも、思っているように。
猫はなぜ、こんな気ままが許されるのか。

「子供の性質を残す形でペット化していったのが、猫なんです」。
「犬は社会的な動物だから人間社会の中にも溶け込むことができる」。
しかし、猫は個別的な生き物。
「人にくっつけるとしたら、親子関係しかなかったんでしょう」。

養老先生のところで飼っていたお猿さんが、子猫を気に入ってしまって離さなかった。
見た目が大きな目をしていて、保護欲を掻き立てる。
そしてフワフワとして、触っていて気持ちが良かったんでしょうと言う。

猫は人間に飼われるうち、なかなか大人にならなくなってきた。
子離れしないように、人になつくようになってきた。
猫と言う動物は、いろんな意味で完成されている。

無駄がない。
眠りを邪魔されても、それでも猫は飼いやすいと、先生は言います。
「要求して来るものが、少ないからね」。

しかし、どんなに子供の時期が長くなろうと、命ある者。
寿命がある。
養老先生は、家で飼った猫はすべて庭に埋めているそうです。

まるさんの前にいたチロちゃんは、元日に死んだ。
前日の大みそか、寒い中、頑として外に出て行こうとした。
高齢だったから歩けなくて、ヨロヨロしていても、這って出ようとした。

仕方がないから、娘さんが毛布を敷いた箱に入れて出した。
それが最期だった。
静かに逝きたかったのでしょう、と養老先生。

「それに対して、悲しんだり嘆いたりするのは人間側の思いです」。
「『死』って実は『知』なんですよ」。
自分と交流がなく、思い入れがない人。
つまり赤の他人が死んでも、普通は痛くも痒くもないと先生はおっしゃる。

「名前と顔を知っている人が死んでも、『あの人、亡くなったのね』と思う程度です」。
「『死』に意味がついて来るのは、『二人称の死』だけです」。
「それ以外の死には、一見あるように見えて具体性がない」。

二人称の死?
「『一人称の死』は、本人にはわからない」。
死んだ本人が悲しくても、嘆いていても、それはこちらにはもうわからない、確かに。
養老先生風に言うと「死の悲しみは、死んだ者とどれだけ親しかったかという思い」なんですね。

つまり「ペットの死の悲しみは、その動物とどれだけ親しかったかという人間側の思いです」。
「猫の方は、何とも思っていないかもしれない」。
「『だって毎日寝ているじゃない。ただ、目が覚めないだけだよ』って思っているかもしれない」。
「永遠の眠り、って言いますからね」。

『死』って実は『知』。
『死』に意味がついて来るのは、『二人称の死』だけ。
ペットの死の悲しみは、その動物とどれだけ親しかったかという人間側の思い。

このことを読んだ自分は、明らかに読まなかった前とは違いました。
悲しいこと、自分にとってはこの上なく悲しいこと。
でも、そういうことなんだ、と。
それも含めて、悲しい。

この上なく、悲しい。
でもこのことを知っているといないのとでは、違う。
いろんなものに対する理解と、許容が違ってくる。
去年、この言葉は私の心に沁み込みました。

スポンサーサイト

うだうだ

猫もウダウダ。
連休中。


うだうだ

猫はいっつも、こんな感じですけどね。

吉川さんのゲンさん

「深イイ話」という番組で、猫の特集をしたことがあります。
この中でアナウンサーの吉川美代子さんと、愛猫ゲンさんを取り上げていました。
ゲンさんは22歳!
でも愛情注がれてかわいがられている動物が持つ目をした、かわいい賢そうな猫でした。

吉川さんは、ご両親を相次いで亡くした時、ゲンさんにとても救われたそうです。
猫に救われた。
これをすぐに自分に置き換えました。

家の19歳の猫が段々、年齢による衰えを見せていた時でした。
ゲンさんの更なる長生きを願いました。
この後、他の番組を見たのか、友人が、吉川さんはゲンさんが夏を越すかと言っていた話をしました。

たぶん、ゲンさんとの時間はあまり残っていない。
だから吉川さんは、ゲンさん最優先。
電話の最中でもゲンさんが甘えて来たら、ゲンさんに構うとのことでした。
幸せなゲンさん。

そのゲンさんが、5月に亡くなったことを知りました。
吉川さん、最期は3日3晩、仕事をキャンセルして付き添ったそうです。
そしてゲンさんは、僕はもう準備ができたから先に行くね、という感じで旅立った。

ゲンさん、きちんと生きて、旅立った見事な最期だったんだなと思います。
吉川さんとゲンさんの絆は、別の段階に行っただけで切れることはない。
でも今まで当たり前のように、そこに存在していたものの姿、感触、声、暖かさ、重さがない寂しさと喪失感は例えるものがありません。

愛情が深ければ深いほど、別れはつらく、喪失感と悲しみは深い。
でもゲンさんは、吉川さんに幸せでいてほしいはず。
自分を幸せにしてくれた人ですから、大好きですから。
書いてて、自分が泣いてるけど。

吉川さん、お疲れさまでした。
お体に気をつけて。
ゲンさんのご冥福をお祈りします。
ゲンさん、おやすみなさい。

ありがとうありがとう

19歳、いや、20歳になる家の猫が、昨夜というか、日付が変わった12時28分にこちらの世界から旅立ちました。
4月、5月と5日ほどの入院を繰り返していました。
今回の入院は9泊10日目でした。

獣医さんが、入院費をサービスするから、しばらく預からせて欲しいとまで言って治療してくれました。
それで、今日は親戚の法事。
獣医さんにそれは伝えていました。

法事が終わり、帰宅した5時近くに獣医さんからの電話が来ました。
猫がついに動かなくなった。
帰します。
これは「看取る」ことを意味しています。

今回の入院では猫は、非常に検査の数が悪く、治療しても改善しないと言うことでした。
さらに食べない。
1日中、うつらうつら寝ている。
しかし、苦しまない。

これを聞いた時、「あっ、寿命だな」と思いました。
これは聞いた話ですが、自然死に向かっている者は、食べなくなる。
食べない内臓は、栄養が来ないため、活動をやめていく。

次に水も飲まなくなる。
すると、排泄をしなくなる。
栄養もなく、排泄もしない体は、急激に衰えて行く。

意識がなくなり、寝てばかりになる。
そして最後の臓器の心臓が、すうっと鼓動を止める。
苦しまない穏やかな死。
これを自然死と言うそうです。

医療の発達は自然に死に行こうとする体を生かすことも、できるようになった。
家にも帰れず、ひたすら耐えることもある。
苦痛を伴わないなら、看取る覚悟をすることも大切なのではないか。
この話を、思い浮かべました。

それまではもう、はた迷惑なうろたえ方、落ち込み方をしていましたが。
7時近くに猫は帰宅し、その約6時間後に息を引き取りました。
最期は、私の腕の中でした。
やはり最期は苦しかったようでしたが、私の腕の中で猫は落ち着いて、安心していたようでした。

たくさん、たくさん、大好きと言えました。
思い出をありがとう。
愛情をありがとう。
信頼をありがとう。

あなたのおかげで、私の人生は楽しいものになった。
あなたと会えなかったら、私の毎日はどれだけつまらないものになったか。
ありがとうと、感謝できました。

最期、瞳孔が開き、目が濁るまで、猫の瞳には私が映っていました。
いつものように、額にキッスすると、うれしそうでした。
もうおぼつかない手を、私の顔に向かって伸ばして来ました。
最期まで、私をじっと見つめていました。

目を閉じ、体を清めて、いつも寝ている私の隣に寝かせました。
割りと悔いはない看取りが、できました。
前の時、この猫の兄弟の猫にはかなり悔いが残りました。
2010年の秋、草なぎ剛さんが日系移民を演じたドラマの放送中でした。

あまりにつらくて、後にこの時の記事を削除してしまったほどです。
この猫のつらさがあったから、今度は悔いが残らないようにできたと思います。
あの子の経験を生かせた。
だとしたら、あの子はちゃんと生き続けていると、こちらもまた、勝手な考えですが、そうして納得しています。

ペットは天上からのお預りものだから、やがて送り返す時が来ると聞きましたが、そうなのだと思います。
神様にお返しする時が来たのだと思います。
こんなこと言って、喪失感はすごいでしょうし、寂しいでしょうし、明日なんか、いや、しばらくは号泣することでありましょうが。

でも、ありがとうありがとう。
獣医さんありがとう。
良い話を教えてくれた方、ありがとう。
不安とパニックに付き合ってくれた友達ありがとう。

猫ありがとう。
いろんなことに、ありがとう。


追伸:「自然死」「ペットはお預り」のお話の出典は、ハート出版、塩田妙玄さん「ペットがあなたを選んだ理由」の「第6章 祈り」より
さすが、お坊様!


江戸猫

池波正太郎原作、村上弘明さん主演の「編笠十兵衛」を見ています。
つい最近のような気がしますが、もう19年前の作品なんですね。
時は元禄。
柳生十兵衛の孫、月森十兵衛が主人公。

悪名高き、「生類憐みの令」。
「編笠十兵衛」の舞台は、それが発令された綱吉将軍の世。
この「生類憐みの令」。
人よりも犬猫の命を重んじるものとして、しばしば時代劇では人々を泣かせる悪法として登場します。

最近読んだものによると、猫が井戸に落ちて死んだ責任を取って島流しにあった例もあるらしい。
さらには自分のところの鶏を捕った猫を殺した人が、江戸処ばらいとなった。
この人、元はといえば、猫が鶏を殺したからだ、ひどい!と訴えた。

すると、こう言われた。
だから情状酌量で、江戸処ばらいにした。
本当なら島流しか、死罪だぞ。

ひえー。
私は猫も犬も好きですけどね。
これは、やりすぎ。

本来はこれ、人々に慈悲の心を持たせる目的の法だったらしい。
だけどやっぱり、行きすぎ。
人々が困ってたというのは、事実だと思います。

「猫侍」の玉之丞がこの時代の猫だったら、佐吉もあの殿様も北見同心も死罪…でしょうか。
以前、時代劇で、主人公たちが猫を探している時に「うちのたまちゃんは立派な猫だ!」と怒られるシーンがあった。
「憐れみの令」なんかあったら、そんな微笑ましいことも、かえってなかったと思う。