こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 新・必殺仕事人~III・IV・V
CATEGORY ≫ 新・必殺仕事人~III・IV・V
       次ページ ≫

やっぱり魅力的なキャラクター・勇次

「新・必殺仕事人」を見ていますが、中条きよしさん演じる勇次。
ヴィジュアルにとても力を入れていると思います。
クールな色男で、最初は主水とことあるごとに衝突していました。
幼なじみを巡って、直接対決しかかったことも。

しかし、次第にお互いの力量と器を認め合うようになりました。
性格も魅力的に描かれています。
主水がある女性の声を奪ったんじゃないか。
秀が疑い、感情に走った時は、かつては対決で使った糸を勇次は制止に使いました。

うまく家の中に逃げた主水を見て、秀に「ホッとしたんじゃないか」と言う。
何故なら、秀のかんざしも主水の首筋に触れていましたが、秀の体には主水の刀が今にも突き刺さる状態だったからです。
「仕置屋稼業」の市松のような体勢ですね。

引くに引けない秀が引くための状況を、勇次が作ってやった感じです。
勇次と主水、大人の分別。
主水に対して不信感いっぱいの秀に対して、勇次は主水を信じています。
大人です。

仕事の最中に、子供が猫を探して表に出てきてしまうシーンがありました。
すると勇次は、ふわりと子供に着物をかぶせます。
その間に子供に見せないように仕事を遂行し、屋根の上にいる子猫を糸で捕らえます。

仕事を済ませ、子供から上着を取ってやると、猫を渡してやります。
「ありがとう!」という子供に勇次。
「ごめんな」。

もちろん、子供が来たのは予想外でどうにかなることではない。
でも何の罪もない子供が、猫を探しに来て、仕事に巻き込まれるところだった。
子供の命に関わる事態になったかもしれない。

だから勇次はそうならないようにしてやった上で、「ごめんな」と詫びた。
良い男ですよね。
優しい。
すごく魅力的に描いていると思います。

女性を騙して心中を持ちかけ、金を巻き上げる青年をぶん殴ったこともあります。
口では勇次に自分の正当性を訴えた青年ですが、やがて勇次を正統派色男の先輩として「アニキ」と呼ぶようになるんです。
勇次も本気で女性を好きになった彼を、守り切ります。

「必殺」としては2人とも犠牲になる危険性が大きかったんですが、さすがです。
勇次のところに逃げてきた青年の判断も、生死を分けたのでしょう。
頼れる男です。

勇次の母は、山田五十鈴さんが演じるおりくさん。
ところが、本当の親子ではありません。
仲間を裏切った勇次の父親を、おりくは手にかけているのです。
自分が殺した男の息子を、育てるおりく。

そして結局、勇次にも同じ道を歩ませてしまった。
だからおりくは、常に勇次にすまないという気持ちを持っている。
しかし勇次は育て、愛情を与えてくれたおりくを芯から母親だと思っている。

捕り方を自分に引きつけて逃げる、ギリギリの時におりくが主水に頼んだのは、勇次のことでした。
勇次をお願いします。
おりくの頭にあるのは、勇次の無事と幸せだけ。
この2人のお互いを思いやる気持ちは、特に親子関係が絡んだ話しに深みを持たせます。

勇次の殺しの技は、丁寧にコーティングし、強化した三味線の糸で標的を狙います。
三味線の糸を口でくわえ、ツーッと長さを調節します。
標的に向かって投げると、糸はクルリと首に絡みつきます。

するとどこかに支点を作って、標的を宙に吊り上げる。
勇次は吊された方に、しばらく宙づりの苦しみを味合わせます。
そして後に描写されますが、ピン、と糸を弾いて、息の根を止めます。

これが確認できると、プツッと指で糸を切って、相手を字面に落として終わります。
相手はしばらく、悶絶します。
秀や主水だって、刺さった瞬間は「ヒッ!」となるでしょう。
さらに刺された時の痛みと恐怖は、相当なものだと思います。

しかし勇次の殺しは、苦しみの時間が長い。
これを悪党とは言え、苦しみを長引かせて殺すのはどうか。
そう、思ってしまう人もいるかもしれません。

ただ、これは、頼み人には溜飲が下がる殺しだと思います。
「仕事人」の後半は、こうして作ったキャラクターの魅力に寄りかかったような作りになっているものもありました。
でもそれだけ、「新・仕事人」では魅力的に作り上げたんだなあと思って見ています。
やはり勇次は、「仕事人」シリーズを代表し、作った名キャラクターだと思います。


スポンサーサイト

待っていたよ 「必殺仕事人IV」 第35話

「必殺仕事人IV」の第35話。
「田中筆頭同心お見合いする」。
何と、主水の上司の田中さま、田中筆頭同心が見合いをしました。
タイトルも「田中筆頭同心お見合いする」。


お千賀という女性が、ある男性の身代わりになって罪をかぶりました。
聞けば、お千賀をてごめにしようとしていたので、もみ合っているうちに刺し殺してしまったと言う。
それを聞いたお千賀は、自分が刺したことにして罪をかぶり、島流しとなった。

ご赦免船が江戸に着き、お千賀が帰って来る。
みんな、迎えがいるのに、お千賀にはいない。
ご赦免船に儲けの種を見つけた加代は、倒れてしまったお千賀の面倒を見ることになる。

そこで加代は、お千賀は三味線屋の「勇二」という男を待っていたのだと知る。
仕事人仲間の勇次と思いこんだ加代は、勇次を薄情者呼ばわりする。
町に出たお千賀は、勇二を見つける。
勇二はいまや、三味線屋ではなく、米問屋湊屋の主人となっていた。

お千賀のために殺したはずの男は実は、米問屋湊屋の主人だったのだ。
湊屋の後妻お藤と勇二が組んでの主人殺しだった。
そこに一枚噛んでいたのが、お千賀を捕縛し、出世した南町の今は筆頭与力となった片岡だった。
勇二とお藤、片岡はお千賀に罪をかぶせ、湊屋を乗っ取ったのだ。

湊屋はお側御用人小田切にも賄賂を贈り、買い占めた米を隠すため、大名の下屋敷に米を移していた。
米を買い占め、市中を米不足にしたところで、値を吊り上げて大儲けするのだ。
そんな時、勇二の前に現れたお千賀は過去を知る危険な邪魔者でしかなかった。

再会を果たしたお千賀は歓喜するが、それは勇二の冷酷さと自分を利用した悪事を知ることになっただけであった。
お千賀は小田切によって斬られる。
瀕死のお千賀を勇次が見つけた。

お千賀の哀れな身の上を知った勇次は、お千賀を抱き起こして言う。
「お千賀さん、俺だよ。三味線屋の勇次だよ。待ってたんだよ、ずっと」 。
「うれしい…」。

勇次の言葉に、お千賀は涙を浮かべ、幸せそうに目を閉じた。
お千賀の恨みを晴らす…。
仕事人たちが、お藤、勇二、片岡、小田切を葬る。



すごいですねー。
何がすごいって、仕事の内容、つまり裏稼業とまったく関係ないタイトルがついてます。
しかも、仕事人ではないキャラクターの、物語の中のひとつのイベントについてのタイトルです。
田中さまというキャラクターがいかに愛されているか、わかりました。

実際、復活した「必殺仕事人」に何かが足りないと思いました。
何か寂しい。
そう思ったら、田中さまがいらっしゃらないんですよ。

女性的なヒステリーを起こした田中さまのキーキー声と、それにつきあう主水のやりとり。
これがないって、寂しいんだなあと思いました。
田中さま、お元気でらっしゃるのかしらん。
そう思いました。

田中さまのお見合いは、数日前から落ち着かない。
女とお見合いなんて、嫌なんだそう。
付き添いを頼まれた主水は、困る田中さまを見て楽しそう。

相手は大店の一人娘。
筆頭同心なんかより、よっぽど良いのでは?なんて無責任に言う。
その田中さまのお部屋がすごい。

お人形でしょ、かわいい座布団でしょ、錦絵や羽子板。
まるで年頃の娘さんのお部屋。
ひゃ~、田中さま、「仕事屋稼業」の源ちゃんみたい。

しかし、お見合いにやってきた娘を見て、主水は仰天。
た、大変です。
言われた田中さまが顔を上げて、「きゃーっ!」

相手はかわいのどかさん演じる、ヘビー級の娘さんでした。
娘さんも田中さまを見て、「こんなおかまみたいな人じゃない!」
どうやら勘違いみたいでした。

田中さまがいなくなるかもしれないと期待していた主水も、ガックリ。
くねくね、横座りになって、主水に詰め寄る田中さまでした。
かわいのどかさんは、この後、ダイエットしてすごーく綺麗な女性に大変身。
ダイエット本も、本人が実証例ですから、大変売れたと記憶しています。

さて肝心のお話は、勇次が人違いされる話。
しかも、相手は人でなしの悪党。
人違いが仕事にかけられるまで行かなくて、良かった。

何といってもこの話でよかったのは、勇次の情け深さ、優しさ。
仕事人同士では割とクールな対応する勇次ですが、弱い者、虐げられた者には優しい。
勇次の魅力は色男なだけじゃなくて、時には危険を呼ぶとわかっていても抑えられない優しさでしょう。

絶望の果て、死に掛けたお千賀に「待っていたよ」と言ってやる、この、優しさ!
違うとわかっていても、夢を見せてくれようとした勇次の言葉は、お千賀のむごい最期にどれだけの喜びを与えてくれたことか。
待っていたという一言にうれしい。
いや、その気持ちがものすごくうれしい。

主水が鯉のぼりの浴衣着てきちゃった回とか、田中さまのお見合いとか、強烈なエピソードがあるとつい、本編忘れちゃうんですが、これは忘れられない。
タイトルが田中さまのお見合いではありますが、実は勇次の魅力がたっぷり。
笑って、ジンとする、佳作な回だと思います。



「必殺仕事人IV」の最終回

「必殺仕事人IV」の最終回一つ前と、最終回を見ました。
途中、三味線屋勇次が背中に「南無阿弥陀仏」の文字を背負った着物で仕事をするシーンは覚えていました。
「ああ、このシリーズだったんだ!」と思いました。

しかし、最終回は全然記憶にない。
見ていなかったのかな。
でも、「仕事人仲間は壮絶に死ななくなったんだなあ…」とは、思った記憶があるので、見ていなかったことはないと思う。

考えてみたら、「仕置人」もレギュラーは誰も死んでない。
だけど、死んじゃったようなハードな印象がある。
「必殺」の最終回は大概、衝撃的なのですが、そういえば「うらごろし」の最終回から先、シリーズの最終回って覚えていない。
覚えている最終回って、やっぱりレギュラーが無残に死にいたる最終回なんだな。

途中、レギュラーが1人死んでいるけど、「新・からくり人」の最終回は、近藤正臣さんが演じる高野長英が死ななかった。
「からくり人 富嶽百景」の方も、死んでなかったかな。
けれど「新・からくり人」の最終回、蘭兵衛こと高野長英とからくり人たちとの別れは、衝撃的でした。

小駒の淡い思いは長英には通じず、彼は検校の地位を引き継ぐために目をふさいだ娘を影で支援しながら江戸に向かう。
その顔は半分、焼いてもらって人相が変わっている。
目撃した小駒は、結局は長英とは永遠に道が交わらないことを感じて、傷心のうちに背を向け、戻っていく。

「仕事人IV」の最終回は、まず一つ前の回からつながっている。
まず、一つ前の話は、江戸の町の米不足から話が始まる。
米問屋伊勢屋藤兵衛が、買い占めしているから。
伊勢屋と若年は結託し、米不足に疑惑を持つ町年寄を謀略の上、殺害。

最初の親子の襲撃の際、おりくが偶然居合わせ、助けに入る。
その時、おりくの昔の仕事仲間・の昇り竜の鉄蔵も助太刀に入った。
町年寄の娘は、料亭に勤めた際、悪事を立ち聞きし、殺されてしまう。
娘の託した手紙を勇次が持ち込み、仕事が成立。

仕事人たちの集合場所に現れるのは、鉄蔵。
加代は気に入らないとそっぽを向くが、鉄蔵も仕事に加わった。
主水が籠越しに刺した若年寄を、鉄蔵は真っ二つに切り裂く。
去っていく鉄蔵の姿に、主水は不安を覚えた。


そして最終回。
新たにやってきた南町奉行、主水たち同心が挨拶に向かう。
顔を上げた主水が見たのは、奉行の席にいる鉄蔵だった。
鉄蔵は山岡と名乗り、次々に手柄をあげ、やがて闇の仕事人たちも捕らえ始める。
もともと闇の仕事人なのだから、同業者は良く知っているのだ。

山岡は主水を取り立て、せんとりつは大喜びするが主水は警戒する。
主水だけではなく、山岡は勇次、秀、加代、順之助の前にも姿を見せ、プレッシャーをかける。
そして秀は、旅先で親を失った幼い少女を引き取って育てている娘と、知り合いになっていた。
やがて娘は、奉行の屋敷に奉公することになる。

山岡は主水たちを。自分とその後ろ盾である若年寄の政敵を殺すための仕事人として支配下に置こうと試みた。
3日以内に若年寄の政敵を殺すか、捕らえられることを迫られる仕事人たち。
だが奉行の屋敷で秀の名を耳にした娘は、秀に危険を知らせようと走り、夜道で殺される。

居合わせたおりくによって、秀に娘の死が知らされる。
そして主水たちは、若年寄のための殺人部隊となることを拒絶。
ここに仕事が成立した。

船で奉行の護衛をしている殺し屋を仕留めた秀だったが、殺し屋は息を吹き返し、屋敷の庭で秀と激闘となる。
殺し屋を仕留めた秀だが、あの娘が引き取って育てていた少女が殺しを目撃していた。
掟にしたがって、少女を殺さなければならない。
だが秀は自分が育てているお民と少女が重なってしまい、殺すことはできなかった。

仕事は無事、遂行されたが、奉行が殺される事態に奉行所が動く。
そして秀の人相書きが、江戸市中に貼り出された。
秀はお民を連れて、とにかく西へ、西へ行くことを主水たちに告げる。
今が潮時かもしれない。

おりくは旅に出るが、勇次は自分が住むところは江戸以外にない、仕事も続けると言う。
加代は上方へ商売の勉強に行くことにし、順之助は長崎へ勉強に行くことになる。
「もう会えないんですか…」と涙目になる順之助に主水は、「一皮むけた頃に会えるだろう」と言う。
こうして、仕事人たちは散り散りになる。

順之助をいつも追い回している玉助を「いつまでそんなことしてるんですか!」と、別れの切なさに泣いた順之助は一喝。
しかしますます順之助が好きになった玉助は、長崎に行く順ちゃんの後を追っていくのだった。
この2人、結構いいコンビなのかもしれない。

お民を連れて、水路を下っていくのは秀。
しかし、この後、秀が描かれた「まっしぐら!」ではお民ちゃんは、いなかった。
一体どうしたんでしょう。
旅先でどこか、良い養子の先でも見つかったんでしょうか。

そして日常に戻っていく主水。
何度も何度も、同じようなことがあった。
せんとりつと田中様に囲まれて、昼行灯として、婿養子として、冴えない平穏な毎日を送る…。

うーん、誰も死ななくてもやっぱり、慣れ親しんだレギュラーとの別れは淋しいものでした。
この後、「仕切人」という作品が始まり、それは勇次を描いた作品だったらしい。
見てないんですよ、これはまったく見ていない。

勇次が俺が田舎で暮らせるかよ、俺は江戸にいる、仕事も続けると言ったのは本当だったんですね。
こうなると、「仕切人」も見たいですね。
どこかで見られるだろうか。
「必殺」が大人気だった頃の作品、「仕事人IV」はこうして最終回となったのでした。


主水、犬とうなぎにナメられる

「必殺仕事人IV」を録画したのを見ました。
本日は「主水、犬にナメられる」「主水、うなぎにナメられる」。
主水ナメられるタイトル、2本。

「犬になめられる」は、主水に起きる犬騒動を描いたもの。
珍しい洋犬を徳川家に献上する尼僧とその警護をする別式女2人の、道中の無体。
籠を横切った子供を無礼打ちにし、さらにはその母親まで殺す。
この一行の宿泊する品川に、警護に借り出されたのは主水。

家ではさらに、せんとりつが野良犬を拾ってきて、主水の周りで犬にまつわる騒動が続く。
子供の恨みを晴らすため、苦界に身を落とした母親が殺されるのを目の前で勇次が目撃。
母親から託された仕事料で、尼僧と別式女2人を仕事にかける。

主水が家に戻ると、せんが噛まれたために犬を追い出したと言う。
尼僧から犬を抱っこしてきた主水は、犬から葵の紋章入りの前掛けをはずして夜道で解放してやる。
好きなところへ行って、好きに生きたらいいと言った。
夜道で主水のところから出てきた犬とバッタリ会った洋犬は意気投合、仲良く夜道を走っていく粋なラスト。


「うなぎになめられる」は、土用の丑の日にうなぎが食べたいと言われた主水がお金を稼ごうと奮闘する話。
せんとりつもお金を稼ごうと、納涼大会のお化け屋敷ででお化け役を演じる。
この大会を開いたのが、身寄りのない子供を引き取って育てている仏様のような商人。
だがこの男、子供を育てては貢物として抜け荷で結託している役人に献上していた。

母親を殺された娘は、自分を引き取ったこの男が犯人ではないかと疑いながら生きてきた。
そしてやはり献上品として差し出された夜、男が犯人と確信しながらも殺されてしまう。
逃げ出した娘が自分の腕を傷つけ、血文字で書いた依頼に応えて、仕事人は悪党を仕事にかける。
しかしラスト、うなぎを持って帰ろうとした主水だが、うなぎは溝に逃げてしまい、恐る恐る手ぶらで帰らざるを得なくなる…。


前から気になってたんです、「なめられる」タイトル。
犬になめられるのはわかるけど、うなぎになめられるって何!って思ってました。
まあ、犬、そしてうなぎに翻弄されるという内容の話でしたね。
それなりに楽しめました。


やっぱ田中様

やっぱり、田中様。
この田中様は、「必殺仕事人」に登場する主水の上司の筆頭同心の田中様のことです。
今、時代劇専門チャンネルで「必殺仕事人IV」を見ているんですが、改めて見て、田中様の存在が楽しい。

「必殺仕事人」の前半の26話ぐらいまでだったかな。
メインの話が最終的には仕事シーンにつながっていくまで、そこにはかなり濃厚な人間ドラマがある。
それ以降は、いろんなお約束のシーンが入って、それが組み立てられていく作りになっている。
田中様と主水の上司部下のやり取りは、そんなお約束コーナーのひとつ。

でも田中様、ドラマ内に笑いを提供してくれている。
山内としおさんの徹底した田中様が、今見るとすばらしい。
歩く時、首かしげて、小股ですたすた歩く。
細かい動作にちゃんと、「田中様ってこういう人」って山内さんによって組み立てられた人物像が入っている。

先日はどこか女性っぽい田中様だけど、お見合いをしてました。
タイトルも「田中筆頭同心 見合いする」。
いや、メインの仕事にいたる話は別にあるんですが、ドラマの中のメインではないエピソードがタイトルになるぐらい、「仕事人」世界では田中様のお見合いは重要なこと。

いや~、楽しかった。
田中様のお部屋も見られたし。
お人形とか羽子板とか、かわいいアイテムがたくさんなんですね。
クッション、じゃない、お座布団もかわいらしい模様。

「必殺必中仕事屋稼業」の半兵衛につきまとう幼馴染のこわもての十手持ち・源ちゃんのお部屋も、もしかしたらこんなだったかも。
いや、もっと激しく、役者絵なんかもあったでしょう。
「あたしゃ本当は役者になりたかった」って、うっとりしてたから。

源ちゃんは父親の後をついで岡っ引きになったけど、田中様は何で同心になったのかな。
同心なんて、血なまぐさい場面に遭遇することが多いのに。
やっぱり家を継いだんでしょうね。
本当はもっと、かわいらしいものに触れるお仕事をしたかったのかなあ。

デリケートな田中様のお見合い相手は、「仕事人」で半ちゃんの恋人だった女優さん・かわいのどかさんが演じてました。
ヘビー級の外見で、田中様は思わず「いやぁあー!」
笑った。

でも田中様、付け文を主水が託されていたり、繊細で紳士的な態度だから好きになる女の子も結構いたのかも。
結構、身の上に同情して涙したりもするし。
主水とはトゲトゲした間柄だったけど、そう言いながら縁が続く。

田中様、ちくちく嫌味は言うけど、とんでもない圧力とか意地悪とかしない。
「ぶつぶつ」と言いながら、やり過ごせるようなもの。
あのぐらいなら全然平気ですよ、カワイイです。
飛ばされることを願っている主水だったが、いいコンビ。

平成の主水には何かがほしいと思ったけど、それは田中様だったかもしれない。
今、「2013」見ると田中様の存在って結構大きかったなと思ってしまう。
山内さんの徹底した田中様、とっても楽しいです。