今、時代劇専門チャンネルで「長七郎江戸日記」も見ています。
「必殺」のDVDを貸した友達が「長七郎江戸日記」を見て「映像が違う…」と言いました。
「画面がのっぺりしているなって思ったんだけど、そうじゃない。必殺の映像がすごかったんだね!」

それはもう、表と裏の顔を持つ者たちを描いている物語の特性からして、光と影のコントラストが鋭い映像を作ったんだとは思いますが。
必殺の映像って、やっぱり凝ってるんだと思いました。
長七郎は長七郎で、好きですけどね。
時代劇の良さが入ってるシリーズですし。

そこで、若い時の本田博太郎さんを見つけました。
第115話「殺しの配達人」。
「仕舞人」の直次郎の後だと思うんですけどね。

御広敷役人・小谷宇兵衛を、本田さんが演じます。
彼は身分の低い無役の御家人の家から、旗本の家に婿に来た。
そのため、奥方は宇兵衛を蔑み、体に触れるのも拒否する。
しかし自分は役者と出会い茶屋で、遊んでいる。

宇兵衛は家に帰る前に芸者のところに寄り、飲んで帰るのが、わずかな癒しの時間。
ある日、宇兵衛はふと、「奥方は長生きしそうだ。誰か殺してくれたら良いのに」と愚痴った。
すると、「引き受け候」という文が投げ込まれる。
その通りに、出会い茶屋で奥方が殺された。

本気で殺したいと思ったわけではないと言う宇兵衛だが、罠は張り巡らされていた。
大奥に「この包みを届けば何とかしてやる」と奥方殺害の実行犯の男に言われ、届けた包みは爆発。
中臈と、その腰元が死んでしまう。
それを知った宇兵衛は、その場で切腹して果てた。

中臈とともに亡くなった腰元は、長七郎が居候している弁当屋の牛さんの姪っ子だった。
牛さんのそばで暮らして、牛さんの面倒を見てあげる、と言っていた矢先だった。
急な雨で雨宿りしていた長七郎は、同じく雨宿りした宇兵衛と面識があった。

武家の奥方が、出会い茶屋で殺された事件。
そしてその夫である宇兵衛が届けた包みによる、大奥の爆発事件。
長七郎は、疑問に思った。

それは将軍に再び寵愛を受けるために、ライバルが邪魔な局と、その兄の勘定奉行の策略だったことがわかる、。
勘定奉行は、妹の大奥での寵愛を武器に出世を企んでいた。
そのためには将軍の寵愛を受ける中臈が、邪魔だった。

この2人による罠に宇兵衛は、はまったのだった。
怒る長七郎は、彼らを成敗する。
…というお話。

本田さんは、後には「剣客商売」の「その日の三冬」の勘助といった複雑な役を演じます。
同じ被害者でも勘助は、「一体、彼はどうしたら良かったんだろう?」
「なぜ、こんなことになってしまうのだろう?」
見た人が深く、考えてしまうような役でした。

ここではまだ、妙な言い方ですが典型的な被害者。
クライマックスへの盛り立て役です。
それでも好青年ぶりは、とても好感が持てます。

こんな人を切腹に追い込むなんて、ひどいなあ…と思わせます。
もうちょっと待てば、助かったんじゃないか。
そんな風に思うところがまた、かわいそう。

この話、意外にもたくさん被害者が出ます。
宇兵衛の奥方、宇兵衛のアリバイを証言する下女、お中臈、牛さんの姪っ子の腰元、宇兵衛。
上様の御寵愛を受け、世継ぎを…という大きな野望が絡むからとはいえ、結構な数。
この手の時代劇であんまり被害者が出ると「被害が広がる前に助けてやってー!」って言いたくなります。

牛さんこと高品格さんは、姪っ子が殺されて、ガックリ。
そこに火野正平たちが俺たちを実の子供だと思って良いよ、なんて言って慰めに来る。
すると牛さんは「こんな出来の悪い子供なんて!」と怒る。
皆は、いつもの牛さんになったと笑って、終わり。

でも、一番ひどい目に遭いっぱなしだったのは宇兵衛。
その宇兵衛こと、本田さんのことは誰も悼んであげてない。
私にはそこが一番、かわいそうで泣けたのでした。
本田さん目線の視聴でした。


スポンサーサイト
2017.06.14 / Top↑
思い出の大河ドラマと言うと、「独眼竜政宗」も思い出深いです。
これがなかったら、 渡辺謙さんという俳優はこれほど世に出なかったんじゃなかろうか?
そう思えるぐらい、ハマっていた。
登場人物の男たちが、みんな熱かった。

片目をなくした幼少の政宗が、乳母に「梵天丸は醜いか?」と聞く。
そんなことはありませんと乳母は言うが、幼い子供の心の傷はどうにもカバーできない。
寺で、不動明王の像を見る。
仏様なのに、なぜ怖ろしい顔なのかと梵天丸が聞く。

すると側にいた、政宗の生涯の師となる僧侶・虎哉宗乙が言う。
「あれはありがたい仏様じゃ。怖い顔は悪を懲らしめる為じゃ」。
それを聞いた梵天丸が言う。
「梵天丸も、かく、ありたい」。

これ、流行語にもなりました。
それを聞いた虎哉宗乙は、断り続けていた梵天丸の養育係を引き受ける。
大滝秀治さんの演技が見事で、忘れられません。

さらにすごかったのは、政宗が勝新太郎さん演じる秀吉。
渡辺さんも答えていましたが、この対面シーンはリハーサルなしで行われたとか。
どうりで、真剣勝負みたいだった。

死ぬ覚悟の白装束で来た政宗。
すると秀吉、ひざまづく政宗の首に、ステッキを振り下ろす。
「運の良い奴よの。この首討たれていたわ」。

打ち合わせにないシーンで、スタッフも渡辺さんも驚いたとか。
うーん、秀吉になりきっている、勝さん。
さすがだ。

そして、政宗に懐剣を持たせ、秀吉は背中を向けて立小便をする。
一瞬、ほんの一瞬、政宗の目に天下をとるチャンスという野心の光が浮かぶ。
同時に、信じられないという表情が見える。

結局、政宗は秀吉を討てない。
後に、自分に懐剣を持たせて背を向け、立小便をする秀吉という男が怖ろしかったと語る。
その器の大きさ、凄みにとても討てなかった。

凄みのある演技の数々が堪能できた大河。
正宗の周辺以外にも、素晴らしいキャストが次々登場。
目が離せません。
柳生宗矩を演じた石橋蓮司さん、金田龍之介さんもたまらない。

「武田信玄」、「春日局」も素晴らしかった。
春日局は、苦労する幼少期から、大奥の主として君臨するまでを描く。
大原麗子が綺麗だった。

「翔ぶが如く」では、「泣こかい翔ぼかい」「泣くよか、ひっ翔べー!」の鹿児島弁が流行った。
「太平記」は、鶴太郎さんの北条高時が、ほんと、どうしようもなかった。
北条家が滅亡していくのも納得で、これは鶴太郎さんの名演だと思います。

「信長 KING OF ZIPANGU」は、トレンディー大河と呼ばれました。
信長と最後まで一緒の占い師、随天の平幹二郎さんがすごい迫力でした。
本能寺、奥の座敷にいる信長のところに、兵が来ないよう、「では、食い止めてまいります」と言う随天。

その異様な容貌を前に、ひるむ兵士たち。
しかし随天もまた、刺される。
だが刺されながらも、平然とした口調で言う。

「来れば…、祟るぞ」。
兵たちは怖ろしくなって、奥に進めない。
これは祟る。
本当にそう思う。

その姿、まるで亡霊。
兵士はこれ、生涯、夢に見ますよ。
毅然とし、兵たちを怯えさせた随天は、信長の前まで来ると力尽き、倒れる。

愛と憎しみの間を、行ったり来たりした信長と随天。
何だかんだで、因縁が深かった2人。
最期は一緒。

そして、「琉球の風」放送。
この年の後半は「炎立つ」。
部隊は南国沖縄から一気に、雪の奥州へと変わった大河。

「八代将軍吉宗」。
このドラマ、良かったけど、疱瘡になった吉宗が包帯を取ると子役から西田さんに変わっているのが、おかしかった。
「秀吉」「毛利元就」。
「葵徳川三代」は、第1話の正月から合戦シーンでした。

こうやって見ると、大河ドラマって立派な文化だと思います。
そして、俳優さんたちの個性ある演技が堪能できるドラマだった。
フィルムが残っているなら、デジタルリマスター版で。
そうじゃなくてもいいから、残っているなら見せてほしいものです。


2017.05.23 / Top↑
時代劇専門チャンネルで、大河ドラマの再放送をしています。
再放送して欲しいと思う大河ドラマ、たくさんあります。
緒形拳さんと石坂浩二さんの「太閤記」とか、見たいですよ。

もう見られないと思っていた、「風と雲と虹と」も見られました。
奥方が京都から将門様が帰るたび、「お連れの方は」と従者に聞いていたのを覚えています。
要するに、側室を作ったのではないか。
誰か、他の人を好きになったんじゃないかと聞いているんですね。

真面目な将門様は、いつもお1人で帰宅なさる。
だから従者は「いいえ」と、いつも答える。
奥方は、そっと微笑んでいた。
それがある時は、従者が口ごもる。

「お連れが…、いらっしゃるのですね」。
それが、吉永小百合さん演じる側室。
将門様の幼馴染の貞盛の恋人でもあり、京都で遊女に身を落とした女性だった。

最後、将門様が討たれる。
私が覚えているのは、屋敷に暴徒と化した兵たちがなだれ込んできた時です。
美しい彼女を見つけた兵たちは、大喜び。
大勢の男たちは、彼女を担ぎ上げます。

その時、彼女は心の中で、ずっと経文を唱えている。
もう、自分の運命を覚悟しているんですね。
そして、うっすらと笑みを浮かべる。

経文と、笑み。
この哀れさ、残酷さ。
身に迫る迫力が、忘れられません。

それを見た男たちは、「おお、姫が笑っているぞ!」
「この姫は笑っている!」と、一層熱狂する。
しかし次の場面では、彼女は仰向けになり、身じろぎもしない。

後で知ったのですが、彼女はいろいろと不運な女性だったんですね。
しかし、いろんなことが子供過ぎて、よくわかっていない当時。
彼女は将門と幼馴染の貞盛との間を行ったり来たりする、フラフラとした女性に見えたものです。

あの時代、彼女のような女性は、そうすることでしか生きていく方法がなかった。
とても不運なことが、重なった。
そういうことは、後でわかったこと。

侍女の桔梗も、殺されます。
桔梗が殺された桔梗が原は、今でも桔梗が咲かないと言われている…というナレーションが流れました。
戦に負ける武将は、こういうこともわかっているから、さぞ、無念だったと思いますね。

そして、物語の最後。
将門様の妻子まで捕えよと言った経基の近くに雷が落ちたり、次々と関係者が雷で打たれてなくなる。
錯乱して刀を天に向かって掲げたところに、雷が落ちるさまは怖ろしい。

しかも討伐軍として加わった貞盛が、将門には火雷天神がついていると言う。
菅原道真の怨霊騒動がまだ、記憶に新しい都の者たちにとって、これは恐怖。
貞盛なんて嫌な役っぽいですが、彼も苦悩の果てに討伐軍に加わり、先頭で向かっていたのですね。

忍びのような玄明(はるあき)は、若き日の草刈正雄さんが演じていました。
同じく反乱を起こした藤原純友の忍びの「オババ」は、吉行和子さんだったかなあ。
純友は、緒形拳さん。
このオババは年齢不詳で、子供にまで化けられる。

将門様が討たれて玄明は、オババに「すべて終わった」と言う。
すると、オババは「しんではいない」と言う。
「心の中にいると言うのか」と玄明が聞くと、オババは「いや」「何万回でも生まれ変わる」と言う。

「では生まれ変わるのを待とう」と玄明が言うと、空に虹がかかっている。
馬のひづめの音が響き、将門様が人々とともに進軍していく姿が見える。
「将門は、死なず今も生きている」。
この語りで、終わったんですね。

主演は、加藤剛さん。
これ、本当に良かった。
良かった、良かった、フィルムが残っていて、本当に良かった!

翌年の「花神」は、ちょっと理解するのが難しかった。
でも、今見るとこれもすごくおもしろい。
「黄金の日日」では、やはり夏目雅子さんが美しい。
根津甚八さんが彼女を失って、錯乱するのも納得。

「草燃える」では岩下志麻さんが、すごい迫力だった。
「おんな太閤記」は放送当時、盛り上がったはず。
翌年の「峠の群像」主演の緒形さんは、「去年が派手だったから今年はね。でもそれがいい。透明感ある静かな大河だと思っている」とおっしゃってました。

「徳川家康」では、夏目雅子さんが淀君。
織田信長の役所広司さんと、濃姫の藤真利子さんが良かった。
秀吉を演じた武田鉄矢さんも、話題になったはず。
「ひろいを頼む」と言い続けながら、家康の手を取る秀吉に無常を感じました。

そして、近代史の大河ドラマも作られるようになります。
「山河燃ゆ」では、兄弟が日米軍に分かれて対峙したシーンに涙しました。
綿引勝彦さんが演じた、嫌な軍曹がうまかったです。

「バナナ野郎」と蔑まれてもアメリカ軍人として生きた沢田研二さんも良かった。
東京裁判の中、チューインガムを噛んでいる沢田さん。
キャスティングが、ものすごくうまかった。

戦後、軍隊では臆病者扱いされていた矢崎滋さんがどんどん、商才を発揮していく。
彼をいじめていた軍の上官は、落ちぶれていく。
精一杯の虚勢を張って威張る彼のプライドを傷つけずに、金を融通してやる優しさ。
威張っていながらも自分のみじめさに気付いている、元の上官。

戦前、戦中、戦後、と変わっていく世の中、変わっていく日本、変わっていく人々と立場。
戦勝国の人間でもあり、敗戦国の人間でもある主人公の弟の、西田敏行さんが素晴らしかった。
主人公である兄の最後の身の処し方は、あれで良かったのか。
兄を発見した弟、彼の心の恋人はどう思っただろうか。

戦争と国家と、個人。
その流れにあらがえず、飲み込まれていく人たち。
人間の運命が人生が、こうやって押し流され、変わっていったこと。
残酷な時代を、思想云々を交えず描いていたと今は思います。

やはり、昭和を舞台にした大河ドラマ「いのち」。
戦後、農地改革により、小作人だった人たちが農地を手にする。
地主たちが没落する。

「いい気味だ」と言う妻に対して、自分の働いていた地主家族にそんなことを言ったらたたき出す!と怒る伊武雅刀さん。
彼は自分に教育を受けさせてくれた一家に、終生恩義を感じ、尽くす。
この辺りの昭和史の大河ドラマも、思い出深いです。
あー、全部見たい。

2017.05.21 / Top↑
時代劇専門チャンネルで村上弘明さん主演の「腕におぼえあり」を見ています。
ちょうど第1シリーズが終了し、第2シリーズに入ったところです。
この第1シリーズは、平成4年の放送。

見ていると、主人公・青江又八郎の許嫁・由亀の弟・平沼麟之丞に見覚えがある。
あっ、香取慎吾さん!
今から24年前の香取慎吾さんです。

姉の許嫁の又八郎を、父の仇として討たねばならない。
又八郎は藩主毒殺の陰謀を知ったため、由亀の父に襲いかかられる。
そのため由亀をやむなく斬ってしまい、由亀とは仇同士となってしまう。

脱藩し江戸で「腕におぼえあり」と用心棒稼業をして暮らす又八郎。
その任務遂行と同時に、藩からの追っ手も、かわさねばならない。
やがて又八郎は赤穂の浪人たちと知り合い、仇討ちに関わっていく。
そしてついに赤穂浪士の仇討ちを見届けた又八郎は、自らの事件にも決着をつける決心をする。

香取さんの麟之丞は内面では悩んでいるが、青年らしいまっすぐさで又八郎に向かってくる。
しかし元々は又八郎を慕っていた麟之丞。
真相がわかり、又八郎の人柄を改めて知り、仇ではないと認識し行動を共にする。

香取さんは「沙粧妙子・最後の事件」の犯人、谷口役よりも前ですね。
やっぱり光ってます。
まだ子供の面影があるけれど、しっかりした演技している。
こうして見ると、本当にすごいキャリア長いんですね。

いや~、思わぬものを見せてもらいました。
意外な人を見た気持ち。
「腕におぼえあり」もかなり、良いドラマ。
「用心棒日月抄」を原作とするドラマの中では、自分は一番好きです。


2016.11.26 / Top↑
BSフジで放送された、北大路欣也さん主演の「三屋清左衛門残日録」。
私が小さい頃から華やかに活躍してきた俳優さんたちが、出演されていました。
この俳優さんたちが、引退して第一線を退いた武士たちの役を演じていました。

中村敦夫さんの徘徊する演技。
紋次郎と言う、国民的スターを演じた中村さん。
あのニヒルさ。
かっこ良さ。

その姿を強烈に目に焼き付けている者としては、お年を召されたなという気持ちは確かにありました。
が、それ以上に、この芸能界で良く、ここまで活躍を続けてきたと感動しました。
若い頃、または壮年の頃、スターになることも大変。
しかしその後、潰れることなく、ここまで来ることに感動します。

ましてや、木枯し紋次郎。
子供が長い楊枝をくわえて怒られて、セリフは流行語にまでなった。
このヒーロー像から抜け出るのは、並大抵の苦労ではないと思います。

良くここまで、そのイメージに付きまとわれることなく、縦横無尽の活躍をしてきたものです。
私などが言うのも失礼なんですが、頭がすばらしく切れて、才能があって。
お人柄も優れていなければできないことでしょう。

数々の時代劇で、悪役を演じてきた小沢象さんも渋い。
悪代官が枯れて、仏門に入ったような、全てを達観したような。
そんな雰囲気でした。

年を取るということ。
その年の取り方。
老いた姿は、もちろん寂しい。

しかしその寂しさを感じさせることも含めて、この俳優さんたちは見ている者に伝えてきているのだと思いました。
生き様を見せてくれているような気がしました。
これはもう、本物にしかできないこと。

やはり何かを続け、極めてきた方にしか身につけられないものがある。
「徳」のようなものが、漂うのですね。
そんなことを思った「残日録」でした。

この方たちを見ていれば、作品の良さは約束されたようなものだと思いました。
さて、自分はやがては、そんな雰囲気がつけられるものだろうか。
そう考えると、ますますもって、この俳優さんたちのすごさを思い知るしかない…。

2016.02.07 / Top↑