こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドラマ・連続サスペンス
CATEGORY ≫ ドラマ・連続サスペンス
       次ページ ≫

好キニナッタラ命ガケーッ!

全部、ネタバレしてますので、未見の人は注意してくださいね。
DVDもないみたいですし、再放送はされない。
もう一度見られたら1話ごとに書きたい気持ちはありますが、何もないのでざっと書いていきます。


「沙粧妙子 最後の事件」で最初に登場する犯人は谷口光二という20歳の若い男。
何と、香取慎吾くんが演じています。
ヘリウムガスで声を変えて、風船を手に持ち、「スキニナッタラ イノチガケーッ」と叫んで走る。
「IT」という映画で邪悪なピエロが出てきますが、まさにそんな感じです。

谷口は妙子の妹に近づく。
本当は妙子にだけ、自分のことをわかってほしかったと言いながら。
妙子にこちら側に来てほしいと言う。

そのために、妙子が大切なものを失うのが良い。
しかも目の前で。
そう言う谷口の手には、ナイフが握られている。
隣に座った妙子の妹・美代子の手を抑えている。

狂気に満ち溢れています。
良くやったと思います。
実は私はこの時、香取慎吾さんをほとんど知りませんでした。
アイドルグループの一員と聞いて、信じられなかった。

大胆不敵にして、狂暴。
最終的には9人を殺害する凶悪犯。
しかし、その目の底には寂しさがある。
人恋しさがある。
一体、それは何なのか。

谷口の家は、今は無人になっている。
母親は谷口が生まれて、3年目に出て行った。
父親は76歳で亡くなった。
とても厳格なクリスチャンだったと言う。

さらに以前は、人の顔もまともに見られないような少年だったらしい。
それがどうして、女性に声をかけては殺害し、指の爪をはぐようなことをするようになったのか。
犯罪を楽しむようになってしまったのか。
「梶浦」と妙子は言う。

谷口には、15歳年上の姉がいる。
その姉を沙粧妙子と松岡が訪ねた。
姉は沙粧の顔を見ないようにして、話を早く打ち切りたがった。
弟からは2年前に「さよなら」という手紙が来たきりなので、連絡は来ないだろうと言う。

「さよなら。僕は新しい人を見つけた」。
「僕はその人を愛するため、努力する」と。
それは、妙子のことなのか。

姉は、あの子のことは、好きになれなかったと言う。
「あの子?」と沙粧妙子は聞き返す。
谷口の部屋には、6年間にわたるロスコープを記したノートがあった。
自分自身のの星座ともう一つは、ふたご座だった。

「あなた、星座は?」
ふたご座は、姉の星座だった。
そこまで姉に執着する理由。

話を聞いた池波は、ここで見抜いた。
妙子にもわかった。
やっぱりあれだ。

姉と考えるだけでは、この執着は弱すぎる。
松岡には、何のことかわからなかった。
沙粧と松岡が教える。

あれは姉ではない。
谷口の本当の母親だ。
姉と言われている女性が、15歳で生んだ子供だ。

望まれなかった子供・谷口光二。
谷口は母親に愛してもらうため、一生懸命だった。
夜、谷口が地下道を歩いていく。

そこの壁には、小さな字で何かが書かれている。
指でそれをたどった谷口は、沙粧たちが避難しているホテルに現れた。
両手に大きなバラの花束を抱えている谷口の顔は、フロントからは見えない。

谷口は客室の廊下を歩く。
ふと、何かの気配を感じ、立ち止まる。
廊下がゆがんで見える…。

谷口は、投身自殺を遂げた。
数人が、柵を声て下のプールに落ちるのを見ていた。
一体、なぜ、投身自殺などしたのか。

浮かび上がる谷口を見た妙子は、言う。
「梶浦よ」。
谷口は梶浦が投身自殺させたのだ。

死体となった谷口がプールに浮かぶシーンも、とても美しい。
口の中に赤いバラの花びら。
まるで泣いているように、目の端から水がこぼれていく。
求めて得られない母親の愛を、禁断の子であることを谷口は梶浦に利用された…。

「沙粧妙子」は殺しをまるで、美しいもののように見せる。
それは「横溝正史」のように。
この辺りも再放送できない理由なんでしょうか。

梶浦が関わった犯罪の死体は、バラの花びらをあしらった、妙子へのプレゼント。
ですから、美しく見せて当然なのかもしれません。
この9人殺害のトップバッターからバトンを受け継ぐ、次の殺人者は北村麻美と言う女性。

国生さゆりさんが演じます。
昔のドラマを見る時に、その当時のファッションがどうだったかというのも見ることができます。
「沙粧妙子」の場合は、国生さゆりさんのファッションがそうかもしれません。

沙粧妙子は、丈云々と細かいことを言わなければ、今でも通じそうなダークスーツです。
国生さんはボディコンシャスな、夏の半袖スーツで登場します。
こういう夏用のスーツ、ありました。
ちょっと、セクシー。

その通りに、この北村麻美は男性を誘惑しては、それに乗って来た男性を毒殺するのです。
初めて真剣に恋をした男性に手ひどい裏切りを受け、そのトラウマを梶浦に利用された。
彼女は「梶浦」に恋をしてしまったが、梶浦は彼女を殺人犯に仕立て上げるため、利用したということです。

松岡の尾行をまいて、陰から沙粧たちをのぞきこむ麻美。
その姿がディスプレイに映って、2重になっている。
もう一つの顔が、流れるようにゆがんで映っている。
この辺りが、麻美の病的な内面を示唆して、うまい演出です。

北村麻美の被害者となった男性に、反町隆史さんがいます。
初めて見た時、綺麗な男性だと思いました。
プレイボーイ設定がピッタリ。

この国生さんは大胆不敵であり、母親からベビーカーを奪って坂から転がすのも平気でできる。
だけど、梶浦圭吾には心酔しています。
そのため、沙粧妙子に対して嫉妬し、対抗心を燃やしている。
梶浦圭吾を理解しているのは、沙粧妙子だけだからです。

しかし、同時に同じ男性を好きになった者として、親しみを感じている。
妙子に接触したことで梶浦から別れを告げられた朝美は、暴走。
電車の中で痴漢をしてきた男を殺害。
さらにまた、男性を殺害。

やり場のない悲しみを、自分に欲望を向けて来る男への憎悪に変えています。
この様子がとても哀れ。
自ら命を絶つしかなくなり、妙子に梶浦の写真を見せてくれと懇願する様子は悲しい。

彼女が知っている梶浦は、声だけだった。
梶浦に恋をしているようでいて、彼女は梶浦のことを何一つ知らない。
妙子に追い詰められた時、朝美は「私たちは愛し合ったの」と言う。

だが妙子は、利用されただけだと言い放つ。
「本当にあなたを愛する人と出会っていたなら、あなた、こんなことにならなかった」。
麻美だけではなくて、谷口にもこれは当てはまります。
さらにこのセリフは、次の日置武夫で生きてきます。

「やっぱり、似てるよね、私たち」が麻美の最期の言葉でした。
若手の刑事の拳銃を、倒れるふりをして奪った麻美は松岡に銃を向けた。
だが麻美の殺人は、自分に対して欲望を抱いた男を毒殺するもの。
目の前にいる、自分に対して何もしていない松岡を射殺できるようなものではなかった。

この時の、懸命に殺意を向けようとする麻美の必死の呼吸。
やがて、無理だと悟って自分を撃つ麻美。
国生さんの演技が見事です。
梶浦を愛し、梶浦に振り回された人生。

それをわかってくれるのは、妙子だけ。
自分は妙子になれなかった…。
やったことは許されませんが、愛されず、振り回された挙句、利用だけされ、自ら死を選ぶしかなかった。
谷口同様、北村麻美もまた、かわいそうな犯人ではありました。


スポンサーサイト

沙粧。妙子。よろしくね。

あたし。
沙粧。
妙子。
よろしくね。

土曜日の深夜ドラマ「限界団地」が、おもしろい。
そこで、主演の佐野史郎さんの出演作に再び注目。
佐野さんというと「ずっとあなたが好きだった」のマザコン男・冬彦さんが超有名になってしまいました。
確かに冬彦さんはすごい。

その後の「誰にも言えない」の麻利夫もすごい。
しかし、他にも佐野さんでなくては、これは成立しないというドラマがあります。
というか、ほとんどそうかもしれない。
中でも強烈なのが、これです。

「沙粧妙子 最後の事件」。
暑い、暑い95年の夏のドラマでした。
前年の94年がまた、ものすごい猛暑でした。

93年が8月に長袖ジャケットを着ないと寒い夏だったんです。
涼しいんじゃなくて、寒い。
雨ばかりで、8月の終わりか9月の初めに1週間ぐらい晴れて、それで夏は終わりました。
野菜は高騰し、米騒動が起こりました。

昔ならこれで飢饉になったんでしょうね。
そんな夏の翌年、94年は2年分暑くなったと思ったぐらい、暑かった。
前年に夏を経験していないので、きつかったです。

その94年の次の年の95年。
この年の夏も、暑かった。
この時からですね。
夏が30度超えるのは当たり前、夜は25度以下にならない熱帯夜が続くようになったのは。

沙粧妙子の放送中も、猛暑の日々でした。
ドラマの終盤には、スポンサーの化粧品会社のCMが秋仕様になったんですが、冗談じゃないと思いました。
とてもとても、秋の装いなんて…って感じでした。

その猛暑の中、沙粧妙子を演じた浅野温子さん。
冷静で、落ち着いた妙子のクールな美貌。
常に長袖のダークスーツを身にまとい、汗一つかかない。
何といっても初回のタイトルが「笑わない女」というぐらい、愛想がない。

今でも覚えていますが、警部役の蟹江敬三さんとのツーショットのシーンがありました。
浅野さんは片方の足を一段高いところに乗せているように足を曲げて、腰に手を当てている。
仲の悪い2人は別々の方向を向いている。
そのポーズで静止する2人。

何気ないシーンですが、この2人のポーズ。
このポーズをカッコ良く見せるには、実はとてもキツイ姿勢を取らないとならなかったと思います。
沙粧妙子、彼女の周りだけ、温度が低いような印象。
実際はあの猛暑の中、大変だったと思います。

妙子は警視庁の肝いりで作られた、プロファイリングチームの一員。
選び抜かれたエリートが集められたチーム。
その中のリーダー格、梶浦圭吾は、IQ190近い天才。
妙子と梶浦は愛し合うようになる。

この頃、映画「羊たちの沈黙」で犯罪プロファイリングと言う言葉が知られるようになってきていました。
その著者が記したドキュメンタリー本に書いてあった言葉。
「深淵を覗き込むときは気を付けなければいけない。深淵もまた、こちらを見ているのだ」。

つまり、シリアルキラーの心を理解しようとする時、理解した時。
それはこちらも心に闇を持てたこととなる。
沙粧と梶浦の幸せな日は、長くは続かなかった。

梶浦圭吾はついに快楽殺人に目覚め、チームのもう1人の女性・京子を殺害。
沙粧の好きなバラの花を口に入れた死体を、沙粧へのメッセージを添えて贈ってしまった。
逮捕された梶浦は精神異常と判定され、不起訴の末、収監された。
梶浦は、その知能を駆使し、逃亡。

行方知れずになっていた。
そして、被害者がバラの花を口に入れられた殺人事件が起こる。
梶浦圭吾だ。
彼は、沙粧をこちら側に招いているのだ…。

その沙粧の相棒には、岩手県から来た新人刑事の松岡が選ばれた。
最初の松岡との邂逅で、沙粧が言ったセリフ。
「あたし。沙粧。妙子。よろしくね」。
ひとつひとつ、区切ったような、平坦な声で沙粧妙子は名乗った。

松岡優起夫は、柳葉敏郎さん。
素朴な、正義感の強い、人の良い新人刑事が似合ってました。
犯人とおぼしき男の妻に、尋問する沙粧。
彼を犯人と思っていないと言いながら、次々に鋭い質問をする沙粧妙子に妻はついに声を上げる。

あんたが一番、犯人だと思ってんじゃないの!
泣き叫ぶ妻を見て、松岡は言う。
「沙粧さん、あんた、ひどい人だ」。

しかし沙粧は顔色一つ変えずに、応える。
「そうぉ?」
後のスペシャル版で蟹江さんの高坂警部が、言います。

「沙粧。かわいそうな女だ」。
「頭が、良すぎるんだよ」。
「もう、梶浦も池波もいない。お前と付き合える人間は、もういないんだよ」。

捜査課の嫌われ者の沙粧の冷たいプロファイリングに、ついていけないものを感じながらも松岡は沙粧とともに捜査を進めていく。
クールで切れ者の沙粧妙子だが、梶浦の幻を見た時は豹変する。
怯え、うろたえ、「消えて!」と本を投げつけながら叫ぶ。
処方された安定剤を服用するその姿は、弱々しい。

まだ、梶浦が「こちら側」にいて、沙粧と恋人だった時。
妙子は梶浦の腕の中、頭を梶浦の胸に預けている。
この時の妙子の、幸せそうな表情。
梶浦への思慕があふれ、それはカワイイ女の顔。

沙粧妙子はクールである反面、梶浦に対してはものすごく動揺する。
つまり梶浦に対しては一途な思いを捨てきれない女性なのです。
強さと弱さ。
かわいげのなさと、かわいらしさ。

相反するものを持っている沙粧妙子は、実に魅力的なキャラクターなんです。
そういうふうに作っているにしても、とても魅力的。
捜査課の嫌われ者の沙粧の冷たいプロファイリングに、ついていけないものを感じていた松岡は、沙粧の違った面を見て行くことになる。
そして、沙粧とともに捜査を進めていく。

沙粧妙子は、浅野温子さんのベストワークじゃないかと私は、思っています。
「抱きしめたい!」のキュートさも良いんですが、沙粧妙子は浅野さんじゃないとああはならなかったでしょう。
演出家の河毛俊作さんが、とにかく浅野さんをスタイリッシュに見せようと思ったと言っていた記憶があります。
それは大成功でした。

しかし、沙粧妙子を火曜だったか、水曜だったかの夜9時や10時にやっていたって今にしたらすごいです。
後に「アンフェア」というドラマを見ましたが、私はこれ、沙粧妙子をやりたいように思いました。
昔のドラマを見ている者の悪い癖とは思いながら、私はアンフェアには全然のれませんでした。

今はなかなか、ドラマを作るのが難しいですね。
いろんなところの、規制が厳しいんでしょう。
こんな時代に沙粧妙子のような作品は、ちょっと無理…。

浅野さんの沙粧妙子が素晴らしいのは、もちろんですが、このドラマは他の出演者も素晴らしい。
そしてそして、特筆すべきは池波宗一役と、佐野史郎さん。
妙子は浅野さんでなければできないが、池波は佐野さんでなかったら成立しない。

叩き上げの警部で、プロファイリングなるものを認めない警部の高坂を演じるのは蟹江敬三さん。
妙子は高坂を小バカにし、高坂も妙子を嫌う。
時に部下に対して鉄拳を振り上げることもある高坂だが、誰よりも部下を思っている男でもある。

高坂と行動を共にするのは、金田明夫さん。
そして素晴らしいのはまた、犯人役です。
香取慎吾さんの谷口は、これはアイドルが演じるような役なのだろうかと思いました。

国生さゆりさんも潔癖さゆえに、ちょっと踏み外したところを利用された哀しく怖い女を演じています。
今は良く、業の深そうな犯人役を演じる国生さんですが、この役はその原点のような気がします。
広末涼子ちゃんと柏原崇くんが、これがまたすごく良い。

忘れてはいけない、忘れられないのはスペシャル版の犯人。
中谷美紀さんは当時、これで完全に一皮むけた。
これからはいろんな役をやっていけるだろうと、評価されていたのを覚えています。

そして、草なぎ剛さん。
これは、この役を良く引き受けたなと思うような犯人。
アイドルとしては一番、避けたいような役じゃないかと思うんですが。
この時から非凡な才能を見せていたんですね。

どんなものがこの役に必要か、求められているか、的確に判断し、表現している。
後に注目するまで、まるで草なぎさんに興味がなかった私がこの役は覚えていましたから。
こういう、出演者に隙がないドラマって見たいですね。

沙粧妙子の第1話のタイトルは「笑わない女」でした。
最終回のタイトルが「最後に笑う女」。
1回ぐらい見逃しても良いと思うようなドラマもあるけど、これは絶対に見逃したくなかった。
先が読めませんでしたから。

これ、原作がないオリジナルのドラマなんですね。
原作がない、一から製作するドラマ。
そういうので、おもしろいドラマをまた、見てみたいと思います。


現代の「岸田森」が暴れる

大人の土曜ドラマ。
土曜日の夜11時40分から、フジテレビで放送されているドラマ。
佐野史郎さん主演。
それは「限界団地」。

ビックリしたんですが、佐野さんが還暦過ぎていたということ。
いやー、俳優さんってすごい!
若い!

佐野さんを最初に意識したのはTBSの金曜日の夜10時から放送されていたドラマです。
「ずっとあなたが好きだった」。
マザコンの怪物・冬彦さんですね。
冬彦さんの母親は、野際陽子さん。

この2人のコンビが、もう、最高にして最強、最凶。
主演の布施博さんが佐野さんの役を見て、うらやましがったとか。
このドラマで思い出すのは、佐野さんだろうと。

あの当時の佐野さんは、電車に乗っていると、ホームに人だかりができていました。
そして、そーっと佐野さんをガラス越しにのぞき込む。
テレビでこの時の映像を見て「怪獣かなんかだと思ってるんですよー」と佐野さんが笑っていたのを覚えています。

マクドナルドかどこかで、佐野さんが座ったら、隣の席の女子高生が「きゃーっ」と悲鳴を上げて逃げたとか。
あの年の流行語大賞が「冬彦さん」でした。
佐野さんの冬彦さんは、体こそ大人の男性でしたが、中身は子供のまま。
実に見事に、佐野さんは冬彦さんを演じていました。

肥大した自我。
望みはすべて、母親が叶えていたせいで、子供っぽい万能感が、そのまま。
思い通りにならないと癇癪を起す。
こんな時代になると、あの親子は介護をどうやって乗り越えるのだろう?と思ってしまいます。

さて、その佐野さんが主演を演じるのが「限界団地」!
もう一つ、ビックリしたのは、佐野さんが連続ドラマ初主演だということ!
言われてみると、確かに主演は別の人だったかもしれません。

「ずっとあなたが好きだった」では布施博さんと賀来千香子さん。
その後日談みたいな「誰にも言えない」は、賀来千香子さん。
「沙粧妙子 最後の事件」は浅野温子さんだった。
しかし、佐野さんが出演するドラマは、佐野さんがいなかったら成立していないと思わせるものばかり。

物語の説得力とか、世界は佐野さんが支えていたと思います。
佐野さんじゃなかったら、絶対ここまで引き付けられない!と思いました。
事実上の主役だったんですね。
なので、初主演と聞いてびっくり。

6月2日から始まったのですが、今週からだと勘違いしていた私は見逃しました。
見逃し配信で見られましたよ、良かった。
見た感想は…、おもしろい!
これぞ、佐野史郎さん。

佐野さん自身も実に楽しんで演じていると思います。
冬彦さんがすごかったせいか、その後の佐野さんは猟奇的な役が続きました。
でも、嫌な顔せず演じて楽しませてくれてましたもんね。
ここで終わらないのが、佐野史郎さんのすごさ。

そのうちに、その個性を逆手に取ったコミカルな役も演じるようになりました。
さらには知的な役も、ピッタリで。
そう、佐野さんは特撮にも愛情を持っているみたいなんです。
現代の岸田森さんだ、と思ってました。

団地のトラブルを解決し、嫌な人を成敗しているようにも見える佐野さん。
いや、佐野さん演じる寺内さん。
しかし、それにしては引っかかるものが。

第1話は小松政夫さんがゲスト出演する、豪華さ。
この小松さんの、あふれる悲哀が何とも言えませんでした。
小松さん演じる依田さんと、昼間から飲酒している松木さん。
この2人が孤独死した。

この孤独死がきっかけになり、寺内さんの主張する団地の交流の大切さが認識された。
寺内さんの言葉。
「あの2人が死んでくれたおかげで…」。
さらっと言ってましたが、すごい違和感ありました。

孫娘のほのかちゃんに叩かれたと怒鳴り込み、団地を見下して帰った同級生の母親。
その家が火事になった。
夜中、ジョギングしていた寺内。
寺内の息子夫婦、ほのかの両親も火事でなくなっている。

もしや寺内が…?
そう考えても、辻褄は合う。
しかし、証拠はない。

人情味ある良い話なのか、怖い話なのか、今のところはわからない。
だけど、おもしろいっ!
「最狂おじいちゃん」のコピー通り、怖い人なのか。
目が離せません!

でも来週は、サッカーW杯でお休み。
もう、こういう怪しいドラマ、大好き。
怪優さんを存分に暴れさせてくれるドラマ、大好き!
「孤独のグルメ」

「家政婦のミタゾノ」
「おっさんずラブ」
「ホリデイラブ」
このところ、深夜ドラマが好きで、週末の夜更かしが進む~。



最後に笑うのはワ・タ・シ? 武井咲ちゃんの「黒革の手帖」

武井咲ちゃん主演の「黒革の手帖」を見ています。
米倉涼子さんの「黒革の手帖」がまだ最近みたいな気がしますが、結構経ってるんですね。
あのドラマからしばらくは米倉さんが、松本清張の悪女ものをやってました。

山本陽子さんの元子は、すさまじいばかりに破滅。
全員から、見事にやり返されました。
浅野ゆう子さんの元子も、手に入れたものを全部失った。
でも最後、新宿で「まっすぐ」「まっすぐ歩いていた」ところを目撃される。

最後のテーマ曲も、希望を持たせる感じだった記憶があります。
それもあってラストはたくましく再起を図っている、というところかな。
飯屋に現れる野良猫に、元子の姿が投影されてました。
山本陽子さんはもしかして、殺されるの?って思わせるような終わりでしたから。

さて、武井咲ちゃんの元子。
ちょっと若過ぎるかもと思ったのは事実ですが、銀座で一番若いママということでそこはクリア。
何より、武井咲ちゃんが和服が似合う落ち着いた雰囲気を出せてました。
若さと無鉄砲さが出てて、意外なほど良い。

山本陽子さんとも、浅野ゆう子さんとも、米倉涼子さんとも違う元子になっています。
やってることは悪いことなんですが、周りもかなり悪どく見えるように作っている。
先週のラストでは、追放された波子が戻ってきてました。
さらに元子の横領がもとで、銀行員としての人生を棒に振り、転落して恨んでいる村井もやってきた。

黒幕は、政界にも大きな影響力を持つ、フィクサーの長谷川。
これが伊東四朗さんで、なかなか怖いところが出てます。
波子と村井が高笑いしているところで終わってました。
この感じだと、元子も無事では済まないけど、痛み分けぐらいに持っていくラストかなって思いました。

原作があるのでそういうラストが、許されるのかわかりませんが。
次回が楽しみです。
武井咲ちゃんは役の幅を、広げましたね。
今回の「黒革の手帖」は「黒いドレスの女」みたいな、「最後に笑うのはワ・タ・シ」なのかな。

波子を演じている仲里依紗さんが、すごく良いです。
「あなたのことはそれほど」も良かった。
今後が楽しみな女優さんです。
こちらは「白いドレスの女」のような、見事な悪女やってみてほしいです。


心配、無用 「嘘の戦争」

草なぎさんの「嘘の戦争」の始まる日。
お正月番組も終わって、見応えあるドラマが見たいな~と思っていたところの開始のタイミング。
どんなドラマかと期待して見ましたら…。
気合が入っているのは予想がつきましたが、草なぎさんの演技の切れ味は予想以上。

タイのバンコクの夜。
毒々しいネオンの中を泳ぐ姿は、一匹の野良犬。
一転してスーツ姿で病院に入る姿は、やり手の営業マンにしか見えない。
経営コンサルタントとして近づく姿は、世界で通用するエリート。

彼女との別れ話をこじれさせケガをする姿は、普通の青年。
育った園で子供と戯れる姿は、子供の影が抜けきらない少年。
園長に話す姿は、本気で泣いているとしか思えない子供。

狡猾な詐欺師。
怒りに我を失う、その憤怒の表情。
嘘は嫌いだ。
深い傷を持ち、その傷口がまだパックリと口を開けているのがわかる表情。

笑った…。
なぜ、笑う。
俺の受けた思いをお前たち全員に。

これはいろんな貌ができなくては、やれない。
どれが本当の顔なのか。
すべてが本当で、すべてが嘘。
この迫力に飲み込まれました。

良い演技、良い表情しますね~。
バラエティで見ていた表情なんて、吹っ飛んでしまった。
心配、無用。
草なぎ剛さん、見せます、魅せます。