こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドラマ・連続サスペンス
CATEGORY ≫ ドラマ・連続サスペンス

最後に笑うのはワ・タ・シ? 武井咲ちゃんの「黒革の手帖」

武井咲ちゃん主演の「黒革の手帖」を見ています。
米倉涼子さんの「黒革の手帖」がまだ最近みたいな気がしますが、結構経ってるんですね。
あのドラマからしばらくは米倉さんが、松本清張の悪女ものをやってました。

山本陽子さんの元子は、すさまじいばかりに破滅。
全員から、見事にやり返されました。
浅野ゆう子さんの元子も、手に入れたものを全部失った。
でも最後、新宿で「まっすぐ」「まっすぐ歩いていた」ところを目撃される。

最後のテーマ曲も、希望を持たせる感じだった記憶があります。
それもあってラストはたくましく再起を図っている、というところかな。
飯屋に現れる野良猫に、元子の姿が投影されてました。
山本陽子さんはもしかして、殺されるの?って思わせるような終わりでしたから。

さて、武井咲ちゃんの元子。
ちょっと若過ぎるかもと思ったのは事実ですが、銀座で一番若いママということでそこはクリア。
何より、武井咲ちゃんが和服が似合う落ち着いた雰囲気を出せてました。
若さと無鉄砲さが出てて、意外なほど良い。

山本陽子さんとも、浅野ゆう子さんとも、米倉涼子さんとも違う元子になっています。
やってることは悪いことなんですが、周りもかなり悪どく見えるように作っている。
先週のラストでは、追放された波子が戻ってきてました。
さらに元子の横領がもとで、銀行員としての人生を棒に振り、転落して恨んでいる村井もやってきた。

黒幕は、政界にも大きな影響力を持つ、フィクサーの長谷川。
これが伊東四朗さんで、なかなか怖いところが出てます。
波子と村井が高笑いしているところで終わってました。
この感じだと、元子も無事では済まないけど、痛み分けぐらいに持っていくラストかなって思いました。

原作があるのでそういうラストが、許されるのかわかりませんが。
次回が楽しみです。
武井咲ちゃんは役の幅を、広げましたね。
今回の「黒革の手帖」は「黒いドレスの女」みたいな、「最後に笑うのはワ・タ・シ」なのかな。

波子を演じている仲里依紗さんが、すごく良いです。
「あなたのことはそれほど」も良かった。
今後が楽しみな女優さんです。
こちらは「白いドレスの女」のような、見事な悪女やってみてほしいです。


スポンサーサイト

心配、無用 「嘘の戦争」

草なぎさんの「嘘の戦争」の始まる日。
お正月番組も終わって、見応えあるドラマが見たいな~と思っていたところの開始のタイミング。
どんなドラマかと期待して見ましたら…。
気合が入っているのは予想がつきましたが、草なぎさんの演技の切れ味は予想以上。

タイのバンコクの夜。
毒々しいネオンの中を泳ぐ姿は、一匹の野良犬。
一転してスーツ姿で病院に入る姿は、やり手の営業マンにしか見えない。
経営コンサルタントとして近づく姿は、世界で通用するエリート。

彼女との別れ話をこじれさせケガをする姿は、普通の青年。
育った園で子供と戯れる姿は、子供の影が抜けきらない少年。
園長に話す姿は、本気で泣いているとしか思えない子供。

狡猾な詐欺師。
怒りに我を失う、その憤怒の表情。
嘘は嫌いだ。
深い傷を持ち、その傷口がまだパックリと口を開けているのがわかる表情。

笑った…。
なぜ、笑う。
俺の受けた思いをお前たち全員に。

これはいろんな貌ができなくては、やれない。
どれが本当の顔なのか。
すべてが本当で、すべてが嘘。
この迫力に飲み込まれました。

良い演技、良い表情しますね~。
バラエティで見ていた表情なんて、吹っ飛んでしまった。
心配、無用。
草なぎ剛さん、見せます、魅せます。


覚醒 「スペシャリスト」最終回で

「スペシャリスト」が最終回を迎えました。

滝道「犯罪者じゃないのが、もったいないんだよ」。
宅間「俺は…、刑事です」。
「我々」への参加拒否。

永遠に宅間とは相容れないとわかった滝道の表情が、良かった。
鶴田真由さんの犯人は、殺したと思った真里亜の父親が生きていると知ったら、どうなんでしょうね。
彼女とか矢田亜希子さんとか、井上和香さんはまた登場してほしい悪女。

ラスト3話。
宅間は、失った時間を取り戻そうと戦った。
「殺してやりたい…」。
この言葉を言って、銃を向けた時の宅間。

全身から憎悪が立ち上っている。
憎悪、怒り、哀しみ。
どす黒いもので宅間が覆われていた。
善と悪の間を行き来する宅間の危うさが出る。

宅間だからもちろん、「我々」が警視庁にいるのは、わかっていた。
しかしまさか、一番最初から接して来た人間が「我々」だったとは驚きだったと思う。
滝道が関係者なのは、視聴者にはわかっていたけど。

野方は、「おぉ~!」でした。
いや、京都から一緒に来た仲間に「我々」がいなくて良かった。
宅間が人へ絶望するところだった。
良かった。

野方はずっと、宅間に嫉妬してたんでしょうね。
宅間は彼が欲しかったものを持っている。
しかし「我々」は、彼らで終わりなんでしょうか?

佐神もいますしね。
「私は貴方のネガ」。
「私とあなたは、決して交わらない」。

佐神は宅間に、「こちら」に来てほしいとは思っていない。
ただ、自分と戦える力を持つ相手がいるのが楽しい、うれしい。
厄介といえば厄介な相手です。

連続ドラマは、「我々」との決戦だけじゃなかった。
宅間が悪に転ばず、刑事の自覚と使命に目覚める過程を描いた。
過去を克服し、新たにスタートするドラマだった。
こうなるから、だから「我々」は、宅間は消さなければならなかったんだとわかる。

「覚醒」した宅間が、犯罪者と戦う。
宅間にチャレンジする知的犯罪者たちとの戦いは、シーズン2で見せてほしい。
悪に引き込まれそうになるかもしれない宅間に対して、ハラハラもしました。
草なぎさんは宅間を、繊細に演じてましたね。

姉小路の2年10ヶ月一緒という言葉は、SPを思い出して、ジーンとする。
宅間にとって姉小路は、相棒。
そして、「現世」に留める重要なストッパー。

良いドラマだったと思います。
宅間は良く、お菓子食べてました。
お菓子用意して、シーズン2待ちます。


さすが宅間 「スペシャリスト」

終わってしまった「スペシャリスト」。
「相棒」も「化捜研の女」も終わって、寂しくなりました。
来週のこの時間が寂しいなあ。

「相棒」が今回で終わりかと思っていたんですが、続きます。
「スペシャリスト」もこれ、シーズン2ありますよね?
「我々」が復活する。
黒幕が、まだいる。

最終回、さすが宅間だ!と思いました。
ネタバレになりますが、宅間と一緒にやって来た中に裏切りがなくて、良かった。
姉小路が締めて、やっぱり宅間と姉小路は最高のコンビでした。

見ていた、お年寄りと言われる世代の人は、「草なぎくんは男っぽい役が似合うようになったね」と言っていました。
話はたまについていけなくなった時もあったみたいですが、ずっと見てました。
躍動感あったんだと思います。
シーズン2が、待ち遠しいな…。

上様がこのようなところに?! 「スペシャリスト」

う、う、上様?!
まさか!
上様がこのようなところにおられるとはっ?!

…と昨日の「スペシャリスト」見た方で、叫んだ方。
「我々」のボスは上様?!
松平健さんの登場です。
私、盛り上がりました。

いや、やっぱり、ここは大物俳優さんがほしかったポジションです。
しかしここで、草なぎさんとも何度も共演している松平さんが来るとは。
ニクいキャスティング。

個人的な勝手な感想なんですが、松平さんは草なぎさんにかなり期待してるんじゃないかな?
舞台に呼びたいと思ってるように感じます。
この対決は、続いてほしい!