こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

最強の殺し屋は恐妻家

通勤電車の中で見ている広告に、「最強の殺し屋は恐妻家だった」というものを見つけました。
伊坂幸太郎の殺し屋シリーズ「AX」(アックス) 。
この広告で私が思い出すのは、もちろんというか、例によって「中村主水」です。

つくづく、中村主水って言うのは良くできたキャラクターです。
緒形拳さんが梅安のことを、「裏の顔と表の顔が明確に分かれているキャラクターは演じてておもしろい」って言いました。
さらに緒形さんは、自分が「必殺」で演じた殺し屋は武士じゃないけど、中村さんは武士だからねと言ってました。
だから同じ殺し屋で、表と裏の顔があっても違うって言っていたような気がします。

中村主水って、本当に良くできているキャラクター。
あの落差、実に魅力的。
俳優だったら、演じてみたいキャラクター。
作家だったら、描いてみたいキャラクターなんでしょうねえ。


スポンサーサイト