こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕事人 ≫ おしま頑張る 「必殺仕事人」79話

おしま頑張る 「必殺仕事人」79話

テレビ埼玉で放送された「必殺仕事人」79話。
「暗闇仕留人」の妙心尼も演じた、三島ゆり子さんの熱演。

常々、年増扱いされて「許せないわぁ~」というおしまが大ピンチ。
三島さんの演じるキャラクターって、どこか暖かみがあって、コミカルで笑いを誘うものが多い。
この、おしまも加代と良いコンビ。
それが、それが、火付け盗賊改めに捕縛されてしまった。

火付け盗賊改め、「鬼平犯科帳」で知られる通称、火盗改め。
放火、盗賊、博奕を主に取り締まり、奉行所とは違って機動性を重視しているので、奉行所では管轄外の僧侶や旗本も取り調べられる。
つまり、手順を踏まないで取調べができる。

その取調べは相当に厳しく、奉行所では禁止されている拷問もやったそうです。
だから火盗にかかると、大概の者は白状するらしい。
もちろん、やってなくても白状してしまったりもするし、死んじゃったりもする。

でもここは奉行所と違って裁判やったり、治安守ったりもしないで、犯罪者を減らせばいいので、これもありだったらしい。
とにかく恐れられることも、犯罪を減らす手段のひとつ…というわけでしょうか。
しかし、これ、迷惑だったりもするんじゃないですかね。

強盗とか、紙と木でできている江戸の町に放火とか、今だってとんでもない凶悪犯罪なので、恐れられて取り締まることは絶対必要なのはわかるんですけど。
鬼平みたいな火盗より、悪役の方が多いせいかもしれませんが。
「江戸を斬る」という時代劇で、西郷輝彦さん演じる遠山金四郎と対立する火盗改めを演じた成田三樹夫さんは、カッコよかったですけど。

それで、ここは町奉行所とは違う組織の為、取調べは役宅で行うんですね。
ここに送られたら、生きて出られないと言われる恐怖の屋敷。
そこにおしまが、捕まっちゃったんですね。

おしまも普段のおしまを知っていると、心が痛むほど過酷な拷問を受けます。
それでも仕事人のことは話さないおしま、根性あります。
それだけでもう、只者じゃないです。
おしまを助けに、潜入する仕事人たち。

そしておしま、これ以上責められるなら、斬られた方がいいだろう、もしかしたら喋ってしまうかもしれないし、と思ったのか、逃げ出そうとする。
斬られそうになったおしまを、仕事人たちが助ける。
瀕死のおしまの足に、綺麗だと言ってむしゃぶりつく外道は、秀さんが仕留めてくれました。
いやー、おしま頑張った!

年増女とか何だとか、いろいろ言われて、どちらかというと笑われるキャラクターだけど、根性は普通じゃないところを見せた。
やっぱり、仕事人だ。
おしま、お疲れ様。
誰も、おしまをバカにはできない。


スポンサーサイト

Comment

編集
「仕業人」だと、口を割る前に殺せと言ってますが(まあ、実際には、そうはならない!(笑))「仕事人」だと、その辺り、チームワーク(?)がいいんでしょうか?

「あんた、この違いどう思う?」(笑)
2010年10月30日(Sat) 02:53
>都の商売人さん
編集
>都の商売人さん

>「仕業人」だと、口を割る前に殺せと言ってますが(まあ、実際には、そうはならない!(笑))「仕事人」だと、その辺り、チームワーク(?)がいいんでしょうか?

「仕業人」って互いを信じ切ってない。
最終的には自分でどうにかしろ、でなきゃ手を下す。
だけど、どうにかできると思ってはいる。

そんなドライな、ほんと、裏稼業する上で仲間が必要だから繋がってるだけ、でもプロとして信じてはいる…という風に見えました。

置かれた状況が厳しかったですね。
やいとやは個人主義だし、剣之助は慣れない芸していて全く余裕ないし、主水も自分のことで一杯。

主水にはまだ、剣之助を武士として理解や共感できるところがあるけど、剣之助がお尋ね者であることから、あんまり関われない。
「仕置屋」で、情が芽生える痛みを味わってしまったのかも。
一方、お尋ね者の剣之助は人と関わらないし、やいとやには理解や共感がない。

そんなわけで、お互い個人的な関わりは、ほとんどなし。
興味もなし。
だけど、裏稼業の特殊な仲間関係、地獄の道連れという強い繋がりがある時もあり。

戦友だったり、友情があったりして絆があった仲間とは違い、「仕業人」って、なかなか一筋縄ではない仲間でしたね。

「仕事人」では主水はいくつも修羅場を経験して、こなれたというか、悟った、もう保護者みたいなところがある。
理解の足りない私なりの印象ですが、そんな感じに見えます。
2010年10月30日(Sat) 20:14
編集
仕事人も終盤に入って、ドラマ的にまた引き締まりつつありますね。ただ、やはり「元締め不在」がネックですねぇ。
最初から元締めがいなければ、もっと仕事人自身が追い詰められた話も作れたんでしょうけど、おしまがピンチになろうとも、次の話で秀と左門さんの正体が相手にばれて(新仕置人の最終回みたいに、主水さんがジョーカーとして機能していればまたひと味違ったのでしょうが)いようとも、イマイチ危機感というか、このままではどうにもならないという閉塞感というか・・・そういうものが画面から漂ってこないんですよね。

秀人気があるから、主水さんもうかつに秀を迂闊に殴れなくなっちゃいましたね。何が何でもおしま救出を言い張る秀・・・初期なら主水さんか左門さんにぶん殴られていましたよねぇ。^^;

っで、秀にしても言い張るだけで、おこうを単身助けに行った印玄ほどの気概も覚悟もないし。
そんな秀に罵声を浴びせられて黙っている主水さんに違和感でした。
まさしく保護者って感じなんですねぇ。

おしま!
以前から印象が薄いキャラなんですが、やはりいまいち感は拭えないですね。加代と二人で出てきても、いいところは加代が持って行ってしまう。
基本的に仕事の打ち合わせの場を提供しているだけで、仕事にも滅多に参加しない。
せっかくの三島さんなのに、これでは新仕事人以降出番がなくなってしまったのもむべなるかな。
半ちゃんと言い、おしまと言い、もう少し出番を作れなかったものか・・・。せっかくのキャラを飼い殺しにしちゃって、許せないわぁ~。
2010年11月02日(Tue) 12:36
オギャンさん
編集
>オギャンさん

まず、最初にずばり!
お見事!

言葉にならなかったけれど、感じていたこれまでとの違いを言葉にしていただいた。
そんな感じです。

>仕事人も終盤に入って、ドラマ的にまた引き締まりつつありますね。

おもしろくなってきたと思いました!

>ただ、やはり「元締め不在」がネックですねぇ。

元締めがいるのに出てこないのは、どうしても不自然なんですよね。
おそらく、俳優さんの体調や、復帰を待つスタッフの気持ちなんだと思うんですが…。

作品が長いだけに、初見の時も無理を感じたのも確かです。
気配というか、存在が感じられなくなってしまったのは残念。

>おしまがピンチになろうとも、次の話で秀と左門さんの正体が相手にばれて(新仕置人の最終回みたいに、主水さんがジョーカーとして機能していればまたひと味違ったのでしょうが)いようとも、イマイチ危機感というか、このままではどうにもならないという閉塞感というか・・・そういうものが画面から漂ってこないんですよね。

「仕事人」最終回を見て、書こうとは思っていたんですが、確かにこれまでの作品では、すごい危機感があったんですよ。
最終回はほんと、誰がどうなっても不思議ではない。

それに対して、「仕事人」はどこかに安心感があるんです。
「死んじゃうの?」「死んじゃうの?」ってハラハラ、ドキドキ感があんまりない。
「仕事人」見ていると、これがヒットに繋がって長期シリーズになったんですから、時代に望まれた判断、時代に乗った判断だったんでしょうけど。

>秀人気があるから、主水さんもうかつに秀を迂闊に殴れなくなっちゃいましたね。

そうそうそう、先ほども書きましたが、そうなんですよね。
望まれた結果、ヒット作への気遣いかなあ、と。

>何が何でもおしま救出を言い張る秀・・・初期なら主水さんか左門さんにぶん殴られていましたよねぇ。^^;

あの、最初の頃の、若造・秀への鉄拳制裁ってすごかったですよね?!
捨三はよくやっていてもたまに殴られてましたが、正八とか。
これ、最初の頃なら殴り飛ばされてましたよね~…。
仕置人さんたちはやっぱり殺し屋、命を落とす覚悟で仕事している。
だからちょっとでも甘い考えをする若造に対して、容赦なく怖かった。

>っで、秀にしても言い張るだけで、おこうを単身助けに行った印玄ほどの気概も覚悟もないし。

つらい過去がある印玄が、仲間を単身助けに行く。
そう考えると、これまでの作品にあるハードさはないですね。

>そんな秀に罵声を浴びせられて黙っている主水さんに違和感でした。
>まさしく保護者って感じなんですねぇ。

もう、物分りのいい先輩仕事人ですよね。
主水も丸くなったなあ…というか、大人になったなあ…というか。
もはや、そういう立場。

>おしま!
>以前から印象が薄いキャラなんですが、やはりいまいち感は拭えないですね。加代と二人で出てきても、いいところは加代が持って行ってしまう。

おしまさんというおもしろいキャラクター、もっと活躍させてほしかったですね。
妙心尼なんか本筋に関係なくても、彼女込みで作品自体が印象に残っちゃってますもん。
対しておしまは、最後は駕籠に揺られて、ああ、これでお終い…でしたね。
あっさりしすぎて、かえって寂しい。

>半ちゃんと言い、おしまと言い、もう少し出番を作れなかったものか・・・。せっかくのキャラを飼い殺しにしちゃって、許せないわぁ~。

レギュラーを愛情ない扱いした後の作品には、かなりガッカリしました。
別におしまと加代のことではないんですが、あるキャラクターを捨て駒のように存在させるのではなく、本人を活かした方が絶対おもしろくなると思います。
食われちゃうとか思わずに、脇キャラまで動かした方が最終的に作品全体がおもしろくなってる気がします。
2010年11月02日(Tue) 15:15
No title
編集
この話、中盤でお島を逃がす算段を主水達がしてる時
左門が冒頭に秀がした殺しに感づかれたのか、と言及するんですけど
その時「仕置」って言葉を使ってるんですよね。

やはり一応仕事人第一シリーズの時は、まだ仕置人からの流れも
残ってたのかなあと思いました。
これ以降になると、ほんと仕置って言葉がまるで出てこなくなりますので。
2014年10月26日(Sun) 15:50
古畑さん
編集
>古畑さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
返信遅くなってごめんなさい。

>この話、中盤でお島を逃がす算段を主水達がしてる時
>左門が冒頭に秀がした殺しに感づかれたのか、と言及するんですけど
>その時「仕置」って言葉を使ってるんですよね。

仕事人たちから「仕置き」って言葉は、ちょっと違和感ありますね。

>やはり一応仕事人第一シリーズの時は、まだ仕置人からの流れも
>残ってたのかなあと思いました。
>これ以降になると、ほんと仕置って言葉がまるで出てこなくなりますので。

仕置人、仕置屋はあるけど、仕事屋があって、仕事人はなかった。
つまり、仕事人という名前は、今までの集大成みたいな作品にするつもりだったのかも知れませんね。

仕置人というとやはり「鉄」のイメージ。
秀や左門は仕事、ってイメージで、私も今は固まってるんだなあと思いました。
2014年11月01日(Sat) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL