テレビ埼玉と時代劇専門チャンネルの両方で、「新・必殺仕事人」を放送しているので、今日はどっちが何を放送したか、混乱します。
時代劇専門チャンネルの方が、テレビ埼玉より回が進んでますね。
それで、テレビ埼玉の方でついこの前、第17話「主水心中にせんりつする」 が放送されてました。

身分違いの恋の末、旗本が百姓の娘と心中した。
事実を隠すも、人の口に戸は立てられないのことわざどおり、この心中話は噂になる。
これを聞いた加代は、心中するほどの恋に憧れてしまう。
そんな時、加代は何でも屋で請け負った仕事先で、酒の代金の代わりに刀を置いていく浪人・井上と知り合う。

加代と井上はやがて恋に落ち、真剣になった加代は仕事人から足を洗おうとする。
おりくは同じ女性として、加代に理解を示してくれた。
だが、主水はかつての仲間で悲惨なことになった例をあげて、加代を引きとめようとする。

加代が恋した井上だが、仕官の為にある一家を斬殺していた。
そこで井上は、仕事にかけられる。
恋した男は、仕事にかけて良い外道だった。
衝撃を受ける加代。
おりくは加代を気遣うが、加代は仕事を引き受け、そして自ら手を下す決意をする。

「待っていてくれ」と言った井上。
その言葉どおり、加代は待っている。
加代に井上が近づいた時、加代は匕首で井上を刺した。

「な…ぜ…」。
驚愕の目で加代を見る井上。
井上を見上げる加代。
その時、背後から井上を主水が刺す。

加代が震えて、座り込む。
匕首が硬直した手から離れない。
加代が握り締めた匕首を外してやる主水。
匕首の先に、井上の血がついている。

それを見た主水が言う。
「こんなもんで、人が殺せるわけがねえ。いいか、殺ったのは俺だ。いいな」。
無言の加代をおりくが肩を抱いて、立たせる。
一点を見つめたままの加代を、おりくが連れて行く。

その後、中村家では、絵草子を見たせんとりつが、その中の登場人物の優しさと気遣いに感動している。
このような殿方は、絵物語にしかおられぬものか…。
うっとりとした2人に、主水が無遠慮に茶碗を突き出し、「おかわり!」と言う。



仲間が好きな人の為、足抜けをする話というと、ざっと思い出すのが「暗闇仕留人」の「懸想して候」のおきん。
主水も大吉も渋い顔をして、今さら抜けさせるかという反応に対して、花束を持ってきて祝福するのが貢。
涙ぐむおきん。

そんなことさせるか、と言う大吉に、「そりゃあんたの勝手だろう。人に押し付けるのはどうかと思うね」と言ってのける。
仲間が幸せになるのが、なぜいけない?
裏稼業の常識というか、そんなもの全く考えにない、普通の寿退社扱いする貢に大吉、唖然。

しかし、おきんを繋ぎとめておけなかった自分が悪い、お願いだからおきんを行かせてやってくれと半次が懇願する。
自分の幸せを思ってくれる半次の気持ちに、涙するおきん。
だが、相手の男は殺し屋の1人だった。
しかも、元締めは金次第で何の罪もない人間を殺せと命令する外道。

この仕事さえ終われば、自由にしてやる。
その言葉に、彼はお店乗っ取りを狙う女の依頼で、子供を手にかける。
外道仕事を知った仕留人、そしておきん。
泣く泣くこの恋を諦め、男が仕置きにかかるのを黙認する。

何で殺したんだ、何で…。
結局、自分は普通の幸せには縁がないのか。
殺し屋は殺し合うのが運命なのか。

男の仕置きを見届け、翌日も放心するおきん。
そのおきんの横には、明るく、でたらめな商品を売りつける半次の姿。
おきんの顔に、少し笑みが戻る。
半次がうれしそうな顔になる。
鉄火肌のおきんの、悲しい恋。

「仕事屋稼業」でも政吉が一緒に逃げようと決心した女が、殺し屋の一味だったことがありました。
「新・仕置人」はもう、正八がメインの名編があります。
最初、遊びで付き合ったおたみという女性の一途さに、いつしかカタギになりたいと願う正八。

だが、鉄は許さず、どうしても抜けるなら、女ひねり殺してやると言う。
鉄に食って掛かる正八、到底かなわずぶっ飛ばされる。
主水も「俺だってカカアはいる。だが足洗うのだけはよせ」と忠告する。

だが、正八は追われる覚悟で、おたみと江戸を出る決意をする。
しょうがねえ、俺が殺してやると言って出て行く主水。
キセルをふかしながら、「しょーがねえ野郎だ」とつぶやく鉄。

しかし、おたみは悪事に気づいたと勘違いした悪党に殺されてしまう。
おたみと子供と、3人の生活を夢見ていた正八は泣き崩れるが、その脳裏に鉄の言葉が浮かぶ。
「女、ひねり殺してやる」。

殺したのは鉄と確信した正八は、匕首を抜いて鉄に斬りかかる。
正八をねじ伏せず、かわすだけの鉄。
己代松が頭に血が上っている正八を押さえつけ、やったのは仁吉で、しかも正八の不注意が原因だったと怒鳴る。

呆然とする正八。
畳みに刺さった匕首を抜き、その正八の前に差し出して「こればっかりは誰にも譲れねえだろう。…仁吉を殺るか?」と聞く鉄。
黙って匕首を取る正八を見て、「松、八丁堀呼んで来い!今夜やる!」と鉄が言う。

己代松が出て行くと、鉄が言う。
「一度人を殺したら、もう、足を洗いたいなんて甘いこたぁ言えねえぞ」。
「もう思い残すこと、ねえもん」と正八が答えて、鉄が笑う。

加代の場合は女性だし、直接殺しはしていない点で、おきんのパターンに近いでしょうか。
相手が外道仕事をして、結局、仕事にかけられて、一緒になれないところも。
しかし、自ら絶望して手を下すのは、正八っぽい。
正八の場合は、恋人を殺された相手で、いわば仇討ちさせてやるのが気遣いですけど。

加代が最後、刺したけどトドメは刺してない。
相手を確実に殺したのは、主水。
やっぱり、密偵で、女性で、恋人だった男に加代に手を下させるには忍びなかったんでしょうね。

加代が自分で殺したという罪を、背負わないようにしてやる。
確かに匕首の先は血に染まってましたが、あれで死んだかどうかはわかりません。
割と深かったような気もするし、致命傷ではないような気もするし。

何だかんだ言って、主水は優しいんです。
きっと、おきんの時も、正八の時も、最後は何とかしてやるつもりでいたには違いない。
正八の時は中村家で「私もかわいそうだと思うんです」と口走り、せんとりつに浮気をしていると誤解されてますし。

「新・仕置人」で、はっきり出てましたが、彼ら殺し屋には殺し屋の優しさがある。
それも、ちょっと普通はない形の。
こんな葛藤も苦悩も知らず、能天気に勝手なことを言っているのはせんとりつ。

その気遣いができる男が、まさに目の前の婿殿とは知らない2人は憤慨し、呆れ、主水を軽蔑する。
主水はそんなことには構わず、おかわりをする。
この「おかわり!」という言い方が、本当明るくて、雰囲気ぶち壊しで思わず、笑ってしまいました。

軽蔑を平然と受け止めること自体、主水の器が大きいってことですが。
いいんです、中村家はこれで。
これで、ホッとして日常に戻って、終わるんですね。


スポンサーサイト
2010.12.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1523-e7c55212