こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP時代劇・特別ドラマ枠 ≫ 殿、天下が見えましたぞ 7時間時代劇「戦国疾風伝 二人の軍師」

殿、天下が見えましたぞ 7時間時代劇「戦国疾風伝 二人の軍師」

2日の日は、初売りに行ってきました。
根性なしなので、福袋争奪戦には加われず、でもお菓子の福袋とか楽しいんですよねー。


早々に帰ってきて見たのは、テレビ東京系の新春ワイド時代劇「戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち」。
7時間時代劇で、確か以前は12時間時代劇とか10時間時代劇でした。
ワンクールを1日で放送してしまうんですから、すごい流れとは言え、家にいると見ている。

主演の黒田官兵衛は高橋克典さん、竹中半兵衛は山本耕史さん。
豊臣秀吉は西田敏行さん。
あれ、西田さんってその昔、NHKの大河ドラマ「おんな太閤記」で秀吉やりませんでした?
女性中心で描いた太閤記で、ねね役は佐久間良子さん。

この時の茶々は池上季実子さんで、これがピッタリだった記憶があります。
ねねの人徳者であるのをわかりやすくするためか、国を滅ぼす美女ということを強調して描かれてましたね。
「もはや豊臣家はねね殿ではなく、淀君のもの」というようなことを言われ、満足そうにほくそえんでました。
さらに宅麻伸さんが石田三成だったという指摘があったのですが、すみません、こちらは忘れました。
それで宅麻伸さんも「二人の軍師」に出演しているんですね。

加藤雅也さんが織田信長、 似合ってましたねー。
見ていて、今で言えば、こんな怖くて無茶言う上司なんかもう俺やだ!
会社辞める!でしょうが、この頃はそういうわけにいかなかったでしょうから…なんて思いました。
高橋さんも山本さんも、予想以上に良かった。
官兵衛の若い頃から晩年まで高橋さんは違和感なく、変化を演じていました。

本能寺の変を知り、嘆く秀吉に「殿、天下が見えましたぞ」と言う。
ここ、凄みがありましたね。
嘆きの中に少しでも野心が見えたことを、家臣が見透かしていたこと。
家臣にそんなこと見透かされるのが、どんなに嫌か。

同時に、主人の死を出世のチャンスと受け止める抜け目のなさ。
後に老いた官兵衛は、あの時、この言葉を言った時から秀吉が自分に心を許さなくなったと言ってました。
それも納得…、の凄み。

そして、関が原後、息子が家康に右手を取って誉められたことを報告すると、「左手はどうしていた?」と言う。
家康に誉められ、報奨を与えられたことを無邪気に報告する息子。
つまり、誉められても左手を遊ばせておくなど、もってのほか。
官兵衛は刀に手をかけておけ、いつでも家康を殺せるようにしておかなくてどうする…という心構えを持っていたんですね。

しかし、次の瞬間、笑い飛ばす。
天下などもう望んでいない息子に腹立たしさを覚えながら、そんな時代ではもうないのだということを自覚する。
そして、自分は隙あらば殺すのが当たり前だった戦国の人間だ、ということも悟る。
このあたりの高橋さんの演技も、見事。
これならもっと時代劇やってほしい!と思いました。

それから、ねね役が余貴美子さんでした。
これはうれしいキャスティング。
余さんで、ねねのドラマを見たい…と、また思ってしまいました。

7時間時代劇、時間が足りなくて、ダイジェストみたいになっているところとか、合戦のシーンが見たかったところとかありましたが、結果的に飽きずに全部見られました。
テレビ東京さん、来年も頑張って、長時間時代劇お願いします!


スポンサーサイト

Comment

冬期 連続ドラマを期待して
編集
すっかり三が日も過ぎ、仕事始めとなってしまいましたが………
あけましておめでとうございます。

このテレ東ドラマスペシャルは見逃しました。余貴美子ファンとしては不届き者ですネ(汗)。
今年の正月ドラマは『相棒9』と『赤い指』(加賀恭一郎シリーズ)くらいしか観ていませんでした。
昔はNHKなど向田邦子のドラマが楽しみでしたが、いまはバラエティー花盛りですからね……キライじゃないので、どれも馬鹿みたいに笑って見て過ごしていました(笑)。

さて冬の連続ドラマが始まりますが、
NHK「フェイク」は財前直美久々の登場で楽しみにしていたのですが、京都弁の違和感なのか、来週のゲストも含めて登場人物のキャスティングが民放2時間ドラマのてんこ盛りみたいで、その軽いサスペンスタッチが肩すかしを喰らった思いでした。

「LADY~最後の犯罪プロファイル」をはじめ「CONTROL~犯罪心理捜査」「悪党~重犯罪捜査班」「告発~国選弁護人」「ホンボシ~心理特捜事件簿」など、今季も犯罪ものが多いシーズンですが、北川景子ちゃんは美人女優好きのぼくには一番の期待作ですかね。
初っぱなから2時間オーヴァーのスペシャルで始まるのもTBSの力の入れようが半端ないっスね。
松下奈緒さんの民放初主演も楽しみ。ゲゲゲの女房をどれだけ吹っ切れるかでしょうが、熱血漢で男勝りの酒豪の女刑事というキャラを楽しんでみようかな。

余さんのドラマは、NHKで「恋する日本語」がレギュラー化されますね。また、奥田英朗原作の「Dr.伊良部一郎」では色っぽい看護士役。これは楽しみだす。

と云う事で、今年もドラマ話でお邪魔するでしようから、ヨロシクです!

2011年01月06日(Thu) 13:07
micmacさん
編集
>micmacさん

あけましておめでとうございます!

>このテレ東ドラマスペシャルは見逃しました。余貴美子ファンとしては不届き者ですネ(汗)。

いえ、意外な出演でした。
新年早々、あのハスキーな声を聞けてよかったです。
やっぱり余さんはいいですね~。
ねねだろうと、茶々だろうと、絶対、こなしてくれるはず。

>今年の正月ドラマは『相棒9』と『赤い指』(加賀恭一郎シリーズ)くらいしか観ていませんでした。

私はこちらは録画しました。

>昔はNHKなど向田邦子のドラマが楽しみでしたが、いまはバラエティー花盛りですからね……キライじゃないので、どれも馬鹿みたいに笑って見て過ごしていました(笑)。

ありましたね、向田邦子さんのドラマ!
それと、正月時代劇がテレビ東京以外でもありました。

>さて冬の連続ドラマが始まりますが、
>NHK「フェイク」は財前直美久々の登場で楽しみにしていたのですが、京都弁の違和感なのか、来週のゲストも含めて登場人物のキャスティングが民放2時間ドラマのてんこ盛りみたいで、その軽いサスペンスタッチが肩すかしを喰らった思いでした。

うっかり見なかったのですが、そうだったんですか。

>「LADY~最後の犯罪プロファイル」をはじめ「CONTROL~犯罪心理捜査」「悪党~重犯罪捜査班」「告発~国選弁護人」「ホンボシ~心理特捜事件簿」など、今季も犯罪ものが多いシーズンですが、北川景子ちゃんは美人女優好きのぼくには一番の期待作ですかね。

はい、私も記事にしようと新ドラマのことを書いていたんですが、今期はプロファイリングが重なった印象。
「LADY」は沙粧妙子系、「CONTROL」はガリレオ系の印象で、それぞれ違って楽しみです。

>初っぱなから2時間オーヴァーのスペシャルで始まるのもTBSの力の入れようが半端ないっスね。

私も2時間?と驚きました。
それだけ、力入れてるってことでしょうね。

>松下奈緒さんの民放初主演も楽しみ。ゲゲゲの女房をどれだけ吹っ切れるかでしょうが、熱血漢で男勝りの酒豪の女刑事というキャラを楽しんでみようかな。

こちらも楽しみですね。
「ゲゲゲ」とは正反対のキャラにあえて、挑んだんでしょうか。

>余さんのドラマは、NHKで「恋する日本語」がレギュラー化されますね。また、奥田英朗原作の「Dr.伊良部一郎」では色っぽい看護士役。これは楽しみだす。

これはうれしい!
色っぽい看護師、って、すごくピッタリ。
似合いそう~。

>と云う事で、今年もドラマ話でお邪魔するでしようから、ヨロシクです!

こちらこそ、よろしくお願いいたします!
2011年01月06日(Thu) 23:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL