こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドラマ ≫ 見るものたくさん 1月スタートのドラマ

見るものたくさん 1月スタートのドラマ

どこかのお国の貿易黒字が、通貨安もあって過去最高だったそうです。
しかし、結局、部品やら何やらは日本から買っているから、対日赤字も過去最高だったそうです。
円高だし。

商売って、うまく出来てますよね、って。
たぶん、今さら研究・開発するより良いという選択のもと、やっていることなんでしょうけど。
自分で何か作り出せるって、大事なことだと思いました。

エンターテイメントなんかは最近、どうなんだろうと思ってしまう。
日本発のハリウッドものとか、多くなってきたみたいですけど。
やっぱり、どんな業界であろうと、何かを自分たちで作り出すって大変なことなんでしょうね。


さて、1月に始まるドラマが、だいたいわかりました。
これ見よう!というドラマも、だいたい決まりました。
といっても、最初はほとんど見るんですけど。

まず、1月11日の火曜日から始まる2つのドラマ。
火曜日のドラマって、すごく実験的だったり、斬新なものがある印象。
夜9時からフジテレビで「CONTROL 犯罪心理捜査」。
藤木直人さんが出演ですね。

去年「ゲゲゲの女房」で活躍だった松下奈緒さんが、女性刑事。
天才科学者と女性刑事のコンビというと、どこかで見たようですが、俳優さんの個性が違えば同じようなシチュエーションでも展開が変わってくるのでは。

その後、10時からが「美しい隣人」。
仲間由紀恵さんと、檀れいさん。
草笛光子さんも出演、これはミステリー?

ちょっと、「あなたの隣に誰かいる」を思い出しましたが、あんなスゴイ展開はないですよね。
あれは北村一輝さんだから、アリだったし。
北村さんの個性あってこその展開。
ストーカー題材のサスペンスと思ったら、伝奇ホラーだった。

水曜日は変わらず、「相棒」。
木曜日が9時から「告発 国選弁護人」。
出演が田村正和さん、真矢みきさん、橋爪功さん。
これまた、魅力的なキャスト。

そして10時から「外交官・黒田康作」。
映画「アマルフィ 女神の報酬」の続編だそうで、映画は3日の夜に放送してましたね。
渋い大人になった織田裕二さんの姿が見られるかな、と期待して見ることにします。

金曜日は、9時から「悪党 重犯罪捜査班」。
主演は高橋克典さんで、こちらも警察ドラマでしょうか。
高橋さんは7時間時代劇で、演技の幅が広がったのを見たので、こちらも期待。

10時からは「LADY 最後の犯罪プロファイリング」。
北川景子さんとか、木村多江さんとか、女優が豪華な感じがします。
「CONTROL 犯罪心理捜査」みたいなのかな、プロファイリング。

でもこちらは「沙粧妙子最後の事件」を連想しました。
女性だからか。
藤木さんのドラマとどう違うのか、それもまた楽しみ。

そして、日曜日は日曜劇場「冬のサクラ」。
草なぎ剛さんと、今井美樹さんのラブストーリー。
これ、記憶喪失の今井さんの夫・高嶋政伸さんが狂気の演技で突っ走ってくれるかもと期待してます。

見ただけですが、高嶋さんの演じる息子と、江波杏子さんの演じる母親の関係が、昔見たドラマの佐野史郎さんと野際陽子さんを連想します。
もう、この佐野さん演じる息子・冬彦さんが幼児性丸出しで独占欲と執着心が強くて、みんな「怖い」「不気味」言いながら楽しんじゃった。
今週は冬彦さん、何やらかすんだ!ってもう、楽しくなっちゃって。

演じていた佐野さんは、現場で木馬見せられてアッサリ、「はい、乗ってください」と言われたとか。
でももう、思い切ってやろう!と開き直ったそうですね。
あやしげなクラブで首輪つけられて、女性に踏みつけられているシーンでは、賀来さんが「がんばってー!」とか声をかけて見ているから、「うるさーい!」と返していたとか。

あれを演じていた時は、マクドナルドで隣になった女子高生が気づいて、「きゃー!」と悲鳴あげてどいたとか。
取材の時、地下鉄でもホームから人がのぞきこんでましたっけ。
「怪物か何かと思ってるんでしょうね~」と佐野さん。

いや、もう、この息子と母親が密接すぎて、ヒステリックで、感情的で、これだけでもドラマが成立しちゃったんですよねー。
そこまですごいキャラクターにする必要はあるのか、とも思いますが、既婚者との恋愛でも、彼女を悲惨な状況から救うという設定だと応援したくなると思います。

しかも、こんな姑と夫に阻まれるなら、余計。
2人の純愛物語は、かなりおもしろくなるのでは。
同じTBSだから、期待してます。

今のところ、期待できそうなドラマが多くて、楽しみですよ~。
見るドラマたくさんだと、楽しいですね。
しかしまずは、「任侠ヘルパー」の2時間SPです。


スポンサーサイト

Comment

編集
昨年末に新しくBD/DVDレコーダー〈REDZA〉を購入しました。
今までのはパイオニアのレコーダーでデジタルチューナーではなかったので、思い切って購入したのですが、操作がかなり煩雑になり、休みは編集やダビング操作に明け暮れていた次第。
 CMチャプターがうまく機能して、再生のときの飛ばし見にストレスを感じないのですが、この新しい機能につまづいてしまいました。

先日録画した、この冬一番楽しみにしていた『LADY』。
無事に録画をし、今日観るのをたのしみに、一気鑑賞をしようとCM削除をしたのですが、まだ慣れなかったのか、ウッカリ、最初のCMが入るまでの20~30分を間違えて削除してしまったのですぅ~。
自分の凡ミスにmショック!!
正味90分足らずを楽しみはしましたが、再放送はないかなぁ。

翔子が赴任した経緯や、晶との関係、柘植や岡林との出会いのシーンが、どんな風に展開したのか、公式HPであらすじだけはわかるのですが、ここはちゃーすけさんの助けを借りて、臨場感と映像的雰囲気を教えてくださ~い(笑)。

2011年01月08日(Sat) 18:15
編集
あけましておめでとうございます。
冬ドラマが次々とスタートし始めますね。
私は秋は「スペック」にハマりましたが冬は草なぎファンとしてはやはり「冬のサクラ」が楽しみです。TBSということで不安も大きいですがCMを観たら草なぎ君はじめ役者達がとても美しくドラマ全体の雰囲気も凛然とした清らかさと同時に凶凶しさもあって、とても面白そうな気がしてきました。高嶋さんの冬彦さん化、私も期待してます。
「任侠ヘルパー」もドキドキしてます。裏が強力ですがさらなる続編のためにも高視聴率を祈ってるんですが…。
それからちゃーすけ様、ぜひとも「僕の生きる道」見て下さ~い。今月、シリーズ4段にあたる映画が公開されるので映画雑誌にインタビューが沢山載ってるんですが、機会があれば「キネマ旬報」「CinemaCinema」を覗いてみてください。自分の演技について興味深いことを語ってます。特に「キネ旬」はつかこうへい氏(草なぎ剛をとても愛してらっしゃって「天才にして天使」「ジャニーズの白い悪魔」「残酷なまでに無垢な天才」と評した、草なぎの恩師的存在)のことを語っていて泣けます。
2011年01月08日(Sat) 18:49
micmacさん
編集
>mickmacさん

>昨年末に新しくBD/DVDレコーダー〈REDZA〉を購入しました。

私は一昨年、新しくしました。

>最初のCMが入るまでの20~30分を間違えて削除してしまったのですぅ~。

以前、私もやりました!
CMじゃなく本編の方を消したんです!

力が入ってた番組だから再放送、あるんじゃないかと期待しているんですが…。

>翔子が赴任した経緯や、晶との関係、柘植や岡林との出会いのシーンが、どんな風に展開したのか

ざっとですが、男性陣は結構冷ややかだなぁと思いましたよ。
木村さんは自分がスカウトしただけに、歓迎してましたが。
北川さんはまた、自信ありげなマイペース。
男性は「生意気」と思ったでしょうね、あれ。

刑事たちは最初から「何だ、プロファイルなんか」的反応で、ユースケ・サンタマリアさんだけが違う。
写真といい、この人、何かある。
北川さんの妹にもちょっと気になる描写が。
竹中さんは器の大きさというか、リーダーとして振る舞うんですが…。

あ、後半は見たんですね。
結構、ショッキングでした。
今後に期待が持てそうな展開です。
2011年01月09日(Sun) 11:25
なかさん
編集
>なかさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!

>冬は草なぎファンとしてはやはり「冬のサクラ」が楽しみです。

私もこれ、楽しみなんです。

>TBSということで不安も大きいですが

最初、局のセンスにはっきり言って、不安を持ちました。

>CMを観たら草なぎ君はじめ役者達がとても美しくドラマ全体の雰囲気も凛然とした清らかさと同時に凶凶しさもあって、とても面白そうな気がしてきました。

冬や雪の透明感を感じられる画面でした!
純愛らしく、綺麗な画を作っていて良いですよね~。
高嶋さんには思い切り良く、キレて欲しい…。

>「任侠ヘルパー」もドキドキしてます。

いよいよですね!
続編を作ってくれて、感謝です。
評判良ければまた作ってくれますよね!
裏番組強力ですが、良いドラマですし。

>それからちゃーすけ様、ぜひとも「僕の生きる道」見て下さ~い。

今年は見ますよお~!
「キネマ旬報」「CinemaCinema」ですね、ありがとうございます!

つかこうへい氏は、草なぎさんを愛してらっしゃったんですか。

>「天才にして天使」「ジャニーズの白い悪魔」「残酷なまでに無垢な天才」

演技に関して決して妥協しない方の言葉は重いです。
見抜いていたんですね。
枠でとらえている人もいるかもしれませんが、草なぎさんこそ、枠にはまらない人なのかも。

草なぎさんは、先入観なしで見るべき俳優さんだと思います。
そうすれば絶対、良いものを見せてくれる俳優さんですね!
2011年01月09日(Sun) 11:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL