7日金曜日、「LADY 最後のプロファイリング」第1回。
書くのがおそい。
今さらですけど、途中まで書いてたので書きました。


夫婦が惨殺され、息子は行方不明になるという事件が起きる。
既に同じような事件が2件起きていた為、警察はCPSという新設された犯罪行動分析室に協力要請する。
FBIアカデミーでプロファイリングを学んだ香月翔子(北川景子)を、CPSのリーダー・結城 晶(木村多江)がスカウトしたのだった。

日本にプロファイリングチームが必要だと思っている彼女にとって、CPSの設立は夢の実現であった。
解析係で2つの博士号を持つ天才と言われる新堀圭佑は、そのプライドゆえに翔子に反感を持つ。
同じくCPSのメンバーの寺田毅彦(要 潤)も独自の意見で、なかなかチームとしての意見はまとまらない。
警視庁情報通信局のITエリートの奥居マリエ(須藤理沙)だけは、結城の良き理解者だった。

捜査一課の管理官の藤堂壮一郎(小澤征悦)はCPSを当てにはせず、むしろ邪魔と考えていた。
藤堂の先輩でありながら部下である刑事・柘植正樹(ユースケ・サンタマリア)は、CPSへの捜査協力を命じられていた。
彼はキャリア組だが、なぜか出世コースからはずれていた。

CPSで唯一、意見が一致したのは、犯人は単独犯であることだった。
翔子は犯人を成長しているモンスターで、次に必ず犯行声明を出してくると言う。
その通りに、犯行声明文が送られてきた。

会議での翔子の発言、態度は反発を呼んだが、岡林(竹中直人)は翔子に興味を持った。
彼は自分の財布を渡し、自分をプロファイリングするよう言う。
翔子のプロファイリングに感心した岡林は、犯人に必ずたどり着いてくれと翔子に告げていた。

「事件を止めたければ、早くオレをさがしてくれ」。
犯人は犯行声明文を新聞や、HPに掲載しろと言う。
翔子はこの要求をのむよう進言し、結城もそれを勧めて、声明文は新聞に掲載された。

しかし、新たな事件は発生してしまった。
翔子は刑事に責められ、藤堂はCPSを無視し始める。
やがて、CPSは捜査から外されてしまった。
翔子は落ち込んだ。

白けるCPSメンバーに結城は翔子のデスクを見せ、彼女だけが本気で犯人にたどり着こうと思っていると叱咤した。
捜査から外されたが、何もプロファイリングを禁じられたわけじゃない。
翔子が家に帰った直後、犯人と名乗る男が出頭してきた。
だsがそれは、プロファイリングされた犯人像とは違う。

記者会見で岡林は、どんな理由があろうとも殺人に正義などないと言った。
犯人を刺激した、と翔子は危惧する。
帰宅した岡林だが、妻と娘が縛られていた。
驚く岡林の背後から、黒尽くめの男が近づき…。

血の跡もなまなましい岡林の家に、刑事たちが現場検証に来て、犯人逮捕を誓う。
新堀が、犯人の送った暗号を解析した。
それをたどると、犯人がネットで夫婦を処刑している映像が流れた。
CPSは再び動き始める。

最初の事件のあった家に向かった翔子と、結城。
翔子は犯人の行動をたどり、犯人になりきって行動してみる。
観葉植物が置いてあった跡に気づいた翔子は、犯人がそれを無理やり夫婦に食べさせたことを知る。

殺害の残虐な手口は、児童虐待で殺された子供が受けた手口と、同じものだった。
犯人は虐待をしている家を狙い、同じ手口で夫婦を処刑しているのだ。
しかも行方不明になっている子供たちは、8歳前後。

犯人はその年齢まで虐待を受けていたと考えられた。
父親へ復讐したかったが、おそらくその年齢に父親がなくなったのだろう。
その為、復讐が宙に浮いたままだったが、最近、何らかの理由でその復讐心が蘇ったのだ。

だがもう、父親がいない為、ターゲットは虐待する夫婦へ向かった。
犯人は、夫婦が子供を虐待しているという事実をつかめる環境にいる。
とすると犯人のいる場所は、学校、児童相談所、もしくはIT関連企業だ。

柘植の努力で、結城は会議で発言の機会を得る。
プロファイリングは道具だ、逮捕するのは現場の刑事、しかし自分たちはその手伝いをしたいと結城は訴える。
この言葉は刑事たちを動かした。

捜査の結果、被害者の子供たちに配られていたのは、虐待ホットラインのカードだということがわかる。
この犯人は、虐待ホットラインの電話を受けていた者の中にいる。
やがて犯人・国木田に行き着いた刑事たちだが、国木田は次のターゲットの家の子供にさりげなく接触していた。
息子を使い、家に入り込んだ国木田は、父親を捕えた。

警察に対し国木田は篭城し、母親を連れて来いと要求する。
結城は、国木田が母親を恨んでいたのではないかと考える。
探し当てた国木田の母に会った結城は、国木田が母を恨みながらも守って欲しかったと思っていたことを知る。
国木田の要求に婦人警官の手配も間に合わず、翔子が母親を装って家に行くと言う。

柘植はFBIにいたなら使えるだろうと、翔子に拳銃を渡す。
親への復讐は子供の手で完結させると国木田は子供に銃を持たせ、自分が手を添えて、父親を撃つように言う。
これで国木田の復讐は完遂するのだ。

だが、その時、うまく家に入り込んだ翔子は、縛られながらも「悪かったと、ゴメンね」と謝罪を始める。
「殴られていることをわかっていたのに、助けてあげられなくてごめんね」。
一瞬、うつむいた国木田だが、彼には翔子が警察関係者だとわかっていた。

処刑は翔子から。
ネットでその様子を見ていたCPSも仰天する。
その時、新たな真実がわかる。

国木田の父がなくなった時、国木田の年齢は8歳より上だった。
なのに8歳の子供のいる家庭が、襲われた理由。
国木田には、8歳で殺されてしまった弟がいたのだ。

母親は守ってくれないが、国木田は弟を守りたかった。
2人は泣きながら料理を描いた紙を食べ、飢えをしのいだ。
国木田という犯人が紙を食べていたのは、そんなトラウマからだった。

しかし、ある日、弟は殺されてしまった。
父親を見上げる国木田の目が、憎しみで燃え上がる。
翔子は言う。
もう自分を責めなくていい、もうやめよう、と。

子供も泣いて、父親は殺せないと言う。
ならば自分がやってやる、と国木田が父親に銃を向ける。
「もうやめて、お兄ちゃん」。

翔子の言葉と、子供の姿と、弟の面影がシンクロする。
国木田が翔子を見る。
「俺は何の為、生まれてきたんだ?弟と自分は何の為、生まれてきたんだ?」

国木田が涙を流す。
だがその途端、狙撃班の標的内に入った国木田は背後から射殺される。
事件は終わった。

その後、国木田が誘拐した子供たちにお菓子を買い、おもちゃを与えて匿っていたことがわかる。
彼は残虐な殺人犯だが、助けられた子供には、天使だったかもしれない。
CPSは、ややまとまりを見せ始めた。



これ、アメリカのドラマの「クリミナルマインド」だ、「クリミナルマインドだ」と言われました。
プロファイリングでありましたが、交渉人でありました。
しかし、翔子に「お前が殺した!」と胸倉つかむ刑事にはちょっと違和感。
北川さんのいろんな表情を見せるドラマなんだな、とは思いました。

竹中さん、いい味出してると思ったら、1回目で殺されちゃった。
家族も…でしょうか。
うーん、ちょっと残酷だなあ。
彼は虐待してなかったはずだから、罪もない妻と娘までって、やりきれない。

翔子と一緒に住んでいる妹、何度も手をゴシゴシ洗ったり、メンタルクリニックの薬の袋があったり。
何かありそう。
翔子が見ていた父親の写真、柘植が翔子の父親について何か知っていそうな感じ。
アメリカに行ってまで、プロファイリングを学んだ理由も気になる。

そしてすごかったのは、国木田役のDAIGO!
え~、元総理のお孫さんですよね。
サイコの役は簡単…とは言われていますが、えらい思い切って演じてましたねえ。

最後は加害者が被害者に思えるような、そんな悲しい涙で「何の為に生まれてきたのか?」と。
彼にとっては正義だったことを否定されて、岡林に逆上したんでしょうね。
しかし、どうやって岡林の住所を知ったのでしょうか。

元総理という家庭に生まれて、芸能界に入ったDAIGOには、何か思うところあった役なのかな。
とっても恵まれてかわいがられた彼だけど、それなりの重圧ってあったはず。
同じような背景の人が仕事の関係でいましたけど、…彼もしんどかったのかなあ。

ずっと前の番組ですけど、政治家を親に持った方々が、親だけどめったに会えないとか、たまに帰って来るとうれしかったとか言っていました。
運動会で他の親がおにぎり持って来て一緒に食べていて、でも自分は料亭の女将が来たって方もいました。
ものすごい豪華な料理を重箱に詰めて持って来ていたんだけど、子供としては寂しいでしょ。
家では、お前が誘拐されて何か政治的な要求されても助けてやれないから、誘拐されないように気をつけなさいと子供の頃から言われてたとか。

世襲が悪いとかいろいろ言われますけど、やっぱり小さい頃からそういう特殊な状況に置かれて、特殊な教育されざるを得ない。
自然、政治家の家の子じゃない家の子とは違うんじゃないか。
DAIGOの切れっぷりを見て、そんなことを思いました。

事件は解決したけど、国木田は射殺される。
昔の刑事ドラマなんて、ほとんど最後は射殺か撃たれてましたが。
でも、事件の背景が背景だけに、彼はおそらく極刑にしても、いろいろと彼の心を知ること、虐待の問題を世間に考えてもらえるラストの方が救いがあったような。

警察が追いきれないような異常者だから、プロファイリングしたんでしょうし。
そういう異常者が犯人の場合、どうしても同情できないからああいう背景を犯人に背負わせたんでしょうし。
ちらっとしか出ませんでしたが、国木田の母親役の杉田かおるさん、さすがの演技でした。

「CONTROL」でも思ったんですが、プロファイラーや心理学者が「これはこういうことです」って断言する時、こちらも納得できないと、ピンと来ませんね。
北川さんも頑張ってましたが、犯人に「お兄ちゃん」と呼びかけて、幼い子に自分をシンクロさせるのはちょっと無理かなあ。

「沙粧妙子」で浅野温子さんが、女性毒殺犯と自分をシンクロさせて、コンビの柳葉さんをヒンヤリさせていたのを見たからそう思ってしまうんでしょうが。
それだけに沙粧妙子も、プロファイリングチームも、ちょっとスレスレの危ないところに精神を置いていたんですね。
ロバート・K・レスラーの「FBI心理分析官」でも、この点に関しての注意が書いてあったんです。
「暗闇を覗き込む時、相手もこちらを見ているのだ」って。

異常犯罪の心理を探るのに、同化しすぎる、理解しすぎる、追求しすぎるのも危険だっていうんですね。
あ、この人、「FBI」だ。
翔子の大先輩だ。

それで北川さんなんですけど、浅野温子さんの沙粧妙子のような憑依するような、エキセントリックなタイプじゃないと、思うんですね。
クールな立場で行った方が、似合ったと思います。
最初のハイヒールのアップから、北川さんの姿へ、というのはカッコよかったから、特にそう思いました。

おもしろいドラマになるといいなと思っていたんですが2回目は、「うーん、どうかなあ」と、正直思ってしまいました。
3回目も一応、見る予定ですが、おもしろくなるといいなあ。
伏線は散りばめてあるし。


スポンサーサイト
2011.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1575-c3e7c93e