始まりました「冬のサクラ」。
なのにFC2さん、不安定。
まず今井さん。
素顔は男っぽいみたいですが、そういう女優さんほど、虐げられる役がはまる気がします。
手を差し延べたくなる寄る辺ない雰囲気が、ありました。

今後、偏執狂みたいな勢いが出てきそうなのが高嶋さん!
思っていたより、傲慢。
浮気してるんですか?
自分のことは棚に上げ、今井さんと草なぎさんの前に思いっきり立ちはだかりそう。

その高嶋さんが何しようが肯定し、擁護してすべての原因を嫁に押し付けて責めそうな江波杏子さん。
どこまで母親の理解者になってくれるのか、娘の森迫さん。
兄の恋が自分の未来に思っ切り影を落としそうな、草なぎさんの弟、佐藤健さん。
兄ちゃんには幸せになって欲しい、がどこまで言えるか。

そして草なぎさん。
自分の幸せを後回しにしてきた男。
感情の振り幅を極力抑えたような演技で内面を語る演技はもう、おてのもの!ですね。
まったく、また新しい顔を見てしまいました。
今までの役と違い過ぎです。

手を振り、彼女の幸せを祈り、自分はまた一人、戻って行くこの男がいつ、彼女の幸せの為、戦う決意をするのか。
しかし、自分の過去に不安を持つ女性に大丈夫と笑いかけ、自分はいつでもここにいるからと包み込む優しさ。
静かだけど、決して弱くはない。
これは草なぎさんの役ですね。

あそこにいつも、あの人がいてくれると彼女が思う。
そして母親をなくした彼に、少しの間でも母親と自分に寄り添ってくれた彼女がいることで彼も癒されてる。
2人、お互いに必要な出会い。

しかし、危ないのは草なぎさんじゃなく、今井さんの方だったなんて。
ああ、そうか、それであの、我を通さない男が動くんだ。
物語はまだ、序章。
これは早く走り出してくれそうな、早く見たいドラマになりそう。

画面は冬の空気が伝わって来る、透明感ある画面でした。
綺麗!
冷たい雪の中、咲く冬のサクラのような2人の恋に、命をかけた恋に向かう草なぎさんの演技に期待、期待。
しかし、この人は予測もできないけど期待は裏切らないなあ。


スポンサーサイト
2011.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1588-8f5cc2c5