こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP美しい隣人 ≫ 揺れるカーテン、暗い部屋、手招き 「美しい隣人」、コワイ

揺れるカーテン、暗い部屋、手招き 「美しい隣人」、コワイ

「美しい隣人」、第2回、ちらっと最後しか見られないで録画しましたが、怖い~。

あの揺れるカーテン、その背後からゆらり、と映る影。
暗い部屋で、顔も見せずに手だけ動かしてこちらを見ている。
これだけで怖い、よくこんな怖い演出を考えましたね。

これ、もしかして沙希は純粋に悪意で、幸せそうな家族を壊す人なのかなと思いました。
元からそういう人。
もしくは、まったく個人的なトラウマで他人に悪意をぶつけているだけ。

あの、溺死した子供は、もしかして沙希がやった?
そして、沙希は絵里子の前に、あの溺死した子供のいる家庭を壊したんだろうか。
池のほとりにいた夫に近づいて、最終的に子供を溺死させた…とか。

いつも最終的には沙希は子供をどうにかして、幸せを完全崩壊させる。
そしてマイヤーさんは夫ではなく、沙希の主治医とか、監視の人、または沙希のやったことに疑いを持って追っている誰か。
沙希は実は病院内で一番、危険な患者、もしくは疑惑の容疑者。
うまく日本に帰ってきていしまったから、またやらかなさいか、証拠をつかめないか見張っている。

そんな展開だったら、怖い。
あの部屋の中、壁中にあの家族の写真が張ってあって、全部グサグサ刺されていたり、赤いペンで殺害方法が塗られていたりしたら怖い。
それで最後は、マイヤーさんとか高知さんから壇さんに「今すぐその女性のいる家から離れなさい!」なんて連絡が来たら怖い。

いえ、今まで書いた展開は年末にそんな展開の映画、見たからふと思ったんですけど。
映画の題名は、ネタバレになっちゃうので言えないんですけど。
沙希が「理由なき壊し屋」だったらこのドラマのコピーが、「女は、苦しむ女を見るのが好き」で納得なんですよね。

それとも、やっぱり沙希が溺死した子供の母親で、「あなたの隣に誰かいる」みたいに池のほとりの夫婦は沙希に雇われた擬似夫婦?
もしくはあの夫婦の子供は、実は離婚した沙希の子供とか。
…わかりませーん!
読めませーん!

「JOKER」の犯人さえわからなかった私では、到底たどり着けません。
だからこそ、引き込まれるんですけど。
しかも、ちょっと見で、ここまで引き込まれてるんですけど。
本編全部、さっさと明日見なきゃ。


スポンサーサイト

Comment

編集
さっき第2話を見終わったところで、この記事を読んでますが……

>マイヤーさんは夫ではなく、沙希の主治医とか、監視の人、または沙希のやったことに疑いを持って追っている誰か。
沙希は実は病院内で一番、危険な患者、もしくは疑惑の容疑者。

ジョン・カーペンター監督の傑作ホラー映画『ハロウィン』のブギーマンの名前が“マイケル・マイヤーズ”だったじゃないですか!!!!(爆)

そ、そんな展開だったら、どうしましょ(汗・笑)
2011年01月20日(Thu) 00:11
mickmacさん
編集
>mickmacさん

私も見終わりました。
これ、ほんとに先が読めません。

>ジョン・カーペンター監督の傑作ホラー映画『ハロウィン』のブギーマンの名前が“マイケル・マイヤーズ”だったじゃないですか!!!!(爆)

ぎえーっ!
あれは一番危険な患者です!
あの映画、怖かった~。

はためく洗濯物の影にいて、一瞬で移動しているのが怖い。
部屋の中から、呼吸音だけして外を見ているのも怖い。
クローゼットの中、探し回ってくれる様子が怖い。
最後に消えてくれて、もっと怖い!

>そ、そんな展開だったら、どうしましょ(汗・笑)

沙希、最後は力技であんな風に襲い掛かって来るか!
どちらかというと無表情だから、あの仮面に対抗できないこともない…?(笑)
2011年01月20日(Thu) 01:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

女は苦しむ女を見るのが好き*「美しい隣人」
脚本:神山由美子 演出:今井和久 出演:仲間由紀恵、檀れい、三浦理恵子、鈴木砂羽、渡部篤郎、草笛光子、小林正寛、藤井美菜 第1回放送:2011年1月11日 フジテレビ     ◇  蜷川実花撮影...
2011年01月19日(Wed) 18:13