こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺シリーズ ≫ 同時に見る「仕置人」と「仕事人III」

同時に見る「仕置人」と「仕事人III」

時代劇専門チャンネルでは今、「仕置人」を放送しています。
始まりは「仕掛人」ですが、見ていて、「仕置人」は原点だなあと思います。

世間に対して達観したような念仏の鉄。
理不尽に対してストレートに怒る、棺桶の錠。
完全に世間からは、はみだしている彼らアウトローが体現する「一寸の虫にも五分の魂」の精神。

そして、体制側にいるにもかかわらず、奉行所の腐敗に無力感でいっぱいの中村主水。
社会的には力がない彼らが、権力に押しつぶされる者を前に、屈折した正義を炸裂させる。
容赦のない残酷さ、蔑み。

それに対して反逆する、彼らの怒りとパワーがすごい。
悪党も悪党なら、対抗する彼らも彼ら。
例えば、今日は水飲み百姓が食い詰めて、江戸に出て来て20年。

里に帰ったら少しはマシな生活をしようと思って貯めた金だが、目を潰されたらそれももう、かなわない。
乞食をして貯めた金で依頼する、自分の目をろうそくで潰した与力への仕置き。
主水が乞食の財布を押し付けて言う。

「乞食の胴巻きは、くせえかよ!だが、これだけは覚えておけ。乞食が20年かけて汗水たらして貯めた金で、てめえらを仕置きしてくれ、と言ってるんだ!」
凄まじい話が続きます。

2話の桜舞い散る中、おきんが走って逃げ込み、鉄と錠が走って迎え撃つシーンはいつ見ても綺麗。
「捕まえろ!」と命令されても動かない主水と、鉄があげる黒い笑い。
とても正義側とは思えない、闇に浮かぶ2人。

そう、「仕置人」は自分たちを正義とは思っていない。
表で裁けないものを、裏で制裁する時点で、自分たちの行為が正当化できないことを知っている。
だが、「のさばる悪をなんとする。天の裁きは待ってはおれぬ。この世の正義もあてにはならぬ」から動く。

それで今、テレビ埼玉では「仕事人III」がスタート。
すごいですね、2つ続けて見ると、どうしても「必殺」の変遷を感じずにはいられない。
70年代初頭と80年代のドラマ、比べちゃいけないのはわかってる。
2つの「必殺」、2つの主水。

そういうのが受けた時代でも、どうしても「仕置人」の濃密なドラマに比べて、「仕事人III」は軽くて明るいと思ってしまう。
どうしても晴らせない恨みと、怨念こもったお金を得て、やってはいけない殺しに動く。
「必殺」は制裁のカタルシスと、それをしても取り返せない空しさのドラマだった。

それが時を経て娯楽のショーになったんだなあ…と思います。
90年でもない、00年でもない、2010年代になって見るから、そういうのを冷静に見てしまうのかも。
目を潰され、相変わらず乞食をしている男に向かって、自分の仕置料を投げる錠。
チャリンという音で、乞食が投げ込まれた金を噛んで、小判と知る。

見えない目で、誰なのか辺りを見回す。
誰かわからない。
黙って立ち去る錠。

神か、仏か、わからないけど、誰かそう言う人がこの世にはいる、と思ったか。
やっぱり俺は3両もらうべきだったかなあ…、とヘソくりする主水。
女をたくさんはべらせて飲む鉄、半次。
こっそり、鉄が投げた金をくすねるおきん。

何かのメッセージを伝えようとする作品も大切だけど、視聴者を楽しませようとする「娯楽」番組を作ってくれるのも、大切なこと。
だから「仕事人III」で「必殺」を知って楽しかった人や、これが好きな人がいても全然かまわないと思う。
人を楽しませる、人が見たいと思っているものを見せるってことを、やってくれないなあ…と思う作品もあるから。

それで、「仕事人III」に、そういう魅力はあるんでしょうが、やっぱり「仕置人」はすごい。
荒削りで洗練されてはいないかもしれないけど、かっこいいね!と思いました。


スポンサーサイト

Comment

編集
おかしな例えかもしれませんが、仕掛人や仕置人は落語。仕事人3はコント。

落語は聞いていて面白い。でも、面白いだけではなく人情の機微やら悲しみやら・・・人が生きていく上での様々な感情を取り上げて、それらを笑いに昇華させている。

一方コントは・・・その時々の世相を斬ったりはしているものの、人への深い洞察などはむしろ邪魔。とにかく笑わせれば、それでOK。

ストレートに笑えない落語を嫌う人もいるでしょうし、派手な動きがない落語は退屈と思う人もいるでしょう。
また逆に場当たり的なコントにうんざりする人もいる。

人それぞれなんですけどね。でも、落語が持つ話術、表現力はすばらしいですよね。

ボウズが顔見知りを仕事する・・・もう少し広げられなかったのかなって思う反面、あの時の彼の演技力を考えると、あれが精一杯だったのかなとも・・・。
2011年02月10日(Thu) 13:37
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>おかしな例えかもしれませんが、仕掛人や仕置人は落語。仕事人3はコント。

今、すんごい納得しています…。

>落語は聞いていて面白い。でも、面白いだけではなく人情の機微やら悲しみやら・・・人が生きていく上での様々な感情を取り上げて、それらを笑いに昇華させている。

これを「仕置人」などに置き換えると、すごい納得です。

>一方コントは・・・その時々の世相を斬ったりはしているものの、人への深い洞察などはむしろ邪魔。とにかく笑わせれば、それでOK。

これを「新・仕事人」か「仕事人III」ぐらいからの「必殺」に置き換えると、これまたすごい納得。

>ストレートに笑えない落語を嫌う人もいるでしょうし、派手な動きがない落語は退屈と思う人もいるでしょう。
>また逆に場当たり的なコントにうんざりする人もいる。

まさに、70年代の「必殺」のことを難しいこと言ってる、とか言っている人もいたらしいですね。
そして80年代の「仕事人」シリーズを軽薄、と言っている人も。
ほんとに、人それぞれ。

>でも、落語が持つ話術、表現力はすばらしいですよね。

はい、そう思います!
娯楽の形を取りながら、こちらに訴えかけてくるメッセージがありますよね。
それを凝った映像や音楽で、こちらに見せようとする…。

>ボウズが顔見知りを仕事する・・・もう少し広げられなかったのかなって思う反面、あの時の彼の演技力を考えると、あれが精一杯だったのかなとも・・・。

「仕事人」以前のシリーズだったら、違う会話が繰り広げられたかもしれませんね、あれは。
しかし、私が記憶している以上に、あの時の彼はまだまだ演技がつたなかった…。
当時、ドラマでも実生活でも、彼は「お勉強」する立場だったのですね。
2011年02月10日(Thu) 23:19
例えになってませんが…
編集
『仕掛人』『仕置人』を堪能して、口直し程度に『仕事人?』『?』『?』といったところでしょうか…。
2011年02月12日(Sat) 03:16
おばらあつひろさん
編集
>おばらあつひろさん

>『仕掛人』『仕置人』を堪能して、口直し程度に『仕事人?』『?』『?』といったところでしょうか…。

そういう味わい方もありますね~。
確かにあります!
2011年02月12日(Sat) 23:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL