こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕置人 ≫ 必殺史上に残る強敵 「必殺仕置人」11話 「流刑の影に仕掛けあり」

必殺史上に残る強敵 「必殺仕置人」11話 「流刑の影に仕掛けあり」

11話、「流刑の影に仕掛けあり」。

本日は「仕置人」だったり、わけわからないブログです。
文章には人柄が出ると言っていました。
と、すると私は、わけがわからない人なんだろうか。


岡っ引き・鬼岩の今井健二さんの強いこと。
鬼岩は、今井さんの演じた悪役の中でも強敵で、今井さんならでは!という悪役でしたね。
血気盛んな錠と鉄、2人を相手に暴れ回った鬼岩は「必殺」史上に残る強敵だと思います。

鬼岩におきんもおしまも捕まって、仕置人のことを喋れと拷問される。
吊るされて、ぶったたかれて、それでも2日は黙っていてくれ、とおきんは言われている。
なぜか、それを過ぎたら、喋っていい。

おきんが女性として身の危険を感じた時、期限は来た。
鬼岩が伸ばす手にゾッとしながら、おきんは白状する。
それは最初から鬼岩をおびき寄せる為の、罠だった。

鉄と錠を前にした鬼岩は、なぜ自分が罪を着せてやった囚人が、処刑の間際に哂っていたのか、理解する。
既に仕置人に依頼は済んでいた。
つまり、鬼岩の命運も尽きていたのだ。

しかし、鬼岩は手ごわく、「弱え者には生きにくくても、俺には楽しい世の中なんでえ!」と言い、悪党が最後に自分に屈服した時の手応え、悔しさがお縄を通じて伝わってきた時の快感が大好きだと言う。
いつのまにか形勢が逆転し、鉄も錠もあやうく風呂場に沈められるところだった。
だが鉄の骨外しが決まり、鬼岩は身動き取れなくなる。

そして鉄によって肩の骨が外され、湯船に沈んでいく鬼岩の前に現れたのは、いつか銭湯でピシャン!と尻を叩かれた主水だった。
鬼岩はなぜ、この場所を仕置きに選んだのか、合点がいった。
「おめえか…」。
沈んでいく鬼岩から、空気が洩れなくなる。

おきんの野川さんは、おそらくこの時のことでしょうが「顔打つなよ、って言ったって当たっちゃいますよ。無茶言うなあと思いながら、傷だらけになりながら撮影は楽しかった」とおっしゃってました。
さて、この話はなんと言っても、今井健二さんにつきると思う。
この回を支える今井健二さんの強敵ぶりは、相当楽しめると思います。


スポンサーサイト

Comment

編集
最初から最後まで無敵だった鬼岩。
ワルとワルが激突することが多い(と思われる)『仕置人』の中でも屈指では。

演じた今井健二氏。最後の最後に“ヤラレタ…”という顔。あれこそ名演の極みと思います。あの顔が観たいばかりに…。
2011年03月01日(Tue) 22:18
おばらあつひろさん
編集
>おばらあつひろさん

鬼岩、強かったですねー。
鉄と錠、2人がかりでまさか、苦戦するとは。

>ワルとワルが激突することが多い(と思われる)『仕置人』の中でも屈指では。

「俺には楽しい世の中なんでえ!」
「自信満々だ、気持ちがいいや!」
どっちもワルであることを自覚し、一歩も引かない。

>演じた今井健二氏。最後の最後に“ヤラレタ…”という顔。あれこそ名演の極みと思います。あの顔が観たいばかりに…。

今井さんですよね、ほんと、鬼岩は今井さんでないとあの強敵ぶりが伝わらなかったと思います。
最後に主水が現れて、なぜこの場所かもわかって沈んでいく。

「必殺」史上に残る悪役ですね。
さすが、今井健二さん。
2011年03月01日(Tue) 23:29
水が怖い
編集
ちゃーすけさん、こんばんは。

>>演じた今井健二氏。最後の最後に“ヤラレタ…”という顔。
今井さんはプロはだしの釣り師ですが
(ルアーフィッシングに特に強い)、
実は彼は極度の水嫌いで、どの位嫌いかと言うと
温泉に行っても顔に水が付くのが怖いから
湯船に浸からないくらいなのです。

さて、このシーンの撮影の際、撮影所に入ったら
スタジオの真ん中に巨大な湯船が鎮座していた
訳です。

真っ青になって監督に「スタジオを替えてくれ」
と必死になって抗議していたら、同じくスタジオに入った
山崎努さんも同様に必死に抗議を始めます
(山崎さんもかなづちだったため)。

そこに現れた沖雅也さんが彼らのさまを鼻で笑ったので
食って掛かったら、高校時代は水泳部だった沖さんに
一蹴されて諦めてあのシーンを三人協力して撮った、
と言う事ですw

上記の事を頭に入れて再度あのシーンを見ると、
色々と別の感慨が有ったりします。
2017年05月27日(Sat) 00:27
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>今井さんはプロはだしの釣り師ですが
>(ルアーフィッシングに特に強い)、

本もお書きになってますよね?
残念ながら、読んだことはないのですが…。

>実は彼は極度の水嫌いで、どの位嫌いかと言うと
>温泉に行っても顔に水が付くのが怖いから
>湯船に浸からないくらいなのです。

ええええ。
それで釣りができたんですね。
泳げない人、水が嫌いな人は確かにプールで顔に水がつくと「沈んだ!」って言うんですよ。
「沈んでない、浮いてる」って言っても「沈んだ」って。

>さて、このシーンの撮影の際、撮影所に入ったら
>スタジオの真ん中に巨大な湯船が鎮座していた
>訳です。

はいはいはいはい(うなづく)、あの決戦となった大きな湯船ですね。

>真っ青になって監督に「スタジオを替えてくれ」
>と必死になって抗議していたら、同じくスタジオに入った
>山崎努さんも同様に必死に抗議を始めます
>(山崎さんもかなづちだったため)。

…ふ、2人とも。
仕置される方も、する方もダメ!
これはやめてくれ、このシチュエーションはダメだって訴えたんでしょうね。

>そこに現れた沖雅也さんが彼らのさまを鼻で笑ったので
>食って掛かったら、高校時代は水泳部だった沖さんに
>一蹴されて諦めてあのシーンを三人協力して撮った、
>と言う事ですw

…、おかしい。
じゃあ、鉄がお湯に顔を突っ込まれるシーンは、山崎さんは怖かったでしょうね~!
そして沈んでいき、最後に泡も立てなくなるシーンをやった今井さんはどれだけ怖かったことでしょう。
それでも2人ともそんなことはちらとも感じさせないんですから、すごい。
特に最後に浮いている今井さん、もう必死だったでしょうね。
顔に水がつくのが嫌なレベルの方が、これはものすごい怖かったと思います。

>上記の事を頭に入れて再度あのシーンを見ると、
>色々と別の感慨が有ったりします。

3人の熱演、ご苦労、まさに屈指の名仕置シーンですね。
これまた楽しく、貴重なお話ありがとうございました!
2017年05月28日(Sun) 21:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL