こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕置人 ≫ ぞくぞくする! 「必殺仕置人」12話「おんなひとりの地獄旅」

ぞくぞくする! 「必殺仕置人」12話「おんなひとりの地獄旅」

12話、「おんなひとりの地獄旅」。
清国から流れてきた一族が焼いた陶器が今や、畠山藩の大切な売り物になった。
すると、藩主たちは清国から来た一族を皆殺しにして、自分たちだけで利権を得ようとした。

1人、生き残った娘は身を売りながら江戸へ、江戸へ流れて、半次と知り合った。
まさに、女1人の地獄旅。
所帯を持とうと思うほど、半次は娘に惚れこみ、鉄は口がきけないと言った娘が書く文で、娘の身の上に起きたことを知る。

そう、鉄は元僧侶だから、漢字がすらすら読めるんですね。
娘の身の上を知った錠は、おめえたちにわかるか、弾圧に遭い一族を殺されたこの娘の気持ちが!と憤る。
「そうか、おめえ、青森…じゃなかった、琉球の生まれだったな」。

鉄のセリフで、錠が背負って来た背景がわかる。
弾圧されて、逃げてきた錠。
そして、本土の人間を憎んでいた錠にとって、鉄たちは初めて心許せる友人だってことも。
琉球の弾圧話は、琉球が舞台になった時の「必殺仕舞人」でも描写される。

主水が仲の悪い大名同士の悪口と、道中、相手側に計略があるとを吹き込む。
裏街道を行く大名行列に仕掛けて、畠山の藩主と側近を仕置きしようとする仕置人たち。
落ち着かない様子の鉄。
「俺たちゃ大名行列といやぁ、土下座して見ているだけだったからな。そこに殴り込みをかけるなんざ、ぞくぞくする!」

鉄の「うわー、ぞくぞくする」は「新・仕置人」でも聞けますが、楽しそうですねー。
ことは上手く行き、娘の一族の仇は取れた…と思いきや、娘は殺されてしまった。
そんなこととは知らない主水は、畠山が急死した報告を受ける。
半次は本当にあの娘と一緒になるんだろうか、と主水は思う。

仕置人たちは娘を荼毘にしてやる。
鉄は半次に聞く。
「お前、仕置人やめんのか?」

おきんが近寄って「やめないよな?!」と聞く。
当分使い物にならないと言われたほど落ち込んでいる半次だが、きっぱりと言う。
「やる!」
仕置人たちが笑う。

初期の頃の過激さはないかもしれないけど、この辺りのお話もなかなか、味があって好きです。
半次と恋に落ちる娘、佐野厚子さん。
この後、「助け人」では怖い文十郎兄さんの目をかいくぐって、恋人同士になる役でした。
やっと成就したんだ、よかったね。


スポンサーサイト

Comment

編集
「白い地にムラムラっと青が」でしたっけ?
半公の必死のアピールが印象的でした。
あと、偽物なのにわざとぶつかって割って,相手からお金をせびるシーンなんかも。

仕置人ってうまく登場の配分を作ってますよね。半公メインかと思いきや、錠の過去がさらりと明かされたり、鉄の”狂にして凶”の部分も出てきてる。

引き合いに出しては申し訳ないが、これが仕事人になると秀が主役だと勇次はかすみ、勇次がメインだと秀の影が薄くなる。
ライターの腕の差・・・ですかね???

そういえばラストで「辞めるか」って問うていたんでしたね。正八の時みたいに脅したりはしないんですね。
まだ掟が確立していなかったのか?それとも半公なら辞めるわけがないと分かっていて、敢えて聞いてみたのか?

その両方のような気がしますね。
こうやってあれこれ深読みをして、その世界観をどんどん広げていける・・・必殺の奥の深さですねぇ。^^
2011年03月01日(Tue) 17:10
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>半公の必死のアピールが印象的でした。

頑張ってましたねえ…。

>あと、偽物なのにわざとぶつかって割って,相手からお金をせびるシーンなんかも。

ああいうところが、決して清廉潔白な真面目な人間じゃないんだな、と思います。
そういう人間が憤りを感じて、仕置きするのが良いんだな、と。

>仕置人ってうまく登場の配分を作ってますよね。半公メインかと思いきや、錠の過去がさらりと明かされたり、鉄の”狂にして凶”の部分も出てきてる。

そう!
すごく上手く出来てるんですよね!
半次だけかと思うと、鉄、または錠の過去や心情が垣間見える。
錠が本土の人間に対して怒ったり。
だから見逃せない。

>引き合いに出しては申し訳ないが、これが仕事人になると秀が主役だと勇次はかすみ、勇次がメインだと秀の影が薄くなる。
>ライターの腕の差・・・ですかね???

これまた、そうなんです!
誰がメインだろうと、だーれも、かすまないんですよね。
それぞれに見るべきところがあって誰を引き立てようとしなくても、スポットライト当てなくても大丈夫。
みんな、輝いちゃうんです。

何でしょうね、作り方がメイン以外、遠慮させちゃうみたいな…?
結果として、主役以外をかすませると、キャラクターのファン以外はあんまりおもしろくなかったりしません?

>そういえばラストで「辞めるか」って問うていたんでしたね。正八の時みたいに脅したりはしないんですね。

ほんと、正八の時は「女、ひねり殺してやる」だったのに。
「仕留人」では、おきんさえ貢以外は許さなかったというのに。

>まだ掟が確立していなかったのか?それとも半公なら辞めるわけがないと分かっていて、敢えて聞いてみたのか?

おきんが一応「辞めないよな?」って心配そうに言っていたので、辞めないと思ってたんじゃないかと私は解釈したんですが。
あと、「仕置人」って本当に好きな仲間同士が自由にやっていたんだな、と思いました。
掟とか、まだそういうのがなくて。
話違いますけど、半次はどこ行っちゃったのか、考えるたび、気になります。

>その両方のような気がしますね。

そんな感じします。
辞めてもしゃべらない、いや、辞めるわけない…と思ってたのかな、やっぱり。

>こうやってあれこれ深読みをして、その世界観をどんどん広げていける・・・必殺の奥の深さですねぇ。^^

まったく!
正八は正十なのか、とか、考えることも、私にはたくさんあったりします(笑)。
それぞれの殺し屋さんたちの行方も、あれからどうなったのかなとか考えたり。
2011年03月01日(Tue) 23:23
No title
編集
ちゃーすけさん、こんにちは^^
佐野アツ子さん、昔から好きな女優さんの一人なんです。
言葉にしたいけど出来ない…表情(目)と体全体で必死に体現する感じが、
李麗花の悔しさや寂しさや不安、そして半次に向ける微笑と合わさってキュンとさせられました。
(『助け人』『仕留人』への出演を考えると、テスト回でもあったのかしら?)

  錠「手前ぇらにはあの娘の苦しみがわかっちゃいねぇんだよ!
    日本人に肉親を殺されて、たった一人で夜鷹になってだなぁ、
    おしの真似までしなくちゃいけねぇ。俺だってなぁ!」
  鉄「そうだ。そういえばお前ぇ泡盛の…いやいや琉球の生まれだったなぁ?」

こういう視聴者にバックボーンを想像させる流れも素敵なんですよね。
見た人の感じ方にあえて任せる。
ちゃーすけさんとオギャンさんのコメントを拝見しながら、
チームワーク抜群でキャラクター其々に自然に見せ場があるる松田司さんの脚本の妙に、
同じく「うんうん」と頷いておりました!

刀を持った麗花と半次が畠山弾正(前田吟さん)を刺しに行くのではなく、
彼女の刀めがけて鉄と錠が弾正を抱えて来てブスリ…あの画は迫力がありました!
(ちなみに、この回の監督は工藤栄一さんでしたね)
もう、なのに、なのに…。
殿の仇と刀を投げつけたのは五味龍さん? 
さらに松平側からも襲われる中、麗花以外は無事だったのはせめてもの慰めなのか…。
結局彼女は最期も「女ひとりの……旅」となってしまって切なかったです。

  鉄「それにしても半公! お前ぇ仕置人辞めるのか?」
おきん「辞めないよな?」
 半次「……やるぅ!」

仕置人は何だかとってもあったかい…。
2014年09月29日(Mon) 16:13
追伸です。
編集
>品があるんですね。
 この人が粗野な錠なんですから、本当に七変化です。

先日お返事いただいた立花の若様レビューですが、
粗野な錠を演じられてる時でさえ、私は沖さんから品を感じますね。
う~ん、どんな役柄を演じても決して下品にならないと言いますか…わかって頂けます?
(彼の場合、それは根本的なお育ちの良さから来てらっしゃるのかなぁと推測)

役者と言えど一人の人間ですから、
その為人が役を通してどうしたって出てきますものね。
”華” と同様に ”品格” も一長一短では身に付かない大変貴重な要素だと思います。
2014年09月29日(Mon) 23:53
まっきーさん
編集
>まっきーさん

こんにちは。
お返事が遅くてすみません。

佐野アツ子さんは、後に他の時代劇で悪役でお見掛けしたりもしました。
文さんの妹が…、なんてちょっと淋しかった。

錠の過去は、具体的に何があった、何をした、どうして今に至ったか。
明確な描写はなかったと思うんですが、肉親がいない、琉球出身などの一本の筋は通っているので、想像が膨らみます。
うまい演出ですよね。
沖さんがかもし出す淋しさがまた、相乗効果で、錠が素敵なキャラクターになってます。

>刀を持った麗花と半次が畠山弾正(前田吟さん)を刺しに行くのではなく、
>彼女の刀めがけて鉄と錠が弾正を抱えて来てブスリ…あの画は迫力がありました!

仕置人っていうのは、どうやったら、一番恨みが晴れるのかを考えてるんですね。

>(ちなみに、この回の監督は工藤栄一さんでしたね)

工藤さんは良いですよね~、切ない結末にしますが。

>  鉄「それにしても半公! お前ぇ仕置人辞めるのか?」
>おきん「辞めないよな?」
> 半次「……やるぅ!」

>仕置人は何だかとってもあったかい…。

主水はこの仕置人仲間が忘れられなかったですから。
主水の裏稼業人生を決定したのは、仕置人の仲間と、その爽快感、充実感なんじゃないでしょうか。
仕置人見ると、主水はこの仕置人がもう一度やりたかったんだろうな、と思います。
2014年10月04日(Sat) 23:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL