時代劇専門チャンネルの「夜兎の角右衛門」。
あとで書きたいと思いますが、とりあえず。
もう、もっと時代劇見たいと思ったです、はい。

全員、自分の仕事をきっちりしているプロフェッショナルの仕事を見た感じ。
俳優が全員、素晴らしい。
若手からベテランまで、隙がない!

中村敦夫さんはすごい貫禄。
石橋蓮司さんは、改めて思ったんですが、声が良いですねー!
この声、発声からしてすごい。
惚れ惚れします。

中村梅雀さんは、この方で何か、時代劇でシリーズものをやっていただきたいぐらい。
ある現代劇のシリーズものと比べると、断然この方が活きていたと思います。
スタッフも良いのかな。

本田博太郎さんは年月が経っているとはいえ、昼間の直次郎と同一人物とは思えない。
話脱線するけど、「新・仕舞人」の直次郎。
1話では殺しに慣れたかと思ったんですが、やっぱり手が震えてますね。

蟹江一平さんとか、頑張っている。
演技派の若手として、すごい期待できると思います。
悪役を恐れない、それもかっこいい悪じゃない、憎まれるだけの悪役を恐れない俳優さんって好きです。

女優さんも良かった。
画面の重厚さといい、見られて本当に良かった~。
出てくる俳優さんはもちろん、適材適所なんでしょうが、みなさんこういう作品に呼ばれるだけのことはあると思いました。

「夜兎」を見て、同じ盗賊側から描いた時代劇「雲霧仁左衛門」を思い出しました。
雲霧仁左衛門は「犯さず、殺さず、貧しき者からは奪わず」の盗賊だった。
そして本田さんは、その配下の「州走りの熊五郎」だった。

この州走りの熊五郎役。
原作ファンの人が「今後、本田さん以上に熊五郎を演じられる人は出てくるだろうか」と言っていたぐらい。
本田さん演じる熊五郎を見て、熊五郎とは、まさにこういう男だっただろうと。
工藤監督が「この役、本田で良いよ」と言ったそうですが、まさに。

「へーい」と間延びした返事をするものの、その言い方にその時の熊五郎の心情が入っている。
返事ひとつで、セリフにないものをこちらに伝えてくる。
こういうの、すごいですよね。
その「雲霧仁左衛門」で「州走りの熊五郎」だった本田さんが、「夜兎の角右衛門」では「くちなわの平十郎」ですよ。

雲霧一味の小頭「木鼠の吉五郎」だった石橋蓮司さんは夜兎側の「前砂の捨蔵」ですけど。
あれ、あれ、あれ、石橋蓮司さんってTVの鬼平で「くちなわの平十郎」演じませんでしたっけ?!
蛇のように執念深く、残忍。

それを言うなら平泉成さんは火盗の岡田甚之助で、平十郎、じゃなかった、熊五郎の本田さんに押さえられてたような。
「はめたのか!」
「へ~い…」…って会話があったような。

だったら中村敦夫さんは、火盗のトップ・安部式部でしたね。
馬に乗った姿がカッコよかった。
さりげなく仁左衛門の山崎さんは、その横を頭を下げて見送る。
それが、今度は老いた盗賊。

「雲霧仁左衛門」が放送されてる頃、この放送時間に家に帰れなかった…というか、人間らしい生活してなかったからなあ。
石橋蓮司さんもすごい渋かったし、本田博太郎さんはすごくカッコよかったはず。
確か、最後の方、放送されないというひどいこともあったし。
だから今、これを機会にもう一度見直してみようと思います。


スポンサーサイト
2011.03.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1691-a08b2908