こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ 3月が終わる

3月が終わる

朝、起きたら、痛くて首が回らなくなっちゃった。
しゃれにならないってばー。
上向くと、めまいがします。

目薬差すと、めまいがします。
後ろを振り返れません。
それで整形外科に行って来て、症状を言ったら、そりゃ結構ひどいかもねーと言われました。
いや、前々から枕が合わないとは思ってた。

リハビリで電気かけてもらって、週1回行くことになりました。
とっても楽!
整形外科に行く途中、バスの中から桜が咲いてるのを見ました。

うわー、日当たり良くて、北風が吹かないところは咲いている!
桜の木は1本だけでも、人を幸せにする。
暗い夜でも、ほんのり明るい。

今週は水曜日に「今日は木曜日」と認識して、木曜日には「今日は金曜日」と認識してしまった。
次の日が金曜日。
完璧に負け。

全然、時代もそれに合わせた作りも違う「仕事人III」と、70年代に作られた「必殺」を比べるのはどうか。
自分でもそう思う。
でも見ると、つい、言ってしまう時がある。
特に話や設定が過去の作品とかぶったり、「必殺」の基本と思っていたことに触れると、つい。

バスの中で席を譲ったら、「私、80歳とかに見えます?」と聞かれてしまった。
「とんでもありません」と答えた。
ただ、明らかに年金をいただいていると思われる年齢の人が立って、私が座っているようじゃダメなんじゃないかと思ってるだけです。
…追求しないでください。

3月が終わる。
おそらく、一生忘れることがない2011年の3月が。


スポンサーサイト

Comment

編集
いますね。
席を譲ろうとしたら、断固拒否するお年寄り。
何歳に見えようが、お年寄りはお年寄りなんだから、自分より若い人の好意を素直に受ければいいのにって思いますね。

また、一度こんな風に拒否されちゃうと、次から席を譲りづらくなっちゃいますよね。

昨年小樽でコンビニに行った時、若者が戸を開けて私を先に通してくれたことがありました。
そんな年寄りに見えたのかとちょっとショックだったけど、単に年長者に対して礼儀正しいだけの若者かもしれないし、何より他人をいたわろうとするその心根がうれしい。
なので、「ありがとう♪」ってお礼を言って通らせていただきました。

他人の思いやりを無駄にするような老人にだけは、なりたくないものですね。
2011年04月01日(Fri) 18:40
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>席を譲ろうとしたら、断固拒否するお年寄り。

悪いことしたみたいで、気分害されるとすご~く困りますよね。

>何歳に見えようが、お年寄りはお年寄りなんだから、自分より若い人の好意を素直に受ければいいのにって思いますね。

そんな言われたの、初めてでした。

>また、一度こんな風に拒否されちゃうと、次から席を譲りづらくなっちゃいますよね。

そうなんです、失礼なのかなあと思っちゃう。

>そんな年寄りに見えたのかとちょっとショックだったけど、単に年長者に対して礼儀正しいだけの若者かもしれないし、何より他人をいたわろうとするその心根がうれしい。

あっ、それはきっと礼儀ですよ!

>なので、「ありがとう♪」ってお礼を言って通らせていただきました。

人のしてくれたことに対して、ありがとうで応えるような場面。
いいですね~!

>他人の思いやりを無駄にするような老人にだけは、なりたくないものですね。

ほんとです…。
気に障る人もいるんだなあと思いました。
2011年04月02日(Sat) 00:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL