「仮面ライダー」40周年特集番組。
レアな映像が見られたというのに、私は京本政樹さんが出ているところからしか見られなかった…。
そう、自分が悪いんです!
見逃したんです!

ああー、見たかったーっ!
最近「夜兎の角右衛門」出演者インタビューは見逃したし、後で悔・悲しい思いをすることが多い。
しかも自分が悪い。
自分を責めるしかない。

SMAPの3時間生放送「がんばりましょう」。
元気が出る名曲ベスト10、2位の「世界に一つだけの花」はお坊さんが「あれは良い曲だ」とおっしゃってました。
仏教の教えにもあることだ、と。

1位の「がんばりましょう」については、こんな話を聞きました。
疲れきったクレーム係の事務所に、残業中、誰も触れてないのに突然、ラジオかなんかでこの曲が流れたそうです。
本当は怖い話の範疇に入る話だったんだけど、みんな「がんばれ」って言われてる…と思ったとか。
やっぱり、応援歌なのかも。


NHKで松任谷由実の「春よ、来い」を聴いてしまった。
聴いてしまった、とは失礼。
とってもいい曲なんだけど、阪神大震災で奥さんと生後数ヶ月の赤ちゃんが被害に遭った人の話の後、耳に入ってきたんですよ、この曲。

「人生って何なんだろね。今まで築き上げてきたものが、1分足らずでなくなってしまうって、何なんだろうね」。
「俺ならもう、会社来ない…。働かない…」。
そんな言葉を聞いた帰り。
「春よ、来い」が耳に入ってきた。

すごく悲しくなって、危うく、泣きそうになった。
この時を最後に、CDも聴けなくなってしまった。
今でも聴けない。
曲を聴いたら、ふと、思い出してしまった。

でも、人間が幸せになろうとする力って、すごいものがあるよ。
だから大丈夫なんだよ。
人間は、生きている人間は、そうやって前に進むしかないんだ。

そんな言葉も聞いた。
本当にそうだと信じたいと思った。
「がんばりましょう」見ていたら、そうだと思える話が聞けた。
春よ、来い。


スポンサーサイト
2011.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1717-adba4cc8