こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP本田博太郎さん♪ ≫ 「仮面ライダーカブト」主演のお2人の対談

「仮面ライダーカブト」主演のお2人の対談

「仮面ライダーカブト」。
主演の水嶋ヒロさん、佐藤祐基さん、お2人の対談。
「仮面ライダーカブト」見たけど、おもしろかった!


佐藤さんは、元野球部。
「お父さんにすごい球投げてたね。お父さん、死んじゃうんじゃないかと思った」と水嶋さん。
お父さんって、加賀美のパパ、本田博太郎さんですね!

しかし元野球部の20代の球を、「あっ、やば!」と思っちゃった球を、受け止めるんですから本田さんすごいよね。
その後、「ちゃんと投げなさい」って冷静に言ったって。
想像つくからおかしい。
「こらぁ、祐基ぃー!本田さんに怪我させたらどうするんだー!責任取れんのかー!」って、監督に怒られたらしいけど。




「本田さんと一番、絡んでたよね?」と水嶋さん。
「何かいいエピソード、ないの?」と言われた佐藤さん。
「あの人は…、雲の上の存在だよね。ほんとに芝居に生きてきた人だから」。

「勉強させられることが一杯あったね」と水嶋さんが言う。
「ストイックに自分でこうしていきたいとか、すごい考えてやって行く」。
「あの姿勢はすげえ、勉強になったね」。
「いろいろ教えてくれたし」。

あ~、「時代劇マガジン」では本田さんが山崎努さんについて、同じようなこと言ってましたね。
新幹線乗って京都に来る前の晩、もう既に東京にいる時から役に入ってる、って。
すごくどうするか考えてきていて、すごくストイックで、と。
山崎さんに「お前と俺はよう似てるわ」って言われたそうですけど、若手に同じようなことを言われるって…。
似てるんじゃないですかね、やっぱり。



スポンサーサイト

Comment

編集
カブト、気に入って頂けて何より。
ちゃーすけさんにお勧めしておいてなんですが・・・私自身はカブトは嫌いなんですよね。
^^;
主人公は最後の最後まで極度の”クランマ・コンプレックス”。妹は妹で重度の”ブラコン”。
最終的にはお婆ちゃんから脱却して、自らの考えでしゃべって行動するようになって欲しかった。最後まで自分の考えに基づいて動くことの無かったヒーロー。
だからカブトは嫌いです。

でも、カブトはおいておいて、ホッパー兄弟とかサソードとか、サブキャラ達は大好きでした。
中でも佐藤君演じるガタックが大好き。あれこそヒーローらしいヒーローでした。熱いしね♪そのガタックに友情を感じ、「我が友カッガ~ミィ」の為ならがんばり抜くサソードも大好き。

そして佐藤君と本田さんのあの異様な親子・・・「主人公兄妹は嫌い!」という感情をさっ引いても、あの番組を私に釘付けするには十分。

あっ、水島ヒロが嫌いと言うんじゃないですよ。映画「BACK」は大好きです。
念のため。^^;
2011年04月26日(Tue) 13:38
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>ちゃーすけさんにお勧めしておいてなんですが・・・私自身はカブトは嫌いなんですよね。
^^;

いえ、何かそんな感じします!
わかります。
私もカブトが精神的にお婆ちゃんを吹っ切る設定なら良かったのに、と思いました。

そしたら、もっとカブトがカッコよくなったかも、と。
水嶋さんは十分、イケメンでしたけど。
カブトが悪いんじゃなくて、設定が私にはもうちょっと物足りなかった。

>でも、カブトはおいておいて、ホッパー兄弟とかサソードとか、サブキャラ達は大好きでした。
>中でも佐藤君演じるガタックが大好き。あれこそヒーローらしいヒーローでした。熱いしね♪そのガタックに友情を感じ、「我が友カッガ~ミィ」の為ならがんばり抜くサ>ソードも大好き。

私もガタックが良かった。
あと、サソード!
佐藤さんは演技的にもベテランさんと組んで大変だったけど、やりがいのある役だったんじゃないかと。

>そして佐藤君と本田さんのあの異様な親子・・・「主人公兄妹は嫌い!」という感情をさっ引いても、あの番組を私に釘付けするには十分。

もう、私を「出たー!」と言わせてくれるに十分でした。
この親子、どこに向かうの…という興味だけでも、見続けられるほど。
見ていて、ほんとにおもしろかった。

>あっ、水島ヒロが嫌いと言うんじゃないですよ。映画「BACK」は大好きです。
>念のため。^^;

わかります、わかります!
水嶋さんではなくて、カブトの性格が残念だっただけ。
やっぱり、いろんなところに才能ある若手であることはわかりますもん。
2011年04月26日(Tue) 14:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL