「仮面ライダーカブト」。
主演の水嶋ヒロさん、佐藤祐基さん、お2人の対談。
「仮面ライダーカブト」見たけど、おもしろかった!


佐藤さんは、元野球部。
「お父さんにすごい球投げてたね。お父さん、死んじゃうんじゃないかと思った」と水嶋さん。
お父さんって、加賀美のパパ、本田博太郎さんですね!

しかし元野球部の20代の球を、「あっ、やば!」と思っちゃった球を、受け止めるんですから本田さんすごいよね。
その後、「ちゃんと投げなさい」って冷静に言ったって。
想像つくからおかしい。
「こらぁ、祐基ぃー!本田さんに怪我させたらどうするんだー!責任取れんのかー!」って、監督に怒られたらしいけど。




「本田さんと一番、絡んでたよね?」と水嶋さん。
「何かいいエピソード、ないの?」と言われた佐藤さん。
「あの人は…、雲の上の存在だよね。ほんとに芝居に生きてきた人だから」。

「勉強させられることが一杯あったね」と水嶋さんが言う。
「ストイックに自分でこうしていきたいとか、すごい考えてやって行く」。
「あの姿勢はすげえ、勉強になったね」。
「いろいろ教えてくれたし」。

あ~、「時代劇マガジン」では本田さんが山崎努さんについて、同じようなこと言ってましたね。
新幹線乗って京都に来る前の晩、もう既に東京にいる時から役に入ってる、って。
すごくどうするか考えてきていて、すごくストイックで、と。
山崎さんに「お前と俺はよう似てるわ」って言われたそうですけど、若手に同じようなことを言われるって…。
似てるんじゃないですかね、やっぱり。



スポンサーサイト
2011.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1764-3319e263