こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕舞人 ≫ 「仕舞人」思い出してしまった「橋掛人」2話

「仕舞人」思い出してしまった「橋掛人」2話

「仕事屋稼業」が終わって、翌日から「必殺橋掛人」。
これ、全然見たことないんです。
てんで、ほんと、存在さえ知らなかったから、ちょこっと調べたりしました。

津川さんが殺し屋側を演じてたことも、ちょっと前まで知らなかった。
宅間伸さんが「必殺」経験者だったことも、知らなかった。
万田久子さんと斉藤清六さんが夫婦役だったことも、西崎みどりさんが出てたことも…、ってしつこい。

それで、今日見てたら、ゲストが本田博太郎さんだった。
しかも、妻役が竹井みどりさん。
さらに本田さんの役柄が、漁師だった。

本田さんは「仕舞人」では直次郎、竹井みどりさんは直次郎が「あんな女、嫁にしてえんだよな」と言った漁師の網元の娘。
意識してキャスティングしたと思われる。
「仕舞人」見ていた人へのサービスかな。

そういえば西崎みどりさんは「仕舞人」の最後で、尼僧になったんでした。
ここでは尼僧ながら、父の残していった裏稼業の依頼を引き継ぐ。
こりゃ、「仕舞人」見ていた人はニンマリ…の設定だったかも。

「仕舞人」の時は娘には既に漁師の婚約者がいて、しかも悲劇に見舞われた。
今回は直次郎が3話の音松みたいに真面目で、追い詰められていて、漁師だったらこうなった。
…そりゃ、こじつけすぎ。

本田さんと竹井さんの2人、「火曜サスペンス劇場」では科捜研の技官と、保険金詐欺の犯人だったじゃないかー。
じゃあ、あの物静かな技官は直次郎がどうなってああなるのだ。
って、自分で自分に突っ込み入れるよ。
竹井みどりさんは、どっちでも悲惨でした。

捕えられた妻の為、借金でがんじがらめになっている夫は最終的に悪事に加担させられる。
それを心配し、止める直次郎のポジション・新吉は宅間伸さん。
しかし、直次郎だって妙な親分さんに拾われていたら、人が良いだけに悲惨なことになったかもしれない。
一寸先は闇と思わせてくれる「必殺」世界なのだった。


スポンサーサイト

Comment

編集
橋掛人は、斎藤静六さんが嫌でしたね。
劇場版での彼も嫌でしたが・・・。

しかも、殺し技、、劇場版の研ナオコのパクリだし。彼が「おくらぁ~」って言うのを聞いているだけでも嫌でしたなぇ。
「お~またせぇしましたぁ~村のぉ時間のぉ時間がぁ~やってぇきましたぁ~~~」と言う「欽どこ」の村のアナウンサーなんかは好きでしたけどね。
根本的に演技できない人に役者をやらせること自体がダメ!
その意味ではキャスティングされてしまった彼もかわいそうとは思うけど、無理なんだから・・・断る由紀を持て欲しかった。
^^;

津川さんの殺しの技、反物ですよね?BGMは仕業人のでしたっけ。宅間さんの吹き矢も格好良かったなぁ。
津川さんの奥さん役が高部知子さんですよね?彼女、好きだったなぁ。
あんな事件で表舞台から姿を消してしまったのはもったいなかったなぁ。
一度、「欽どこ」で謹慎中の彼女が電話出演したことがありましたね。欽ちゃんとの会話が本当の父と娘みたいで、観ていて泣けました。
結局再起を図るも、ろくな仕事が無くて、そのまま消えてしまいました。
もったいないなぁ・・・。

あっ、考えてみれば、高部知子、斎藤静六、萬田久子・・・メインは欽どこファミリーだったんですね、この番組!
2011年05月13日(Fri) 15:56
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>橋掛人は、斎藤静六さんが嫌でしたね。
>劇場版での彼も嫌でしたが・・・。

劇場版では石亀でしたっけ?
モグラのように地中に潜る男。

あれ、誰一人殺さず、その前に逃げちゃったのが嫌でした。
仕事料どうなったのか、とも思いました。
まさか、持ったまま逃げた?

>しかも、殺し技、、劇場版の研ナオコのパクリだし。彼が「おくらぁ~」って言うのを聞いているだけでも嫌でしたなぇ。

映画では研ナオコさんの妻が誘導して、芦屋雁之助さんの夫が瓦を投げるんですよね。
研さんのその時のポーズが、やっていた「おむすび山」のCMのポーズと同じだった。

>根本的に演技できない人に役者をやらせること自体がダメ!

そうなんですよ、素人過ぎるんです、演技してない。
斎藤静六さんそのものが、そこにいるんです。
さらに必殺世界に合ってない。

いつも会う長屋の住人…とかだったら、平気だったと思います。
別に清六さん、嫌いじゃなかったですし。
その頃住んでいたところの、近所のお寿司屋さんにいらっしゃったようです。

>津川さんの殺しの技、反物ですよね?BGMは仕業人のでしたっけ。宅間さんの吹き矢も格好良かったなぁ。

津川さんは悪役で何度も見ましたが、自分の始末まで頼んでいくきっちりした殺し屋の態度がさすがです。
何でも出来る…というか、プロの俳優さんだなあとつくづく思います。

>津川さんの奥さん役が高部知子さんですよね?彼女、好きだったなぁ。

私もが初めて見て、それで知ったんですが、かわいらしい新妻ぶりじゃないですかー。
津川さんの先妻との子にやり込められて、本気でべそかいてるところがかわいい。
演技うまいのに、もったいなかった。

>あんな事件で表舞台から姿を消してしまったのはもったいなかったなぁ。

あの事件に関して当時も思ったんですが、雑誌社の大人が、「こんなことしちゃいけないよ」って言える人であってほしかった。

>一度、「欽どこ」で謹慎中の彼女が電話出演したことがありましたね。欽ちゃんとの会話が本当の父と娘みたいで、観ていて泣けました。

見ました、それ!
確か「おとうさーん」と泣いていた。
かわいそうだった。

>結局再起を図るも、ろくな仕事が無くて、そのまま消えてしまいました。

演技うまかったのに…。
私の周りに1人、高部知子さんがんばれ!って言ってた人いましたよ。
きっと残念がっていたと思います。

>あっ、考えてみれば、高部知子、斎藤静六、萬田久子・・・メインは欽どこファミリーだったんですね、この番組!

それも初めて知りました。
おー、そういうつながりだったのか!?
2011年05月13日(Fri) 23:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL