こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP本田博太郎さん♪ ≫ イイ線行ってる 「相棒」 「双頭の悪魔」

イイ線行ってる 「相棒」 「双頭の悪魔」

月曜日だと言うのに、朝から調子悪くてぐったりしてました。
無駄な努力と言われるけど、なるべく頭痛薬とか飲まない私は、一眠りの一休みできないといつまでもつらい。
明日は病院だから、整形外科の先生に腰が痛くて熟睡できないと言おう。

つらいわ。
ああ、ハンドクリームは机から落ちるし。
それでもお昼は、親子丼。
昨日から決めていて作った親子丼。


再放送の「相棒」は本日、「双頭の悪魔」だったんですね。
本田博太郎さんが、内閣官房長官の朱雀武比古を演じています。
先週まで「その男、副署長」が再放送されていて、そこでは近藤警務課長だった。
「刺客請負人2」の道八さんといい、2時間サスペンスといい、先週からずっと本田さんに接する機会が、すごく多かったわけですね。

幸せじゃないですかー。
祭りだ。
そういえば昔、近所の薬局で、ある商品を揃えて安売りしていて「○○祭り」と称していた。
見た私は「そんなもの、祭るなっつーの!」と思った。

何を祭っていたかは、ご想像にお任せする。
いや、別に大したもんじゃないの。
でも祭ることはないと思うの。


さて、「双頭の悪魔」。
私は最初、3週連続になった時、正直、長いと思いました。
全3話にまですることなかったんじゃないかなーと思いましたが、「相棒」で未だに生き残って頂点極めそうな片山雛子登場の回だと思うと納得です。
「相棒」はレギュラー、準レギュラーが次々消えてますけど、今度は雛ちゃんなんだろうか…。

おもしろかったんですが、総理まで操る官房長官が自分で手を汚すかなあと、今でも思いますね。
自分の飼い犬だと思っていた相手に盗聴しかけられてキレた…、んだと思いましょうか。
本田さんって、意表をつくキャラだし。
それにしても魑魅魍魎の蠢く政界で官房長官まで努め、総理まで操るような男がそんなことするかなあという気持ちは消せません。

いや、この話は官房長官やその周りの人間たち以上に片山雛子という女性が頭が良くて、人間と先を見る能力が非常に強くて、自分の手を一切汚さずに人を動かしていく女性だということが言いたかったんでしょうね。
そして冷酷であり、愛人だろうが誰だろうが情を移さず、必要がなくなればバッサリ切り捨てられる人間だということ。

後々までそれは描かれてるんですけど、それを表しているんだと思うことにします。
官房長官からの電話に、平家物語を語るのは、朱雀がもはや、驕り高ぶった平家と同じで落日を迎えると言いたかったのでしょう。
でも朱雀は、「力で握りつぶす」と未だに宣言していて、自分の力にこれっぽっちも疑いを持たない。

だからこそ、官房長官自ら手を汚すところの説得力が欲しかった。
雛子がうまく、そう持っていくところとかね、あればよかった。
彼女以外の人間が、勝手に自滅していく、殺しあっていくというか。
でも朱雀官房長官は「イイ線いってる」ので、いいや!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL