こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺からくり人 ≫ 「からくり人」予告を見て

「からくり人」予告を見て

「橋掛人」が終了し、今は「必殺渡し人」ですね。
しかし「橋掛人」で宅間伸さん、「渡し人」で中村雅俊さんと、意外な人もレギュラー出演していたんですね。
意外というか、殺し屋というダークな役を演じるとは思っていなかった人、というか。

明るいお日様の下、全力投球してるとか、中村さんなんかそんなイメージだったんで。
高峰三枝子さんがきれいなのは言うまでもないけど、西崎みどりさんも出演。
あくまで私の中で、なんですが、西崎さんって、ジュディ・オングさんと共に「必殺」のマドンナ的存在。
「橋掛人」、「仕事屋稼業」があまりに壮烈な最終回だったので、翌日からどうかなーとは思いましたが、案外すんなり入っていけました。

「必殺」を知り尽くしている津川さんが主演だからですか。
悪役、殺される側では強烈な印象を残してくれましたが、ここでは普通の人間であり、殺し屋。
後妻と娘のにぎやかな日常に悩まされ、楽しみつつ、裏の顔は渋い。
やっぱりこの方、相当に上手い俳優さんなんですねえ。

よき家庭人と、凄みのある殺し屋。
表と裏の顔の演じ分けが、見事だった。
展開もなかなか、ハード。
どうかなあ…と思った斉藤清六さんも、最後の方では拷問されたり、殺しの標的の足を刺したり。

頑張ってくれました。
あと、高部知子さんが津川さんの若い後妻役で出演してました。
津川さん相手にすねたり、先妻の子と張り合ったりと、愛らしい。
先妻の娘役も、こまっしゃくれてて上手かったな。

「渡し人」は去年も見たし、その前は民放でも放送していたので見なくていいかな…といった感じです。
京マチ子さんに続く大物女優、高峰三枝子さんはお綺麗ですが。
おっ、ここでも西崎みどりさんが出演してますね。
「渡し人」すっとばして申し訳ないんですが、次は「からくり人」。

「必殺」シリーズの中でも屈指の、切なさを持った作品だと思います。
ここでも大女優・山田五十鈴さんが出演。
「必殺」の映像美に惚れ込み、何でも石原興さんのカメラと、中島利男さんの照明で撮ってもらいたくて出演OKしたという話。
これに工藤栄一監督が加わって、こりゃもう鉄壁の完成された世界ですわね。

緒形拳さんの枕売り・夢屋時次郎が歌う節、「ね~むれぬよ~るは、な~がくてつらい~。ね~むらせてあげよう~」。
これがまた、妙に耳に残る。
現・千葉県知事も花火師・天平で登場。

ラスト2話の壮絶さ。
この頃の「必殺」のラストのすごさは、時代かなとも思う。
早くも「からくり人」の予告を見て、語ってしまいました。
「渡し人」ファンの人、これ見てたらごめんね。


スポンサーサイト

Comment

編集
>意外というか、殺し屋というダークな役を演じるとは思っていなかった人、というか。

これって、そもそも必殺のキャスティングの原点ではないでしょうか?

津阪さんや山村聡さんなんか、その典型だと思います。森田健作さんやひかる一平さんなんかもそうですよね。
必殺シリーズは、「まさかこの人が!」というキャスティングの連続だったようにも思います。

太AKB干支も古参はかわいらしかったですね。継子と一緒に泣き出しちゃって、津川さんを困らせたり・・・。
すずめの姉妹は、今でも活動しているのは・・・当時一番人気が薄かった末娘ですかね?長女はお芝居をやっていたと思ったけど、まだ続けているのかな・・・。
2011年06月01日(Wed) 16:25
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>これって、そもそも必殺のキャスティングの原点ではないでしょうか?

あ、そうですね!
そうでした!

>津阪さんや山村聡さんなんか、その典型だと思います。森田健作さんやひかる一平さんなんかもそうですよね。

なんて言うか、山村さんとかはもう、見始めた時には「必殺」にいらっしゃったので、「そういうもの」だと思っていたんですね。
だけど、宅間さんとか中村さん、三浦友和さんなんかもそうです。
「必殺」前の役のイメージが強くて。

そちらを先に見ていたので、そのイメージが強かった。
だから意外~って思っちゃったんですね。
しかし、「必殺」のキャスティングとは本来、そういうものでした。

>必殺シリーズは、「まさかこの人が!」というキャスティングの連続だったようにも思います。

あー、まさにこれだったんですね。
どうりで当時、驚きで受け止められたはず。

高部さんの演じるお紺は、本気で子供と張り合って、どちらかというとおちょくられてました。
そのかわいらしさ。
ここから飛び降りたら、どっちを受け止める?って津川さん困り果てて…。

>すずめの姉妹は、今でも活動しているのは・・・当時一番人気が薄かった末娘ですかね?長女はお芝居をやっていたと思ったけど、まだ続けているのかな・・・。

のぞみ、かなえ、たまえ、って名前がついてましたよね。
改めて、高部さんには華があったなと思いました。
良かったですよ、やっぱり。
2011年06月01日(Wed) 18:59
編集
私も山村さんは必殺の人とすんなり受け入れていましたけど、仕掛人に続いて助け人でも元締めをやった時は、ファンから「お前はいつまでそんなことをやっているんだ!」と叱責を受けたと言いますから、歩^無ドラマなどを見慣れた人には、人殺しの山村さんは拒絶反応があったのでしょうねぇ。

っで、もう大昔の記憶なんですっかり忘れていましたし、今ではあまりにも当然の事なので思い出しもしなかったことなんですが、このキャスティングの妙の最大のものが・・・中村主水=藤田まこと!

この役をやるまでの藤田まことさんのイメージと言えば「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎!当たり前田のクラッカー!!

その藤田さん、表の顔の中村主水はあんかけの時次郎に通じるものはあった。ああ、藤田まことさんだなぁって安心して観れた。
が、裏家業の顔の中村主水は・・・初めて見た時はビックリでしたよ。「てなもんや三度笠」では見ることが出来なかった、見せることの無かったあの表情、あの立ち回り。

なにぶん子供だったからあの当時の世間の評判は覚えていませんが・・・たぶん、世間もあっと言ったんじゃないですかね?だからこそ中村主水シリーズは続いたんじゃないでしょうか。
2011年06月03日(Fri) 11:47
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>私も山村さんは必殺の人とすんなり受け入れていましたけど、仕掛人に続いて助け人でも元締めをやった時は、ファンから「お前はいつまでそんなことをやっているんだ!」と叱責を受けたと言いますから、歩^無ドラマなどを見慣れた人には、人殺しの山村さんは拒絶反応があったのでしょうねぇ。

私も山村さんは必殺の元締めと思っていましたが、そうじゃない山村さんを長く見ていた人はそんな風に拒絶したんですか。
そうなんですか…。
貫禄があって人間味があって、それでいて凄みもあって、いい元締めだなあと思っていたけど、そう受け止めなかった人もいたんですね。

>っで、もう大昔の記憶なんですっかり忘れていましたし、今ではあまりにも当然の事なので思い出しもしなかったことなんですが、このキャスティングの妙の最大のものが・・・中村主水=藤田まこと!

私もハッとしました!
そうだ、藤田まことさんってそれこそ意外なキャスティングだったんだ。
喜劇の人だったんだ!って。
誰かの親御さんが、仕置人の予告を見て「あんかけの時次郎じゃないか!」って言ったって。

>その藤田さん、表の顔の中村主水はあんかけの時次郎に通じるものはあった。ああ、藤田まことさんだなぁって安心して観れた。
>が、裏家業の顔の中村主水は・・・初めて見た時はビックリでしたよ。「てなもんや三度笠」では見ることが出来なかった、見せることの無かったあの表情、あの立ち回り。

私なんか逆に中村主水から入りましたけど、後で「てなもんや三度笠」の映像を見ると「ああ、表の顔の中村主水だなあ」と思いました。
でも「あんかけの時次郎」に裏の顔はなかった。
それが中村主水で裏の顔を演じて。
見事ですよね、あの二面性。

>なにぶん子供だったからあの当時の世間の評判は覚えていませんが・・・たぶん、世間もあっと言ったんじゃないですかね?だからこそ中村主水シリーズは続いたんじゃないでしょうか。

私もわからないですが、仕留人、助け人にもゲスト出演したことから、結構な評判だったんじゃないでしょうか。
あの境遇とか感情移入しやすいし、それでいて裏の顔はすごい。
見ていていろんな人に支持されやすいキャラクターですよね。
人を笑わせる喜劇をやっていたから、逆の演技もツボを押さえられるのか…と思いました。
2011年06月03日(Fri) 13:30
編集
津川さん演じる柳次の殺し屋ぶりは年齢相応の色気がありましたね。
三味線屋の勇次が60歳ぐらいになったら、こんな感じ?

表の家庭で主水のように家族にいびられたり
貢や左門のように裏稼業の業が回り回ってという展開があれば、もう少し引き込まれたでしょうか…。
2011年06月04日(Sat) 22:03
巨炎さん
編集
>巨炎さん

>津川さん演じる柳次の殺し屋ぶりは年齢相応の色気がありましたね。

さすが、大人の色気がありました。
いろんな人生経験に裏打ちされての余裕と貫禄。

>三味線屋の勇次が60歳ぐらいになったら、こんな感じ?

そんな感じですね!
相変わらず艶っぽいでしょうし。

>表の家庭で主水のように家族にいびられたり
貢や左門のように裏稼業の業が回り回ってという展開があれば、もう少し引き込まれたでしょうか…。

最後はみーんなまとめて面倒見ちゃう、のんきな親父さんで終わりました。
本人は覚悟も持って仕事に臨んではいましたが、平穏な日常で楽しそうでした。
家庭に迫る危機感はなかったですね。
2011年06月05日(Sun) 11:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL