「橋掛人」が終了し、今は「必殺渡し人」ですね。
しかし「橋掛人」で宅間伸さん、「渡し人」で中村雅俊さんと、意外な人もレギュラー出演していたんですね。
意外というか、殺し屋というダークな役を演じるとは思っていなかった人、というか。

明るいお日様の下、全力投球してるとか、中村さんなんかそんなイメージだったんで。
高峰三枝子さんがきれいなのは言うまでもないけど、西崎みどりさんも出演。
あくまで私の中で、なんですが、西崎さんって、ジュディ・オングさんと共に「必殺」のマドンナ的存在。
「橋掛人」、「仕事屋稼業」があまりに壮烈な最終回だったので、翌日からどうかなーとは思いましたが、案外すんなり入っていけました。

「必殺」を知り尽くしている津川さんが主演だからですか。
悪役、殺される側では強烈な印象を残してくれましたが、ここでは普通の人間であり、殺し屋。
後妻と娘のにぎやかな日常に悩まされ、楽しみつつ、裏の顔は渋い。
やっぱりこの方、相当に上手い俳優さんなんですねえ。

よき家庭人と、凄みのある殺し屋。
表と裏の顔の演じ分けが、見事だった。
展開もなかなか、ハード。
どうかなあ…と思った斉藤清六さんも、最後の方では拷問されたり、殺しの標的の足を刺したり。

頑張ってくれました。
あと、高部知子さんが津川さんの若い後妻役で出演してました。
津川さん相手にすねたり、先妻の子と張り合ったりと、愛らしい。
先妻の娘役も、こまっしゃくれてて上手かったな。

「渡し人」は去年も見たし、その前は民放でも放送していたので見なくていいかな…といった感じです。
京マチ子さんに続く大物女優、高峰三枝子さんはお綺麗ですが。
おっ、ここでも西崎みどりさんが出演してますね。
「渡し人」すっとばして申し訳ないんですが、次は「からくり人」。

「必殺」シリーズの中でも屈指の、切なさを持った作品だと思います。
ここでも大女優・山田五十鈴さんが出演。
「必殺」の映像美に惚れ込み、何でも石原興さんのカメラと、中島利男さんの照明で撮ってもらいたくて出演OKしたという話。
これに工藤栄一監督が加わって、こりゃもう鉄壁の完成された世界ですわね。

緒形拳さんの枕売り・夢屋時次郎が歌う節、「ね~むれぬよ~るは、な~がくてつらい~。ね~むらせてあげよう~」。
これがまた、妙に耳に残る。
現・千葉県知事も花火師・天平で登場。

ラスト2話の壮絶さ。
この頃の「必殺」のラストのすごさは、時代かなとも思う。
早くも「からくり人」の予告を見て、語ってしまいました。
「渡し人」ファンの人、これ見てたらごめんね。


スポンサーサイト
2011.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1812-1fdf305e