こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP新・必殺仕事人~III・IV・V ≫ 「仕事人V」第5話 主水の言う通り、地獄へも行けないよね

「仕事人V」第5話 主水の言う通り、地獄へも行けないよね

テレビ埼玉で放送されている、「仕事人V」。
友人ははっきり、京本政樹の仕事人を覚えているのですが、私は「V」を見ていなかったらしく、まったく記憶がない。
「III」で自分の視聴は終わっているのかと思ったのですが、「IV」まで見ていたらしい。

「V」を見ていない理由はたいそうなことじゃなくて、あの放送時間にも忙しくなっていったのが大きな原因だと思う。
京本さん演じる竜。
市松が原型だって話ですが、えらい力持ちじゃありませんか。
人、吊り上げちゃってますよね。


昨日放送の第5話、「主水、奉行所の人員整理にあわてる」は、村上弘明さんが演じる政の過去編でした。
仲間、いえ、自分の恋人だろうが平気で結託している同心に売る仕事人のお京。
野際陽子さんが、演じました。
そうして、お京は闇の世界に生きてきた。

お京はかつて、政の父親を密告し、その為父親は9歳の政を置いて処刑された。
しかし、お京はなぜか、政を引き取り、育てた。
政の花の枝を折る仕事は、お京が師匠だった。

同心がお京を怖い女だと笑い、「そういえばあの時も」と話したのは、政の父親のことだった。
床下に潜んで探索していた政は、お京の正体を知ってしまった。
自分の父を陥れたのが、お京であることも。
確か、あの時の仕事人には9歳になる男の子がいた。

同心に言われたお京の脳裏に、親子のようにはしゃぐお京と幼い日の政の姿があった。
お京は無言だった。
そして仕事の時が来る。
仕事装束の美しいお京と、政の対決は一瞬で決まった。

「政…、腕ぇ上げたね」。
お京は崩れ落ちる。
「なぜ、俺を育てた?」
「気まぐれさ」とお京は答え、政の胸の中で息絶える。

お京が何を考えて、政を育てたのかわからない。
罪滅ぼし…と思うのが、普通かもしれない。。
でももしかしたら、こんな生き方をする自分自身がもう、嫌だったのかもしれない。

いつかこの子は、自分を殺しに来る。
その覚悟で、そして密かにそんな終わり方を望んで、お京は政を育て、殺しを仕込んだのかもしれない。
お京は何も語らないけれど、そんな風に思えてくる。

育ての親が実の親を殺していたという設定は、「必殺」には、しばしば登場します。
「仕置屋」の市松。
「仕業人」の又右衛門。
「仕事人」の勇次とおりく。

市松は殺し屋として、父親を裏切った相手が良いように育てられた感じがします。
育ての親を仕置した後の、市松の背中。
ああ、市松は泣いている…と思いました。
でも振り返った市松は不敵な笑みを浮かべ、ピンチを救った主水に仕置料を請求し、安い命だなと憎まれ口をたたく。

仲間が「腕はいいが、嫌な男だ」と見送る中、市松の背中は「誰も愛さない、誰も信じない、仲間なんかいらない」と言っているかのように見えました。
顔は見えないけど、市松の目に涙が溢れているのがわかる。
沖雅也さんの演技と、素晴らしい演出だったと思います。
それから、敵役の津川さんの熱演。

右衛門の親が裏切りで殺された後、育ての親は愛情を持って育ててはくれた。
しかし再会の時、その親は外道に堕ちていた。
育ての親が子供でさえ手にかける外道に堕ちていたことを、確認した又右衛門。

仕置して去っていく時、又右衛門は過去に、人間らしい親子の情に、別れを告げるように教えてもらった数え歌を歌います。
その手前では、相手の為に自分の人生を投げ出し、一蓮托生の剣之介とお歌がいます。
自分にはそういったものは縁がない…、と言っているように去っていく又右衛門。
こちらも素晴らしい演技と演出でした。

両者とも、多少なりとも感じていた情を断ち切られるように、相手の仕置に踏み切ってます。
勇次とおりくは、おりくが深い罪悪感を感じ、勇次がそんなおりくを気遣う。
2人は完璧な親子であり、その辺に軋轢は生じませんでした。
今回は殺した相手がおりく同様、女性だからでしょうか。

政に市松や又右衛門のような、人間不信に陥る様子はなかったように見えます。
母と幼い子は理屈を超えて、愛情で繋がっていたのかもしれない。
友達でも何でも、普通の関係が築けない裏の人たちってやっぱり哀しい。

だからこそ、仲間に得たた仕置人たちは、相手の為には全てを失う覚悟ができたのかもしれない。
「仲間を裏切ってみろ、地獄へも行けやしねえぜ」と言った主水の言葉は、伊達じゃない。
主水や鉄、己代松、正八なんかもふと、思い出しました。


スポンサーサイト

Comment

編集
この話は、Vの中ではかなりがんばったお話だと思います。が、それでもイマイチ仕事人の”業”が、”悲しさ””苦しみ”が伝わってきていないように思います。
相手の正体を知った政は、なんの苦悩も見せずに仕事にかけちゃってますよね。まぁ、そういうドライな時代だったと言うことなのでしょうか?

しかし、V・・・舞台に立って弁天小僧を演じてやんややんやの大喝采を浴びて悦に入る竜・・・大もうけしたからと通りのど真ん中で大声で「もう声をかけないで。裏の仕事は辞めるから~」と明るく言い放つ加代・・・これでいいのか?って思ってしまいます。
必要以上に目立って、人々の注目を浴びて良いのか?日中の往来で「裏の仕事」だなんて言ってしまって良いのか?

もう少ししたらキン肉マンで有名な漫画家、ゆでたまご先生がゲストで出てくる話があるはずです。
この時、確か額に「肉」と書いて、キンニクバスターをやっていたんじゃなかったかな?
斎藤清六も映画の後日談で再登場するんだけど・・・その時の話も・・・なんだかなぁって記憶が残っています。

竜、殺しの度に天井やら屋根やらを突き破って・・・あんな大きな音を立てていたら、「人知れず仕掛けて仕損じなし」という訳にはいきませんね。w

人気は高かったVですが、意外と短命なシリーズなんですよ。すぐに激闘編になっちゃいます。
激闘編はちょっと好き。^^;
2011年06月10日(Fri) 14:19
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>この話は、Vの中ではかなりがんばったお話だと思います。

やっぱりですか?
「V」もなかなかやるなあ、なんて思ったんですよ。

>が、それでもイマイチ仕事人の”業”が、”悲しさ””苦しみ”が伝わってきていないように思います。
>相手の正体を知った政は、なんの苦悩も見せずに仕事にかけちゃってますよね。まぁ、そういうドライな時代だったと言うことなのでしょうか?

市松や又右衛門のような冷徹に仕事をこなすタイプが、あれだけ衝撃を受け、葛藤したのに比べて苦悩してないなあ…とは思いました。
だからお京にかなり、親愛を、母親を感じてたのかなあと。
それなら余計、葛藤するか…。
考えてみると、それを乗り越えて仕事するのが仕事人としての成長なんで、見せ場なんですよねー。

>しかし、V・・・舞台に立って弁天小僧を演じてやんややんやの大喝采を浴びて悦に入る竜・・・大もうけしたからと通りのど真ん中で大声で「もう声をかけないで。裏の仕事は辞めるから~」と明るく言い放つ加代・・・これでいいのか?って思ってしまいます。

みんな、目立つ!
しかも、大変なこと、口にしてる!
加代も慣れちゃったのでしょうか?
昔はみんな、表では接触持つのも避けていたのに。

>必要以上に目立って、人々の注目を浴びて良いのか?日中の往来で「裏の仕事」だなんて言ってしまって良いのか?

みんな、ひっそりと暮らしていたはず。
うーむ、これはちょっと…、受け入れがたいですねー。

>もう少ししたらキン肉マンで有名な漫画家、ゆでたまご先生がゲストで出てくる話があるはずです。
>この時、確か額に「肉」と書いて、キンニクバスターをやっていたんじゃなかったかな?

そ、それはすでに「隠し芸大会」の劇のような…。
時代がそれを求めていたんでしょうか。

>斎藤清六も映画の後日談で再登場するんだけど・・・その時の話も・・・なんだかなぁって記憶が残っています。

うううーん、清六ちゃんごめんなさい。
「仕事人」「としての清六ちゃんは「橋掛人」で、もういいような。
あれも慣れたのは、最後の方。

>竜、殺しの度に天井やら屋根やらを突き破って・・・あんな大きな音を立てていたら、「人知れず仕掛けて仕損じなし」という訳にはいきませんね。w

竜、仕事が派手で驚きました。
引っ張り上げて、叩き伏せてました。
勇次と同じ系統だけど、全然違うんだなと。
怪力だし…。

>人気は高かったVですが、意外と短命なシリーズなんですよ。すぐに激闘編になっちゃいます。

あ、そうなんですね。
「V」っていっぱいあるなあ、なんて思ってました。
それは激闘編とか、旋風編とかなんですね。

>激闘編はちょっと好き。^^;

激闘編、はぐれ仕事人、壱、弐、参が出てくるんですよね。
私が見た時は映画で、参はあっさり殺されちゃったけど、壱は激闘してました。
弐を一度だけ、大奥の潜入の仕置で見た気が。
何かの再放送で、そこだけ見かけたんです。

だから、楽しみにしてるんですよね。
だけど殺し屋、多くないですか?
そんなに相手が多かったのかな。
2011年06月10日(Fri) 15:20
編集
映画「ブラウン館」を撮影中に、京本さんが怪我をしたんですよ。腕だか足だかに。
っで、撮影が困難になってしまったんですね。なので、終わりの方では竜はほとんど仕事のシーンぐらいしか出てこなかったような・・・。
そんな苦し紛れの撮影が続くわけもなく、人気がありながらVは終了・・・だったと思います。

っで、激闘編になるんですが、助っ人は3人なんですが、基本的には一人ずつしか参加しなかったような・・・特に弐はほとんど出てこないんですよ。
っで、Vからおりくさんと坊主が抜けるわけですから、壱と参が一緒に出ても+-は0。一人しか参加しなかったら-1人です。
助っ人三人というと大所帯のように思えますが、実はそうでもないんです。
まぁ、その辺は放送を楽しみに!^^
2011年06月11日(Sat) 00:40
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>映画「ブラウン館」を撮影中に、京本さんが怪我をしたんですよ。腕だか足だかに。

そういえばある占い番組で、この話が出てました!
京本さんがひどいケガをしたと言って、悪い時期だったからとか、本当はもっとひどいケガになるところだったとか。
そういうのはわかりませんが、本当にひどいケガだったんですね。

>っで、激闘編になるんですが、助っ人は3人なんですが、基本的には一人ずつしか参加しなかったような・・・特に弐はほとんど出てこないんですよ。

じゃ、私は本当にたまたま弐の出演を見たんですね。
大奥に役者として潜入、最後に門で、侍の額に扇でグサッ。
笑顔でお辞儀してました。
梅沢さんにあまりに似合っていて、印象的でした。

>Vからおりくさんと坊主が抜けるわけですから、壱と参が一緒に出ても+-は0。一人しか参加しなかったら-1人です。

あー、おりくさん、もう出ないんですね。
順ちゃんも。
ずっと出てる気がしてました。

>助っ人三人というと大所帯のように思えますが、実はそうでもないんです。

主水、竜、政、壱、弐、参、全部で6人てすごそうだけどそんな感じでもないんですね。
おりくさんがいなくて、主水たちとどんな関わり方するか、楽しみ!
2011年06月11日(Sat) 11:18
編集
>壱、弐、参
必殺DVDマガジンに纏めて登場ですね。
2ndシーズンは数で勝負してますな。

そんな事してるなら松つぁんを出せー!
「新仕置人」観るたびに感心するのが中村氏の
目の動きで表情を出す演技力なんです。
ぜひマガジン採用の折には氏のインタビュー記事を…。
2011年06月12日(Sun) 11:03
巨炎さん
編集
>巨炎さん

>必殺DVDマガジンに纏めて登場ですね。

まとめて!
まとめちゃうぐらいのエピソードなのかしらん。

>そんな事してるなら松つぁんを出せー!

松つぁんは地味に見えて、個性的。
自分が仕置きした親の子供とのエピソードなど、見所たくさんですから是非!
やいとやもお願いしたいです。

>…「新仕置人」観るたびに感心するのが中村氏の目の動きで表情を出す演技力なんです。

さすがなんですよね。

>ぜひマガジン採用の折には氏のインタビュー記事を…。

かなり印象的な撮影だったみたいなので語って欲しいです。
2011年06月12日(Sun) 11:38
秀、竜
編集
お久です。

>育ての親が実の親を殺していたという設定

ちょっと違いますが、「仕事人IV」では、秀がお民の実の父を殺してます(その後、引き取って育てた)。32で、この事実が明らかになった時、勇次が自分の生い立ちと重ねて言及したのは良かったですね。

結局、同作では、これ以上「この設定」の進展がありませんが、「もしお民が秀の裏稼業と、自分の父親を殺した事を知ったら?-と言う研究文を書いた事がありました。

この設定も、前期の頃の必殺だったら、もっとドラマチックに使われてたかも知れませんね~~!

それと、京本さんの足の怪我に関しては、自伝本「META-JIAIGEKI」で、京本さんご自身が書かれてましたが、撮影が総統大変だったようです。立ち姿や後ろ姿は代役、本人は車椅子に座ったまま、上半身やアップのみの撮影。

Vが終わって、舞台の必殺に出た時も、ほとんど立ったままの演技ばかりだったとか。当時のTV中継を見たんですが、花道のセリで上がってきて、見得だけ切って、そのままセリで引っ込んでいられました。前述の自伝本の記載によると、セリで上がってきて、舞台まで歩いていく予定だったようです(私が見た時は、体調が悪くて、そこまで出来なかったのかなあ?)。
2011年06月12日(Sun) 23:47
都の商売人さん
編集
>都の商売人さん

いらっしゃいませ。

>ちょっと違いますが、「仕事人IV」では、秀がお民の実の父を殺してます(その後、引き取って育てた)。32で、この事実が明らかになった時、勇次が自分の生い立ちと重ねて言及したのは良かったですね。

そうでした、秀とお民の関係もそうでしたね。
おりくと勇次は、おりくの方が罪悪感でいっぱいで、勇次がかばっていた。
あの関係は、おりくがいかに勇次を大切に育てたか、よくわかります。

>結局、同作では、これ以上「この設定」の進展がありませんが、「もしお民が秀の裏稼業と、自分の父親を殺した事を知ったら?-と言う研究文を書いた事がありました。

あー、それは興味深いですね!
そういえば、印玄が殺した父親の娘が会った話がありましたっけ。
あの時、娘はわかっていてもたった一人の父親だと言いました。
娘が大人だと父親も悪かったことを認識していますが、子供だとどうでしょう。

>この設定も、前期の頃の必殺だったら、もっとドラマチックに使われてたかも知れませんね~~!

己代松と子供、あの話以上に長く暮らしていたわけですから、濃密な話を作ってくれたでしょうね。

>立ち姿や後ろ姿は代役、本人は車椅子に座ったまま、上半身やアップのみの撮影。

うわー、工夫に工夫を重ねての撮影。
テレビ埼玉のこれからの放送で、良く見てみます。

>Vが終わって、舞台の必殺に出た時も、ほとんど立ったままの演技ばかりだったとか。当時のTV中継を見たんですが、花道のセリで上がってきて、見得だけ切って、そのままセリで引っ込んでいられました。

痛そう…。

>前述の自伝本の記載によると、セリで上がってきて、舞台まで歩いていく予定だったようです(私が見た時は、体調が悪くて、そこまで出来なかったのかなあ?)。

腰痛で泣いてる自分としては、頑張ったんだなあと思います。
「仕置人」で山崎さんも足を引きずってました。
いろいろと危ないこともあったんでしょうね。
2011年06月13日(Mon) 10:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL