第2話、「津軽じょんがら節に涙をどうぞ」。
前にも書いたんですが、これはすごい。

ある夜、仇吉の三味線の音に突如合わせて三味線を弾いてきた娘。
その匕首を突きつけるような音に、仇吉は驚く。
だがこの娘、津軽言葉を話す侍の声を聞いて、いきなり斬りつけてきた。
しかし目が悪いことにすぐに気づかれ、取り押さえられてしまう。

娘は無念の絶叫をあげ、枕を売りながら船で流していた時次郎の目前に飛び込む。
時次郎は娘を助け、仇吉ととんぼと籐兵衛のいる花乃屋に連れてきた。
目を覚ました娘に食事をさせると、娘はおゆうといって、涙をこぼしながら箸を動かす。
そして、とんぼに本当にここは江戸かと何度も繰り返し尋ねる。

とんぼが涙を拭く為の紙を求めて、仇吉たちのいる座敷に手を伸ばす。
おゆうは親切な人が江戸に連れて行ってやるというので信じたら、そこは菊山の女郎屋だったと言った。
籐兵衛が「ひでえ奴がいるもんだ」と、視線を落としてつぶやく。
そんなことが一度や二度じゃない。

あっちに連れて行かれ、こっちに飛ばされ…。
7年もかけて、ここまで来た。
一体何だって、そこまでして江戸に来たのか。
「恨みだね」。

翌日、おゆうと仇吉は三味を弾く。
おゆうは瞽女だった母親と弾いているみたいだったと、喜ぶ。
そして仇吉に聞かれるまま、母親の話をする。

母親は越後高田の瞽女。
子連れの瞽女は良く稼げたので、母親はおゆうを連れて稼ぎに出た。
ある夜、母親のおえいは1人の男と共にいた。

その男は、我が身の貧しさを嘆いていた。
おえいはその男・弥三にじょんがらを弾かせていたという。
小金を溜めていたおえいを見て、弥三はおえいを殴った。

泣き叫ぶおゆうの声を聞いたおえいは、娘は目が悪いので弥三の顔は見ていない。
弥三の顔はわからない。
だから、殺さないでくれと叫んだ。

だが、弥三はおゆうの目をつぶし、おえいの金を持って逃げた。
聞いたところによると、弥三は三国峠を越える時、どう見てもどこかの若旦那のようだったという。
おえいの金で揃えたものだった。
それっきり、弥三の行方は知れない。

弥三の顔は覚えているか。
仇吉に聞かれたおゆうは涙ながらに、忘れられないと答える。
夕べは津軽の言葉を聞いて、弥三だと見定めて斬り付けてしまった。
それを聞いた仇吉は、座敷に急ぐ。

座敷では、籐兵衛が茶漬けをかきこんでいた。
「行ってくれるかい?」
「そう思いまして」。
籐兵衛はすぐに弥三を探して、旅立っていった。

その頃、天平は江戸の夏の名物、菩薩花火大会に参加する一人に選ばれていた。
時次郎はというと、ちょうど、波枕というものを作っていた。
それを注文してきたのは、大蔵屋の番頭。

菩薩花火のスポンサーであり、出所がわからない大金持ちだ。
江戸に7年前、大金を持って現れ、今では武家が裏口から金を借りに来るという。
だがなぜか不眠に悩まされ、時次郎に注文をしてきたのだ。

それも、波の音は越後の海の波が良いという。
時次郎は注文の枕を届ける際、巧妙に大蔵屋の顔を見ることに成功した。
その帰り、時次郎は天平と共に襲撃される。
何とか逃げ、花乃屋にからくり人たちは集合する。

とんぼと天平がもめた時、おゆうの杖が倒れる。
杖には、菩薩の文字があった。
菩薩は、瞽女の守り神らしい。
大蔵屋の開催する花火大会は、菩薩花火。

籐兵衛が弥三の行方をつかんで、戻ってきていた。
おえいを殺した弥三は、ある商家の後家をたぶらかした。
ある夜、その商家は火事になった。
遺体の中に、弥三はいなかった。

その後、弥三らしき男は三国峠で女郎屋を開いた。
越後から江戸に出稼ぎに来た男は、三国峠で女郎を買うらしい。
また、ある夜、その女郎屋は男たちの大金を預かっている間、火事になった。

それがちょうど7年前。
だが、弥三は火事を起こした時に、火傷を負ったらしい。
大蔵屋の額にも、火傷があった。
「まっすぐ江戸に来てるね…」。

大蔵屋は、弥三だ。
明日、弥三はどこかで菩薩花火を見ているはずだ。
自分の主催した花火だ。
明日、弥三を殺ろう。

菩薩花火の夜、屈強なボディガード4人に囲まれ、大蔵屋は屋形船に乗り込む。
運河で時次郎と籐兵衛が、その船をを待ち伏せしていた。
前に2人、後ろに2人。
水中を進む2人は、闇に紛れて男たちを水に引きずり込む。

花火が上がる。
屋形船の戸を開けた大蔵屋、いや、弥三は、数珠を手に、その花火に向かって合掌する。
弥三の顔が赤や緑の炎を反射して、染まる。

天平もまた、その頃、大蔵屋の番頭に襲われていた。
だが天平は匕首を交わし、番頭を花火の大筒に放り込む。
花火があがる。

弥三がふと、陸に目をやると瞽女が歩いてくる。
「瞽女…!」
弥三の手に力が入り、数珠が飛び散る。

「津軽じょんがら、やらせておくんなさい」。
とんぼの声で、じょんがら節が奏でられる。
船が時次郎と籐兵衛によって、岸に向かっている。

「やめろ!」と弥三は叫んだが仇吉が言う。
「私はあなたに三国峠越えのお金をあげた、越後高田の瞽女、おえい」。
「う、うそだ!」
おゆうが口を開く。

「私はその娘、おえい。弥三はんの顔がこの世の見納めだったはんで、よぅく覚えておりやす…」。
弥三が悲鳴をあげて、後ずさりする。
それを背後からがっちり、時次郎と籐兵衛が抑える。
「今夜から、ゆっくり寝られますよ」。

ぼろぼろの笠からのぞく、おゆうの頬に涙が流れる。
「さあ、これを持って」。
仇吉が匕首を持たせる。
ゆっくり、おゆうが前に進む。

弥三は時次郎と籐兵衛に捕まり、逃げられない。
「助けてくれ、金ならいくらでも出す!」
叫んだ弥三だが、次の瞬間、悲鳴をあげる。
誰もいなくなった船の中。

弥三が1人、仰向けに倒れている。
「越後から、出てこねばえがった…。越後から、出てこねばえがった…」。
弥三がつぶやく。
江戸の菩薩花火は天保5年、夏で終わっている。



こんな話をよく描いたと思いますし、今じゃこれまた放送禁止でしょう。
おゆうの話を聞き終わって、すっくと立ち上がる仇吉。
座敷では籐兵衛が茶漬けをかっこんでいる。
2人のツーカーぶり。

「籐兵衛」と仇吉。
「全部聞きました」。
「行ってくれるかい」。
「だと思いまして」。

弥三を演じた岡田英次さんがまた、熱演。
今では罪の意識に不眠に陥った男。
自分の犯した罪の影に、怯え続ける。
それがきっかけで、過去の悪事がばれる。

花火を見上げる、弥三の顔。
赤や緑の光が反射する。
しっかり、合掌する弥三。
そして、瞽女を見て恐怖する弥三の目。
数珠が飛び散る。

屈強なボディガード、金を運ぶ際に強盗を何度も撃破してきたつわものども。
花火があがり、暗闇になると、船の前に腰掛けていたそのつわものたちが消えている…。
殺しのシーンなのに、演出が情緒的。

花乃屋に連れてきた娘、おゆうの復讐が果たされる。
おゆうのボロボロの笠が、7年という月日を物語っている。
ラストの弥三のつぶやき。

結局、弥三に安眠は訪れなかった。
彼はきっと、何年もロクに眠っていない。
怯え、怯え続けた日々。

最高に残虐なことをしていながら、罪の意識に怯え、供養を行う男。
その姿を見ていると、憎むべき男も人間らしくあることがわかる。
結果、誰を、何を恨んでいいかわからなくなってくる。
確実に言えることは、人間には欲があること、極貧は犯罪を生むということかもしれない。

もちろん、弥三のしたことは許されない。
やられた方にしたら、絶対に許せない。
外道の所業。

「越後から、出てこねばえがった…」。
弥三の人生を感じさせ、彼の内面を感じさせる。
短いが見事なつぶやき。
岡田英次さん、弥三と大蔵屋の演じ分けも、最後の同一化も見事。


スポンサーサイト
2011.06.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1838-35b92617