こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP思うこと ≫ 手相にまで頼ってみる

手相にまで頼ってみる

普段ほとんど気にしないんですが、手相。
今回、手相を思い出しました。
昔、「悪運が強い手相」と言われたことがありまして、悪運が強いとは何かというと、「あんな所から落ちてこの程度で済むなんて悪運が強いわねえ」とか言うことらしい。

それでなんで「悪運が強い」のかというと、生命線の横。
親指側に向けて生命線から1cmほど離れたところに生命線に沿って、同じような線が走ってるんですね。
これ、副生命線と呼ばれる「火星線」というものらしい。

左右にあるんですよ。
「悪運が強い」と言われるのは、このせいらしい。
「ダイハード」な男・マクレーンや「ニキータ」にもあるのだろうか。

さらに手相に詳しい人によると、私の手に「フィッシュ」という、魚の模様になってる手相が出てたらしい。
「フィッシュ」って「幸運」の模様らしいんですけどね、はー、これがそうか。
よーし、撫でてみよう!

普段は手相とか気にしないんですが、今回、入院と手術を前にしてこだわっちゃいましたね。
それで自分の弱さを知り、何かに救いを求める心境というのが、実感としてわかったりしたんですが。
本人の気持ちが軽くなるなら、それが一番じゃないのと思いました。

私なんて手相にまで頼っちゃうんですから。
しかし手相を信じる前に、信じるものがあるはず。
そして「これをこうすると良くなる」と言って、人の気持ちにつけこんで何かやらせる。
そういうのは、やっぱり許せませんな。


スポンサーサイト

Comment

つけこむ奴ら
編集
いますね。
最近はあまり見かけなくなりましたが、一頃は駅の前で「手相の勉強をしています。あなたの手相を見せてください」とか言って、善意の方が手相を見せてあげると「良くない相が出ています。これhわたしの手には負えないので、一緒に師匠の所へ行っていただけませんか?」などと言葉巧みに巣窟へ誘導し・・・。

こういう人の良さにつけ込むやり方は許し難いですよね。
2011年08月02日(Tue) 10:36
オギャンさん
編集
>オギャンさん

人の一番、痛いところを巧みについてくる。
いつか、自分に返って来ますよね。

そう言えばいました、手相見!
印鑑なんか売るらしかったです。
人が良いのに付け込むばかりの世の中になれば、自分だって安心して住みにくくなると思うんですが、良いんでしょうか。
2011年08月03日(Wed) 09:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL