こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画・人間ドラマ ≫ サイドストーリーまでが見事 「海洋天堂」

サイドストーリーまでが見事 「海洋天堂」

銀座では7月9日から公開中の映画。
病院には、お子さんを残して入院されている方なんかもいたわけです。
そんな経験をした後に見ると、また違って泣けたんでしょうね。
合間を見つけても見て良かった映画、そして今、もう一度見てもいいと思える映画。

アジアが誇るスター、ジェット・リー。
かつてブルース・リーが主演した映画にも主演。
日本人の恋人や日本人武道家との友情を織り交ぜるなど、オリジナルから、内容をより進化させていました。

そのジェット・リーが武道を一切封印して主演した映画「海洋天堂」。
ジェット・リーが武道封印ってすごいよね。
ごろ寝の人さんのサイトでも紹介されてます。


ここでは余命わずかと知った父親が、自閉症の息子にしてやることを考える。
ジェットリーが、この父親を演じます。
自分がいなくなった後、自閉症の息子に何をしてやれるか。
何を教えてやれるか。

彼らの場合、特殊なケースだから映画になるというのではない。
ここで描かれるのは、子供の幸せを願う気持ち。
父親が子供に与える無償の愛情。
子供に何を残すか、といった普遍的なテーマ。

この映画に無償で出演した、ジェット・リー。
インド洋大津波で娘さんが行方不明になり、助かったら世の中の為に働こうと決心したらしい。
娘さんは助かり、そしてジェット・リーは、この映画にノーギャラで出演した。

すばらしい。
有限実行もすばらしいし、それでこの映画にノーギャラで出演したというのがまた、すばらしい。
サイドストーリーまでが、見事な映画です。
あっさりとした描かれ方に、現実と希望があります。

久石譲氏の音楽も、シャオルー監督の映像も美しい。
美しいものを見た、と思う映画。
公開中の映画の為、ネタバレはいけない。
でも少しだけ。

水族館勤務の父親が、自分は長生きする海ガメになったと思わせる。
海ガメを見たら、自分がいなくても息子が寂しいことない。
そんな息子・ターフーの幸せを、涙なくして思わずにいられません。


スポンサーサイト

Comment

あ~うれしい~
編集
まあ、観て下さったんですね!
ありがとう!
感想もありがとう!
やっぱり、ちゃーすけさんが書くレビューはうまいっ!
また、観たくなる(笑)
2011年08月04日(Thu) 11:49
ごろ寝の人さん
編集
>ごろ寝の人さん

ごろ寝の人さんのブログを見て、良さそう…と。
ジェット・リーがあの武道を封印して臨んだ、それだけでも見る価値あり!って思いました。
もう、ジェット・リーの話だけでもいい映画だな、と思いましたが、世界的な成功を収めた彼をそこまで動かすのも納得。
さすがでした。

どこの国の人間だろうと、この気持ちは同じだと思いました。
だから絶対、どこの国でも通用しますよ、この映画は!
2人の時間がこのまま、このまま続いてほしい…と思いました。

心にしみました。
見て良かった。
映画の良さって、こういうものだと思えました。
2011年08月04日(Thu) 23:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL