こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP思うこと ≫ 気長になった私は

気長になった私は

昨夜は正座から立ち上がろうとして、ふらつき、床におでこをぶつけました。
ああ、だから乗り物を運転するな、と言われたのか。
人ごみには誰かと一緒に出なさい、と言われたのかと納得。

気をつけなくては。
片耳の神経をいじっているので、ふらつきは当分の間、しかたないみたいですね。
以前できていたことが、退院してきて全部出来ないって嘆いていた人もいますが、あれだけいろいろあって、見たら焦ったりできないですよ。

自分の頭を上に向けることもできず、熱と悪夢でじっとりと脂汗をかき、固まったままでいた3日間。
外せない酸素マスクをしながら息苦しくて熱くて、酸欠の金魚のようにアップアップしていた時がありました。
左側を下にしていた為に今も左側の体、そして頭が痛くて、左の顎も痛くて、最初は咀嚼さえ不自由していました。

それが一週間も早く退院できて、普通の生活への準備できているだけで本当にありがたい。
どこにも後遺症が残らなかっただけで、本当にありがたい。
しかも、入院前にあった症状がすべて、なくなっている。
お医者さまの言葉どおりの、本当に「症状全部消えますからね」「スッキリしますよ」なんです。

今回、実感したんですが、やはり専門家の良い医師はその方面に関しては誰よりも知識を持って、経験をしている。
そして、そういう医者はできることは言うが、できないことは絶対に言わない。
誠実であればあるほど言う、そして言わない。
当たり前?

いや、この事実を目の当たりにすると、単純にもう、「すごいなあ」って思うんですよ。
その通り、右耳の聴力はほとんど失われました。
だからそのお医者さまが「夏が終わって涼しくなる頃、普通の生活が送れるようになるから、焦らないで行こうね」っておっしゃったんだから、そうなんでしょう。

神経は回復するし、人間の体は片方がカバーしてくれるから、気長に。
「気が長くなった」と言われましたが、ニュースとか見ていて「こんなことで怒っちゃダメだ」とか思いますもんね。
人を憎むとか、ものすごいマイナスのエネルギーがいると感じるので、そういうものでパワー使いたくない、とか。
衰えてるだけじゃん!って言われるかもしれませんけど。

そうですねー、何かを攻撃するのもパワーですね。
パワー、カモン!ってとこでしょうか?
いや、やっぱそういうのは要らないな。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL