猛暑、炎暑の昨日の木曜日。
退院して初めての外来診察の日でした。
晴れ女もここまで来ると壮絶ね、って、別に私が原因なわけじゃありません。
入院で同室だった人が、ほとんど退院していたのはうれしかったです。

テレビで日本橋を見ていたら、半纏などの染物をするお店が出ていました。
そのお店が作っている、合切袋。
一切合財入れるので、合切袋というそうです。

その染め絵が、にんじんが2本、人の字になっている。
「にんにん」。
昔からあったそうですよ。

丸い枠の中に下駄がある。
「たまげた」。
しゃれだ!
これが、おしゃれだ!

釣鐘が吊られてなくて鐘だけ。
その意味は。
「金(鐘)はあっても、釣りはねえ」。

江戸っ子の粋だなあ、って思いました。
最近は、外国のお客さんが多いそうです。
普段、こういう「粋」とは縁がない生活をしている私が言うのも何ですが、こういうのはあり続けて欲しいです。


スポンサーサイト
2011.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1874-eb8cd2f3