こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP草なぎ剛さん ≫ 28日、「BALLAD 名もなき恋のうた」が放送

28日、「BALLAD 名もなき恋のうた」が放送

スマートフォンは、修理に出すことになりました。
初期不良で、機械自体に問題があったらしく、とりあえず私が何かやったから故障したわけではなさそうです。

「買ったばかりなのに、すみません」。
「いえいえ、ビックリしましたけど、私が何かしたせいじゃなくてホッとしました」。
「使うと便利でしょう」。
「あ~、まだ使いこなせてません」。

ってな会話の末、預けてきました。
その間、代替機を貸してくれました。
良かったー。


スマートフォンのCMで、女性の姿をしている草なぎさん。
飄々とやってますけど、自分なりになんか考えてたんだろうな、と今まで見た草なぎさんを思い出して想像していた私。
想像すると、何か楽しい…。


さて、28日の日曜日、日曜洋画劇場で「BALLAD 名もなき恋のうた」が放送されるんですねー。
主人公の少年・川上真一と両親が、戦国時代にタイムスリップし、春日の国の姫・廉姫と、姫を命がけで守る井尻又兵衛という武士と知り合う。
廉姫を想いながらも、身分の違いでその想いは決して口に出せない又兵衛。
だが廉姫への婚儀の恨みを抱いた大国の領主・大倉井高虎は、小国・春日に攻め入る。

又兵衛が命をかけて廉姫を守るのを見た、弱い子供だった真一。
仕事に情熱を失いかけていた、真一の父・暁。
愛する人、そして愛する人と築いた家族の大切さに再び気づく真一の母・美佐子。
戦国という時代、そして又兵衛と廉姫の身分違いの恋を通して、3人が変わっていく。

えー、この映画の為に草なぎ剛さんは戦国時代にチャレンジし、実際に火起こしから食糧調達、炊事までこなしてくれたんですね。
私はすごい感動したんですが、その感動を呼んだ草なぎさんが演技したこの映画。
あの器用さ、人を緊張させず、柔らかく脱力しながらも困難をこなし、貫いた根性の通り。
「クレヨンしんちゃん」が原作と侮るなかれ!

真一たちのいる遠い遠い未来には、今、自分たちがいる全てのものがなくても。
変わらないものってあるのか?
確かにあるよ。
そんな風に思わせてくれる映画になってました。

春日城主・康綱に中村敦夫さん!
高虎は、大沢たかおさん。
こちらも存在感たっぷりで、映画を支えてくれます。
夏休みの終わりの日曜日、じっくり見るぞ~!


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
秋の虫の声が、ゆく夏を後押ししてくれているようです。
お元気でいらっしゃいますか。

「BALLAD 名もなき恋のうた」
今夜でしたね。録画しなきゃ。

草なぎさんと新垣さんが、思った以上に時代劇にはまってましたね。絵になってました。

仁ではあの優しい笑顔の大沢さんが、高虎では一変して……さすが役者さんです。

敦夫さんの殿様はとてもお茶目でキュート……だけど戦国武将らしく、覚悟と筋を通すところも格好良し。
来春の大河ドラマ出演やダイハツエコカーのCMなど、元気にご活躍の様子は、ファンとしては嬉しい限りです。


2011年08月28日(Sun) 16:30
お夕さん
編集
>お夕さん

こんばんは。
返信遅くなってすみません!

一頃より過ごしやすくはなった気がしますが、まだまだ暑い日が続きますね。
お気遣い、いつもありがとうございます。

「BALLAD 名もなき恋のうた」 、ご覧になりましたか?

>草なぎさんと新垣さんが、思った以上に時代劇にはまってましたね。絵になってました。

予想以上に良かったですよね。

>仁ではあの優しい笑顔の大沢さんが、高虎では一変して……さすが役者さんです。

人の良い役が多いイメージでしたが、大沢さんって良い俳優さんですよね。

>敦夫さんの殿様はとてもお茶目でキュート……だけど戦国武将らしく、覚悟と筋を通すところも格好良し。

もう、さすが、と思いました。
さりげなく、でもしっかり、映画を支えてましたよね。

>来春の大河ドラマ出演やダイハツエコカーのCMなど、元気にご活躍の様子は、ファンとしては嬉しい限りです。

ダイハツエコカーのCMで、「あっ、敦夫さんだ!」って声出してしまいましたよ。
これからまだまだ、俳優さんをお休みしていた分も活躍して欲しいです。
若い頃はもちろん、かっこいいですけど、今はまた素敵で。
ほんと、良い年齢の重ね方した俳優さんですよねー。
2011年08月29日(Mon) 23:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL