こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドラマ・連続サスペンス ≫ 高島礼子さんと松重豊さんがアヤシイ… 「ラストマネー 愛の値段」

高島礼子さんと松重豊さんがアヤシイ… 「ラストマネー 愛の値段」

免許の更新に行って安心したのか、月曜だと思い込んでいたのか。
「ラストマネー 愛の値段」を見るのを忘れてしまいました。
再放送枠があって、良かった。
来週、ちゃんと見よう。

ドラマは人の生死に関わる問題だけに、人間模様がくっきりと浮かび上がり、毎週泣かされたり考えさせられたりします。
そこで物語の最初から縦糸のひとつとして存在していた主人公・向島の友人の横村の問題が表面化、ついに前回で横村は自殺。
「保険入って」「もっと…。足りない」と言っていた愛人の亜希子は一緒に心中する車にいたはずなのに、エリート社員が「こんなところで1人で死んで…」と言われた通り、遺体となった横村だけが発見された。
その翌日、亜希子は魚の加工工場を辞め、お弁当工場に現れた。

亜希子役が高島礼子さん。
高島さん、普段はああいう女を追い詰める刑事とか弁護士とか、検事とか。
監察医とか、そんなキリッとした戦う女役が多い。
しかし、ここではどこかゆるそうな、それでいて抜け目のない女性。

この前、美容院で高島さんが載っている雑誌を読んだのですが、この役には、ほとんど「女優」メイクなしで臨んでいるとか。
見られてナンボ、つまり言われてナンボとわかっていても、ちょっとでも老けたり、崩れたりすると「高島礼子って老けたよねー」と言われる。
わかっていても、やっぱりへこむ。

そりゃそうです、女性ならそんなこと言われて平気な人は少ない。
だけど、この役はそれで臨む。
高島さん、自分で演じながら、いつもふてくされているし、無表情だし、何でこんな女に惚れる?と思うらしい。

映った自分を見て、ほうれい線が目立っているとか、メイクと顔に関してはいろいろと思うようですが、このドラマのこの役の心理描写はすごくおもしろい、とのこと。
こんな役は初めてなので、顔はどうでもいいや!との気持ちに達したとか。
その通り、亜希子役は高島さんの新境地ですね。

魚の加工工場に、大きなシャネルバッグを持って通う亜希子。
アパートの壁にかかっているワンピースが、派手なブランドものみたい。
そんな、「あれ?」と思う違和感。

こういう胡散臭さを、上手に散りばめてある。
亜希子は確かに、いつも不機嫌そうで、愛想がなくて、現状に不満足そう。
そんな亜希子だけど、人の弱いところに入り込むのがすごく上手いんだと思う。

同じように日常に疲れて、不機嫌な男の人をどこか、しみじみと共感させて、慰めるところがあるんだと思う。
この女は俺と同じだ、俺をわかってくれる…と思わせるのが上手い。
疲れた男性に夢を見せるのが、きっと上手い。
「一緒に死んであげる」って横村に言いましたが、本当に自分の為に一緒に死んでくれると思わせるんでしょうね。


そして、高島さんもいいけど、保険の調査会社の社長兼社員の如月役、松重豊さんがいい!
松重さんってすごく良い俳優さんで、出ると見てるんですが、この役は長瀬智也さん主演の「ビッグマネー!」のマッキーぐらい、松重さんピッタリ。
いや、松重さんにしかできないかも。

マッキーはとことん硬派でしたが、こちらはちょっと饒舌。
酸いも甘いも嗅ぎ分けて、柔軟に対応している感じ。
田中要次さんが保険金詐欺で、実はケガなどしていなくて元気に病室で麻雀をしているのを発見し、「見~ちゃった」と窓から入って来る。

あの身長、あの長い足でやるからコミカルだし、迫力ありました。
松重さんの特長がものすごく活きている役だと思いますね。
予告の「言っとくけど、俺はしつこいよ」からすると、昨日は高島さんと緊迫感あるシーンがあったのかな。

高島さんと松重さんって、映画「エンバーミング」で共演してましたっけ。
あの映画の松重さんは、人間離れしたところがある刑事でした。
これも合ってました。
松重さんは以前は現代劇というと、確か、ご自身でもおっしゃっていたようにヤクザな役や刑事役、殺人鬼、宇宙人などが多かった。

ですが、最近、特に役に幅が出て来たと思います。
元々すごく上手な俳優さんで、時代劇なんか所作が綺麗ですしね。
年齢と共に渋さが増しているから、いろんな役でもっともっと見たい。

しかし、「ラストマネー」では、殺されてしまうのでしょうか…。
「ビッグマネー!」のマッキーも不死鳥のように蘇ったので、ケガで済むと思いたい。
この時も思っていたんですが、最後に無事な姿で出て来てほしいー!

だけど松重さんの如月さんは、なぜあんなに外見がヤの字で始まる自由業の方のようなのでしょう…。
あの方が調査が進む案件があったのか。
単なる趣味か。
まあ、世界に1人ぐらい、あんな調査員がいてもいい…、気はする。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL