ああ、なぜかアールグレイの紅茶が飲みたい。
体調が関係してるんだな。

「必殺仕事人」が復活するとか。
前作から1年半も経ってたんですね。
うれしいじゃないですか。
最近、地上波で時代劇の新作があんまり作られないし。


テレビ埼玉で「必殺仕事人V 風雲竜虎編」が放送されていますが、この後は「必殺仕事人 激突!」のようです。
気が早いですけど、「激突!」の後はもう、「必殺」はやらないんでしょうか。
思えば、「仕置人」から始まって、再放送もずいぶん長いことやってくれました。

「旋風編」がどっちを向いていいかわからない感じの作りで、愛情なく終わって次、「風雲竜虎編」。
第1回では主水が裏切り者の疑いをかけられたんですが、なぜか、今回から登場の三浦友和さんが演じる影太郎。
これが、「中村主水は敵じゃない」と断言。
なぜ?

影太郎は大道芸人なのに、どこか育ちが良さそうで、博学。
知的なインテリの影太郎さん。
この飄々とした個性が光る「風雲竜虎編」。
お玉とのコンビも、「旋風編」の銀平よりピッタリな感じはします。

一方の政は、主水への不信感で一杯。
なぜ?
長い間、共に戦ってきた仲間じゃないですか。
普通は逆じゃないですか。


現在、時代劇専門チャンネルでは「必殺仕事人III」が放送中。
世間的には、人気絶頂の頃の作品。
ですが、どうもこの辺りから濃厚な人間ドラマというより、ショー化してる気がしてました。
それから、ドラマよりキャラクターに頼ってしまった気がします。

やっぱり、「必殺」といえば、ドロリとした人間の情念や業の深さなどが付き物。
「風雲竜虎編」見た後に、昔薄いと思った「III」見ると、おりくさんの情念あふれる三味線が流れたり、まだまだ濃いんですよね。
まあ、「風雲竜虎編」は「必殺」の終わりの方の作品なので、時代もあるし、情念みたいなものが薄まるのはしかたがないとは思います。

「III」なんか見てると、ルーティンワークと言われながらも、そのおもしろさがありますね。
お約束のおもしろさ。
それが勢いがある、という時なんでしょうが。

それから、あんまり仕事に向いてない感じもしたお加代ちゃん。
お玉は綺麗だし、常人離れした跳躍力があって活躍はしてるんですが、薄いんです。
加代のあのがめつさ、明るさはホッとする場面でもあったんですね。
特に他の仕事人、主水でも壱でもお加代と絡むと、おもしろかったんだなと思います。


そして、個人的な趣味で、徹底した偏った趣味で言いますよー。
殺し屋が北村一輝さん、松重豊さん、遠藤憲一さんだったら…。
怖いでしょうね~!
女性側には若村麻由美さんを、入れてほしい。

本田博太郎さん、石橋蓮司さんも入れてほしい。
あと、中村敦夫さんの元締め、一度見てみたいです。
「雲霧仁左衛門」だけど。
彼らが陰影深い映像で殺しを遂行したら…、怖いぞー!

いろいろ考えは及びますが、「仕事人」が見られるのはやはり、楽しみですね!
時代劇は日本の文化なので、いろーんな形で作ってみてほしいです。
作られていけば、また、何か新しい人や試みや、伝統の継承なんかもあると思いますしね。
途絶えたら、寂しい。


スポンサーサイト
2011.10.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1952-5a3c1003