こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕事人V旋風・風雲竜虎編・激突! ≫ 仕事料が入りましたので請け出しました 「必殺仕事人 激突!」

仕事料が入りましたので請け出しました 「必殺仕事人 激突!」

テレビ埼玉で放送している「必殺仕事人 激突!」。
たまに「激闘編」と勘違いしていた作品で、必殺の連続ドラマとしては最後の作品らしいです。
第1話から「ねずみ小僧の恋人」とか「水戸黄門の印籠」といった、歴史上の人物のアイテムがサブタイトルになっており、話の中に登場。

そして第6話「徳川家康のキセル」の次から、そういうタイトルとは関係ないタイトルになっててビックリ。
さらに第1話から仕事人狩りを目的として結成された、奉行所内の秘密組織「覆面組」がいなくなっちゃった。
仕事人狩りで顔を合わせるも覆面のままで、お互いの顔も知らない秘密組織。
誰が覆面組か、わからず、主水も気が抜けない。

第6話では覆面組が秀の家を襲った為、巻き添えになった長屋の幼い娘が無惨にも殺されてしまう。
この娘、覆面組に追い詰められ、自害した秀の仲間に秀が託された妻・さだと子供のうちの1人だった。
秀は密かに、さだに思いを寄せていた。
さだが覆面組への仕事を依頼、ついに仕事人と覆面組は全面的に殺しあうことになる。

主水は仲間の首斬り役人の朝右衛門に覆面組を探るように頼み、朝右衛門は夜な夜な、次々と同心を襲う。
やがて覆面組の1人に行き当たる。
覆面組を探る主水も、与力・荒巻忠弥が覆面組の頭であり、実質上の指揮者であることに行き着いた。
だが、秀を匿っていたお歌が捕えられてしまった。

主水は目の前で見ていながら、何もできない。
荒巻はお歌に拷問を加える。
その頃、大奥でも、仕事人の元締め・初瀬を蹴落とし、権力を握ろうと尾上が策略を考えていた。
尾上は初瀬を邪魔に思う若年寄・篠村備中守と手を組む。

荒巻と奉行・酒井能登守は篠村から、初瀬が上野の東照宮参詣の際に、同心姿の者と会っていたことを聞いた。
奉行所に仕事人がいるのかもしれない。
考えれば、これほど安全な隠れ場所はないだろう。

主水が床下で3人の話を聞いていたが、荒巻は主水の気配に気づき、床下に刀を突き刺す。
しかし主水は逆に「人がいますぞ!」と知らせ、野良猫を抱いて出てくる。
ところが荒巻は主水に疑惑を持ち続け、お歌のところに連れて行く。
そして、お歌を斬れと命令した。

主水が「できません」と言うと、荒巻は笑う。
お歌を斬らねば、主水を斬ると言われ、主水はしかたなく承知した。
そして、荒巻の刀を貸してくれるように言う。
何かと入用で…、と主水は自分の刀を見せると、それは竹光だった。

あまりの展開に荒巻は主水を叱り飛ばし、3人は嘲笑って主水を追い出す。
こうして主水はお歌を斬らなければならない局面から脱出し、仕事人である疑いも晴らすことに成功。
主水は荒巻がいなくなれば、覆面組は壊滅すると秀たちに伝える。
さだの娘の恨みもある秀は、大奥潜入を申し出る。

江戸城に潜入した秀と夢次は、初瀬の協力を得て、秀は尾上を、夢次は篠村を仕留める。
朝右衛門は江戸城外で坂井を斬る。
主水は覆面組の秘密の部屋で、荒巻を待つ。

荒巻は主水がいるのを見て、驚く。
主水が仕事人だと名乗ると、「まさか」と笑う。
しかし、荒巻の笑みはすぐに消えた。
主水が抜いた刀を荒巻は手で押さえるが、それは竹光ではなく、真剣だった。

刀が荒巻の拳を滑って行き、荒巻は悲鳴をあげる。
「そのまさかでございます。仕事料が入りましたので、質屋から請け出してきました」。
主水は荒巻を斬る。
大奥の初瀬失脚の陰謀も終わり、お歌も解放された。



いや、朝右衛門が夜な夜な、同心を襲うというハードな展開。
さだの娘が巻き添えになるという、こちらもハードな展開。
主水が野良猫の子供を抱っこしているのが、後で効いてくるとは。
気づかれると自らいることを知らせ、猫を抱いて出てくるという、当然なんですが、主水の頭の良さと度胸が光ります。

さらにお歌を斬れと言われて、刀が竹光だった!
してやったりとニヤリとしていた荒巻は、とんでもない肩透かしをくらって「ば、ば、ばっかもーん!」と目を丸くする。
昼行灯を装った切れ者ではなくて、こいつは本物の昼行灯か!

荒巻は菅貫太郎さんです。
名優です。
疑いの目、冷酷な目、呆れた目、驚愕する目。

もう、菅さんの表情見ているだけでもオッケーです。
主水の刀をつかみ、真剣が手を切って血が滴り、「あああああ」と痛みに顔が歪む。
そして、斬られる。
全てが素晴らしい。

こういう悪役さんがいるからて、昔のドラマはおもしろかったんだと思えます。
ほんとに、長生きしてほしかった俳優さんです。
今でも見ていたかった俳優さんです。
主水の「仕事料が入りましたので、質屋から請け出してきました」の一言が粋!

あー、おもしろかった。
そして7話。
覆面組は、崩壊してました!

それでビックリしたんですが、主水の同僚、成川の目黒祐樹さんは覆面組とは関係ないんですか!?
いや、目黒さんなんて大物俳優さんだし、絶対裏の顔があると思ってたんですが関係ない?!
ただの細かい人?!
単なる事情通?!

なんかいつも思わせぶりな情報を、主水にもたらしているのに。
意味深な言葉を投げかけているのに。
この人こそ、ラスボスではと思うんですけど…。

滝田栄さんの山田朝右衛門は、重厚な殺陣で、久々に主水と同等の立場。
しかも、同じ侍ポジション。
中村橋之助さんの、ちょっといい加減な感じの夢次。
この辺りの新しいキャラクターは、新鮮。

普段は大奥にいるが、上野の東照宮参詣の際に、主水に会って仕事を依頼する初瀬は酒井和歌子さん。
こちらも大物女優です。
だから、目黒さんは何かあるんじゃないかと思ってるんですね。

欲を言えば、エンディングの曲を藤田まことさんが歌っているので、殺しのテーマはこれのアレンジにしてほしかった。
あと、ナレーションはやっぱり、徳光さんは違和感あります。
エンディングも画面とか、文字とか、軽い。

うるさいな、私も。
これまで覆面組の目をかいくぐって仕事を遂行する、とても緊張感あるストーリーになってました。
7話から先、この緊張感が続きますように…。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
仕事人狩り・・・もう少し続くと思ってたんですが、案外早く壊滅しちゃいました。壊滅することは覚えていたんですが、あまりに早くて、ちょっとビックリ。

冒頭の権現様のキセル、タバコが吸いたいという亡霊・・・全く本編に絡みがなかったですね。他の界は本編にきちんと絡んでいたのに。

やはり冒頭で暗殺されかかった初瀬さま。主水に私も殺されかかりましたと告げるけど・・・あの時点では仕事人狩りとは関係ない勢力争いですよね。必ず犯人は身近にいるはずなのに、何も手段を講じないで主水と会ってしまう初瀬さまは・・・脇が甘すぎる。

女の子の死・・・これでもっと話を膨らませることが出来たんじゃないかと思うんだけど、ただ、仕事の依頼につなげるだけの染みたいに感じられてしまって、ちょっと残念。
それにしても秀さん、みすずちゃんは廃人になり、お民ちゃんは行方不明、今度の音あの子は死んじゃった。秀になつく少女はみんな不幸になる。
^^;

三代松は廃人になり、風雲竜虎編の最終回で捕まった元締めは責め殺され、奉行所ではないけれど左門さんも捕まった時には秀に「殺してくれ」と懇願している・・・その割にはお歌への責めってゆるかったような・・・ラストシーンでケロってしてましたもんね。

そんなこんなで不満たらたらの覆面組壊滅編でしたが・・・それでもまぁ、なんとかそこそこのクオリティは保っていましたね。

そして目黒祐樹さん。
どうだったかな・・・マジで記憶に残ってないんですよね。記憶に残っていないと言うことは、このまま何事もなくただの同僚で終わっているって事ですかね。

そうそう、夢次、仕事を変えて殺しが変わるかと思った(そんな記憶はなかったのだけど)ら、職業を変えても殺し方は変わらなかったですね。何で替える必要があったのやら・・・職業を変えた方が良いのは秀さんの方だと思うのですが・・・第1話から、すでに手人相書きが出回っているし、その後も・・・ねぇ・・・。
2011年11月04日(Fri) 14:43
No title
編集
そういえば、初瀬さまは、どういう経緯でも十締めになったのかも不明ですね。しかも、闇の会同様仕事料は丸ごと主水達に渡していて、それどころか自腹を切って仕事料をUPさせたりして・・・何の為の元締め家業なのか?

一見ハードなようで、こういう所が抜けているのも、後期仕事人の特徴なのかもしれませんねぇ。

夢次、必殺5では橋之助さんじゃないんですよね。滝田栄さんも出てきてなかったんじゃないかな?このお二人が出てきていたら、あの映画ももう少し閉まったモノになったと思われます。政の詩を描く作品にしては、どうもいまいちな映画でした。
2011年11月04日(Fri) 17:54
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>仕事人狩り・・・もう少し続くと思ってたんですが、案外早く壊滅しちゃいました。壊滅することは覚えていたんですが、あまりに早くて、ちょっとビックリ。

私の思い込みだったんですが、最終回近く、少なくとも中盤までは覆面組の存在が仕事人たちの邪魔だった気がしたんです。
あれ?
6話で終わり?とビックリしました。

>冒頭の権現様のキセル、タバコが吸いたいという亡霊・・・全く本編に絡みがなかったですね。他の界は本編にきちんと絡んでいたのに。

夢次がもうちょっと、絡んでも良かったのにと思いました。

>やはり冒頭で暗殺されかかった初瀬さま。主水に私も殺されかかりましたと告げるけど・・・あの時点では仕事人狩りとは関係ない勢力争いですよね。必ず犯人は身近にいるはずなのに、何も手段を講じないで主水と会ってしまう初瀬さまは・・・脇が甘すぎる。

いや、もう、権力争いが凄まじいというのが大奥の設定なんですから、初瀬さまはそっちを疑うべきですよね。
初瀬さま、表の顔でピンチ!という話があってもよかったし。
さだの娘の巻き添えも、もっと仕事人の罪深さが描けた。

>それにしても秀さん、みすずちゃんは廃人になり、お民ちゃんは行方不明、今度の音あの子は死んじゃった。秀になつく少女はみんな不幸になる。
^^;

ほんとですねー!
お民ちゃんはどうしたんだろう。
秀がこっそり出ようとしたのに気づき、「行かないで!」なんて言うほど懐いていたのに、何の説明もなく次からはいませんでした。

>三代松は廃人になり、風雲竜虎編の最終回で捕まった元締めは責め殺され、奉行所ではないけれど左門さんも捕まった時には秀に「殺してくれ」と懇願している・・・その割にはお歌への責めってゆるかったような・・・ラストシーンでケロってしてましたもんね。

いやいや、昔の「必殺」では奉行所とか敵に捕まったら、自ら命を断つか、仲間に殺してくれと頼んで仲間が苦悩するとか。
ほとんどが拷問死、惨死でしたからね。
運良く逃れたやいとやだって、剣之介とお歌の無惨な死を前にしてますし。

>そんなこんなで不満たらたらの覆面組壊滅編でしたが・・・それでもまぁ、なんとかそこそこのクオリティは保っていましたね。

そうなんですよ、そのことに後で余計に気づいてしまうというのが哀しい。

>そして目黒祐樹さん。
>どうだったかな・・・マジで記憶に残ってないんですよね。記憶に残っていないと言うことは、このまま何事もなくただの同僚で終わっているって事ですかね。

ひゃー、もったいない!
ものすごく何かありげなセリフ、キャスティングなのに…。

>そうそう、夢次、仕事を変えて殺しが変わるかと思った(そんな記憶はなかったのだけど)ら、職業を変えても殺し方は変わらなかったですね。何で替える必要があったのやら・・・職業を変えた方が良いのは秀さんの方だと思うのですが・・・第1話から、すでに手人相書きが出回っているし、その後も・・・ねぇ・・・。

そうなんですよ、夢次の職業チェンジの意味がわからなかった…。
武士を捨てたとかじゃないし。
貢みたいな挫折があったわけじゃないし。
それでいて、殺しは同じだし。

もうかんざしといえば秀さん。
それを変える考えは、スタッフにはなかったんでしょうか。
2011年11月05日(Sat) 00:18
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>そういえば、初瀬さまは、どういう経緯でも十締めになったのかも不明ですね。しかも、闇の会同様仕事料は丸ごと主水達に渡していて、それどころか自腹を切って仕事料をUPさせたりして・・・何の為の元締め家業なのか?

そうなんですよ、記事に書いてしまったんですが、初瀬さまの元締めになった経緯がわからない。
描けばおもしろいと思うんですよね。
大奥にあがった過去、大奥であったこと。
初瀬さまだけでも、描けること、あったと思うんです。

>一見ハードなようで、こういう所が抜けているのも、後期仕事人の特徴なのかもしれませんねぇ。

言えてます!
ハードだけど、背景に裏打ちされたものではないので、その場で終わってしまう…。

>夢次、必殺5では橋之助さんじゃないんですよね。滝田栄さんも出てきてなかったんじゃないかな?このお二人が出てきていたら、あの映画ももう少し閉まったモノになったと思われます。政の詩を描く作品にしては、どうもいまいちな映画でした。

あー、夢次、誰でしたっけ。
橋之助さんじゃなかったですね。
蝶々の朝吉も、片岡孝夫さんじゃなかったし。
あの映画、あれが長年、仕事人だった政のラストエピソードとは思いたくない…。

「激突!」に政がいたらどうだったでしょう。
あんまり変わらないかな。
2011年11月05日(Sat) 00:33
成川
編集
本放送当時、番組を見ていた必殺ファンの誰もが「成川には裏の顔がある」「覆面組の首領だ!」と思ったそうですね(笑)。

……私もそうでした!

ただの同心にしては、演者が目黒さんだし、意味ありげな台詞を吐き過ぎるし……。

これが、最終話あたりで「素性」を露わにする流れだったら良かったんですが……ご存知の通り、覆面組壊滅後は、いつもの「後期仕事人」の悪しきパターンに戻ってしまった感があります。

いや、それでも、「尚(笑)」見ていたんですよ。その「次」があると信じて……。

なのに、最終話の後の新番組予告編は……嗚呼!
2011年11月06日(Sun) 12:27
都の商売人さん
編集
>都の商売人さん

>本放送当時、番組を見ていた必殺ファンの誰もが「成川には裏の顔がある」「覆面組の首領だ!」と思ったそうですね(笑)。
>……私もそうでした!

やっぱりですか!

>ただの同心にしては、演者が目黒さんだし、意味ありげな台詞を吐き過ぎるし……。

ですよね、もしかして本当はそういう予定だったのかと思ってしまいます。

>これが、最終話あたりで「素性」を露わにする流れだったら良かったんですが……ご存知の通り、覆面組壊滅後は、いつもの「後期仕事人」の悪しきパターンに戻ってしまった感があります。

覆面組の崩壊がもっと後で、最終回で成川と主水と対決だったら、盛り上がりましたよね~。
タイトルの「激突」は見えない敵との死闘のことなら、これで成川には何かあるのでは…とか思ってしまうんです。

>いや、それでも、「尚(笑)」見ていたんですよ。その「次」があると信じて……。

ですよねえ…。

>なのに、最終話の後の新番組予告編は……嗚呼!

な、何があったんですか!?
2011年11月06日(Sun) 15:52
No title
編集
>な、何があったんですか!?

つまり、必殺シリーズの「新作」……ではなかった!(これにて打ち切り!(笑))と言う事です。


……はあ(笑)。
2011年11月07日(Mon) 12:25
都の商売人さん
編集
>都の商売人さん

そっ、それは何より衝撃的…!
せっかく復活したのに。
そうですよねー、それはファンとしてはない気分ですよねー。
2011年11月07日(Mon) 13:58
No title
編集
>覆面組
水戸黄門でも敵対組織を出してくることがたまにありましたが
前半だけで壊滅というパターンが多かったですから、それに似てる?
7話以降はやっぱりテンション落ちるでしょう。

どうでもいいですが必殺アワーで12月に「からくり人血風編」が放送!
こちらの方が楽しみになりそうですね。

>荒巻は菅貫太郎さんです。
エンディングまで生きていた役を知らないのですが(汗。
「仮面ライダーBLACK」で主人公の養父という珍しく善玉を演じましたが
第一話の最後でもう亡くなっちゃいました…。
2011年11月07日(Mon) 21:44
巨炎さん
編集
>巨炎さん

>水戸黄門でも敵対組織を出してくることがたまにありましたが
前半だけで壊滅というパターンが多かったですから、それに似てる?

ああ、水戸黄門でもトラブルに巻き込まれた姫を故郷に送る、その途中で敵の忍びが襲ってくることがありましたね。
でも途中で姫の故郷に到着して、解決しちゃう。
似てますね!
巨炎さん、よく気づきましたね~!

>7話以降はやっぱりテンション落ちるでしょう。

落ちます~。
9話からは特に落ちてきました。

>どうでもいいですが必殺アワーで12月に「からくり人血風編」が放送!
>こちらの方が楽しみになりそうですね。

えっ!
血風編とは思いませんでした!
これはすごい!
必殺が幕末を描くとこうなる、という興味深い作品でした。

>エンディングまで生きていた役を知らないのですが(汗。

それこそ、巨炎さんが言った「水戸黄門」ぐらいでしょうか。
生きてるだけで最後は引っ立てられて行ってますが。

>「仮面ライダーBLACK」で主人公の養父という珍しく善玉を演じましたが
>第一話の最後でもう亡くなっちゃいました…。

ええええー、そうなんですかー!
もったいないー!
菅さんって「必殺」でも善人とまではいかなくても、とことんな悪ではない役を演じてますが、確かにクライマックス前に別の悪役さんに殺されますね…。
2011年11月07日(Mon) 23:22
菅貫太郎さん
編集
「仕業人」あんたこの連れ合いをどう思う

「商売人」殺られた主水は夢ん中

「新仕事人」主水、友情に涙する

この三篇だと「セコい小悪党」「律儀な盗賊」役で、途中で死んでしまいますが、非常に「いい味」を出していたと思います。いずれも「憎めない」役柄でした。
2011年11月09日(Wed) 00:16
都の商売人さん
編集
>都の商売人さん

「仕業人」の市原悦子さんにたかって生きている男、しかし市原さんは大切に思っていた男。
どこか憎めない小悪党が良かったですねー。
見捨てられない市原さんの気持ちがわかるような。

「商売人」はそうそう、江幡さんと一緒に本当の悪党に殺されちゃうんでした。
カワイソーって感じがしましたよ。
「新仕事人」の名演はもちろん、「仕事屋」稼業の博打打ちも良かったですね!

つくづく、今でも見ていたかった俳優さんです。
2011年11月09日(Wed) 14:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL