すごい朝寝坊をしてしまった!
朝起きたら、世間はもう始まっていた。
ぎょーえー。

1年に一度ぐらい、ありません?
夕べは早く寝てしまったのに、今朝こんなにも寝坊。
なーぜー。
寝坊すると、午前中がすぐ過ぎるというか、時間に追われますわ。

昨日は月曜日なのに、夜は火曜日の番組があると錯覚していたし。
いや、昨日、火曜日の番組を見ようとしていた時点で今週は負け。
今日は火曜日、「家政婦のミタ」さんを見ようとしないよう、注意しよう…。

私が学生の時、同級生の家にカラスがいました。
後に知ったんですが、カラスは飼っちゃいけないらしい。
まあ、もう30年経ってるので見逃してください?
(追記:30年なんか経ってませんでした、でも見逃してください)。

何でも友達のお父さんが言うには、子ガラスが落っこってたから拾ったそうで。
親ガラスは攻撃してこなかったのか、娘も不思議がってました。
それで家に連れ帰ったら、おかーさんがえらく怒った。
怒って「戻してらっしゃい!」と子供に言うように命令したので、お父さんは戻しに行った。

そしたら今度は親が受け入れなくなっていて、子ガラスを巣から落とすんだとか。
この時もなぜ、お父さんは親ガラスに攻撃されないのか、娘は不思議がってました。
さらに、どーやってそんな、巣に戻したんだ、と。
だけど深く聞いちゃいけないと思って、黙ってたそうです。

結局、子ガラスは親ガラスに拒絶されて、お父さんは再び連れて帰ってきた。
そしてそのまま、この家の住人になった。
電話が好きで、電話の音を聞くと「キャァ」と鳴いて電話の上に飛んでいく。
キュウリや野菜、果物を投げてやると、空中でキャッチする。

ベランダで、何かブツブツ言う声がする。
辺りを見ると、カラスしかいない。
そういうことが度々あったので、友達は「カラスは人の言葉を覚える」「喋る」と言ってましたな。
私はカラスとそんなに接触したことがないから、わかりません。

でもクルミを車にひかせて、中身を器用に食べているのを見ると、そのぐらいのことはしそうな気がしてました。
すると少し経ってからですが、ニュース番組で、ある実験をしていました。
カラスの好きなものを部屋に置いて、人が部屋に入るのをカラスに見せる。
そして、人が出たところで、カラスは部屋に入る。

次に人の数を増やしていき、いつ、カラスが部屋に入るかの実験です。
2人入って、2人出て行くとカラスは部屋に入る。
数、わかってる?!

3人も同じ結果。
数えてる?!
4人、5人。
途中で人がまだ出ていないのに、部屋に入ったりしない。

うわー、数わかってるんじゃないか、カラス。
結局、8人まで人が増えたけど、カラスは部屋に入りませんでした。
これを見て、カラスは人の言葉を覚える、喋ると言った同級生を思い出しましたね。
そのぐらいのこと、人間と暮らしてたらしそうな気がする…。


スポンサーサイト
2011.11.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1969-3c69f157