こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺以外の時代劇 ≫ クレヨンじゃないよ、隠し目付け 「江戸特捜指令」

クレヨンじゃないよ、隠し目付け 「江戸特捜指令」

チャンネルNECOで、「江戸特捜指令」を見ました。
中村敦夫さん主演の、隠し目付けの組織の活躍を描く時代劇。
町民として江戸の町に暮らしている隠し目付けが、ひとたび何かあると中村敦夫さんの演じるボスの指令の下、集まり、動き出す。
これが楽しい。

中村さん自身がインタビューで「太鼓で集合の合図なんて、隠しでも何でもない。江戸中に知らせている」。
「最後には必ず全員集合して悪を叩き斬るのだが、その時の衣装がすごい」とおっしゃってます。
「私は黒、以下は緑、青、茶色、赤、紫だが、クレヨンじゃあるまいしと思うでしょうが」。
後にDVD発売の時のインタビューでも、衣装を「色鉛筆」とおっしゃってます。

この中村さんの言葉に爆笑していたので、見た瞬間、再び爆笑。
「ドラマと言うより、レビューだと割り切っていた」そうです。
「お話は毎週、似たり寄ったりだけど、売り物といえば私の変装。標的に近づく為、様々な人物に化ける」。

「町角の占い師、漁師、坊主、山伏、老百姓、時には茶店の老婆、芸者にも扮する」。
茶店の老婆、芸者!
26回やったので、26人には化けているそうです。
そうあったので、楽しみにしていましたが、ここまで楽しませてくれるとは。

でも、化けるのは人間の隠れた欲望でもあるし、こういう仕事は楽しかったとか。
ただ、プロとしてアマチュアと違うのは、どれだけそれらしく演じて楽しませるかで、その為に相当メイキャップに時間もかかったそうです。
漫才師が化けても、驚きはない。

だけど、シリアスなキャラクターだった自分が変身し、金切り声の老婆などをやったので、その落差が大きな驚きと笑いを呼んだ。
当時の視聴者は、中村さんの変身を話題にもしてくれたそうです。
ええ、その通り、中村さんのコミカルな演技って楽しい。
それにこういうのって、時代劇ならではの世界だった。

「江戸特捜指令」が週末だったかは、今の私にはわからないですが、こういうのを肩の力抜いて週末に見るのも、楽しかったんですよね~。
現在、12話まで見ましたが、この先もサブタイトルが「キック!金髪人形をすりかえろ」だの「爆笑!欲が裏目の玉手箱」とワクワクさせてくれます。
この楽しさ、中村さんの器の大きさでもあるのでは。

ワンパターンの自分のイメージを大事にする俳優もいるが、ガラリと芸風を変えるのは冒険。
だけどこれは、それほど深刻に考えていたわけじゃなく、役を楽しんでいたそうですが。
今の中村さんで喜劇というのも、見たいなー。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
こんばんは。

「江戸特捜指令」、観ておられるんですね。
リアルタイムで観てましたが、インパクトがありました。
共演された山城新伍さんは、お亡くなりになりましたね。槍の使い手だったと思います。
「新木枯し紋次郎」で共演した秋野さん、颯爽としていてかっこよかった。

敦夫さんの化けっぷりにはビックリでした。
紋次郎のイメージから始まり、二枚目路線で来られていましたから、何があったのかと思いましたよ。

役者さんの中には、ずっと二枚目で来られた方もおられますが、それはそれでプレッシャーがあったと思います。最近亡くなられた竹脇無我さんは、そうじゃないかなと思います。

その点敦夫さんはぶっ飛びましたね。
結局それが良かったんだと思います。

もともとユーモア精神に溢れた方ですから、楽しんでおられたと思いますよ。
いつもと違う自分を演じるのは、俳優業の醍醐味でしょうね。

今、このぐらいインパクトのある楽しい時代劇、あってもいいんじゃないでしょうか。
2011年11月14日(Mon) 23:18
お夕さん
編集
>お夕さん

こんばんは!

>「江戸特捜指令」、観ておられるんですね。
>リアルタイムで観てましたが、インパクトがありました。

オープニング、町を走る秋野さんがジャンプしたシーンで、「あれ?このシーンに見覚えがある」と思いました。

>共演された山城新伍さんは、お亡くなりになりましたね。槍の使い手だったと思います。

山城さんは、からくり人形を身近に置いているんですね。
改めて見ると、山城さんはやっぱり、時代劇スターだったんだなと思いました。

>「新木枯し紋次郎」で共演した秋野さん、颯爽としていてかっこよかった。

もう1人の女性の隠し目付けの五十嵐さんとは違うキャラクターで、こちらはカッコイイタイプでしたね。

>敦夫さんの化けっぷりにはビックリでした。
>紋次郎のイメージから始まり、二枚目路線で来られていましたから、何があったのかと思いましたよ。

今見てもビックリなんですから、当時はそりゃもう、みんなが驚いたと思います。
でも本人はアッサリしたもんだったんですね。

>役者さんの中には、ずっと二枚目で来られた方もおられますが、それはそれでプレッシャーがあったと思います。最近亡くなられた竹脇無我さんは、そうじゃないかなと思います。

二枚目でずーっと行くっていうのも、年齢を重ねていくにつれ、つらくなる気がします。
自分を笑えるキャラクターになれた近藤正臣さんなんかも、二枚目を脱皮してホッとしたように見えました。
世間がどう思おうと、本人は気が楽になったんじゃないかって思いました。
どこで思い切り良く変わるか、変われるか。
踏み切れない人も、多いと私も思います。

>その点敦夫さんはぶっ飛びましたね。
>結局それが良かったんだと思います。

それも早々にぶっ飛べましたね~!
結果として、それが敦夫さんの役の幅を広げた。
しかもしそれを何の気負いもなく、楽しんでやれるんですから、器の大きな方です。

>もともとユーモア精神に溢れた方ですから、楽しんでおられたと思いますよ。

絶対、楽しんでますよ!
言葉のひとつひとつまでが、おもしろいですもん!
本人が楽しくなかったら、見ている方もあそこまで楽しめないですよね。

>いつもと違う自分を演じるのは、俳優業の醍醐味でしょうね。

敦夫さんはそれでいて、自己満足に陥らず、人を楽しませるのが俳優だとわかってらっしゃる。

>今、このぐらいインパクトのある楽しい時代劇、あってもいいんじゃないでしょうか。

時代劇だから許される世界って、こういうこともありましたよね。
今だからこそ、このぐらいはじけてほしいかも!
2011年11月15日(Tue) 00:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL