「2度と笑わないでください。あの子はもう笑えない。あなたがそうしてしまったんです」。
凶悪犯を追い詰める為、事故を起こし、子供を犠牲にしてしまった刑事。
子供の母親にそう言われた日から、この刑事は笑わなくなった。

「沈黙のアリバイ」で、北村一輝さんが演じる知能犯にして凶悪犯の男。
取調べに当たった若い刑事は、この男の供述を信じた為、取り返しのつかない失態を犯した。
その動揺を、この知能犯が見逃すはずはなかった。

刑事はこの男の取り引きに応じてしまい、深みにはまっていく。
いつまで経っても、この男の犯罪を立証することは難しかった。
笑わない刑事に向かって、この知能犯は凶悪で不敵な笑みを浮かべる。


…「家政婦のミタ」さんの「笑ってはいけないと思っている」を聞いた時、これを思い浮かべました。
先週のミタさんの子供が生きていれば、翔くんと同じ年齢というのを聞いて、子供を失ったことが笑顔をなくした原因だとは思いました。
まだ録画見られないんですが、どうもミタさんがこの刑事を連想させます。

刑事さんは子供の母親から言われましたが、ミタさんは自分でそうしたようですね。
ミタさんの過去は謎のまま終わるのかと思っていましたが、わからない。
でも最後、ミタさんは笑って、いや、微笑んでくれるかも。


スポンサーサイト
2011.11.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/1979-0043d512