皆既月食。
11時32分ごろから表を行ったり、来たり。
11時45分ごろから10分ほど、コートを着て見てました。

寒い。
真上だから上ばっかり見て、首が疲れちゃう。
上見てると引っくり返りそうだから、気をつけて見てました。
だけど、見られてよかった!

暗くなって行って、代わりに星が増えて行って。
星が一杯でした。
月の下はオリオン。
「ブレードランナー」でレプリカントが自分の見て来た風景を語るセリフで「オリオンの近くで燃えていた宇宙船…」というセリフがあったのを思い出す。

その下の青白い明るい星はシリウス?
シリウスというと、リュウガ。
リュウガ…、北斗の拳のユリアの兄ですか。

改めて、みんな、同じ月を見ているんだなーと思います。
いや、ご近所、誰も外にいなかったけど。
あっ、ベランダとか庭で見ているのかな。
道路側には誰もいませんでした。

晴れて良かった…。
美しかった。
江戸時代の人だったら、この月食、何と受け取るのでしょう。


スポンサーサイト
2011.12.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2018-a0c09612