こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP主役を輝かせる悪役さん ≫ 悪役列伝 「必殺」

悪役列伝 「必殺」

ずっと思っていましたが、時代劇専門チャンネルはえらい。
こんな企画がある。
さすがに時代劇の壷を押さえている。
放送は、来年みたいですけど。

「悪役列伝×必殺アワー ~必殺シリーズの悪役たち~」
名悪役にスポットを当る「悪役列伝」。
「秋の特別週間に続いて、第4弾。今回は絶賛放送中の「必殺アワー」と期間限定のコラボレーション!必殺シリーズの悪党共は、超一級品の悪ばかり。今回も、名悪役に要注目!」

まったく、必殺に出てくる悪役は超一級ですよ。
お金で恨みを晴らすの、OK!と思わせてくれる悪ばかり。
彼らがいなければ成り立たない!
特に70年代の必殺で見る悪役さんは、刑事アクションドラマでも毎回刑事さんたちにとっ捕まったり、射殺されたりしていたツワモノばっかり。

【悪役1:伊藤雄之助】
まず一人目は、怪優とも呼ばれる、伊藤雄之助。
数多くの映画、ドラマに出演し、独特な容貌と怪演で強烈な印象を残す。
「必殺仕置人」(1973年)第22話「楽あれば苦あり親はなし」/
「助け人走る」(1973年)第20話「邪恋大迷惑」

うわー、この方、見るからに異様ですばらしかった。
「仕置人」で赤ん坊を夜中にじっと見つめている姿は、まるで妖怪。
中村主水と「長い顔」対決になるシーンもありました。
「仕掛人」のまじめな同心もよかったですが、初期の「大江戸捜査網」で梶芽衣子さんを好きになる田舎侍が印象的。

梶さんもその誠実さに惚れちゃうんですが、無事、事件を解決できて侍は故郷へ帰らなければいけない。
隠密同心の梶さんは、一緒には行けない。
すると侍は、みんながやっているように自分を醜いと言って笑ってほしいと言う。
そうすれば吹っ切って帰れる、と。

梶さんは言われた通り、彼を笑う。
侍はそれでいいと言って、故郷に帰って行く。
笑った梶さんの目には、涙が…。
醜いどころか、その美貌にワルが引き寄せられ破滅する隠密同心の美女が、心から好きになった侍でした。


【悪役2:今井健二】
ヤクザ映画でもお馴染みの悪役俳優、今井健二。
必殺シリーズでも様々な悪役を演じている。
「必殺仕置人」(1973年)第11話「流刑の陰に仕掛けあり」/
「新必殺仕置人」(1977年)第31話「牢獄無用」

今井さんはもう、どれを選んでいいかわからないぐらいですが、個人的には「仕置屋稼業」の同心がよかった。
「仕事屋稼業」では悪だけど、娘には良い父親である一面を持つ岡っ引き。
さらなる悪に殺されてしまうという役どころが今井さんでなきゃ!という名演。
鉄と錠、2人を相手にした「仕置人」の鬼岩の手強さは、長い「必殺」の歴史の中でも群を抜いてますね。

【悪役3:八名信夫】
現代劇でもお馴染みの悪役、悪役商会のリーダー、八名信夫。
時代劇でも極悪人を演じ、圧倒的な存在感を醸し出す。
「必殺橋掛人」(1985年)第1話「江戸絵図の謎を探ります」/
「新必殺仕置人」(1977年)第39話「流行無用」

青汁のCMでは爆笑させてくれました~。
「翔べ!必殺うらごろし」の悪役もよかったなー、中村敦夫さんの「先生」に串刺しにされちゃうけど。

【悪役4:戸浦六宏】
鋭い目と深い隈の特徴的な顔立ち、知性的でありながら残忍さがあふれる個性的な名悪役、戸浦六宏。
「必殺仕舞人」(1981年)第1話「恨みが呼んでる佐渡おけさ」
/「助け人走る」(1973年)第31話「狂乱大決着」

「新・仕置人」の死神を競りにかける悪も、ずるがしこさと残忍さで戸浦さんならではという感じでした。
「子連れ狼」で拝一刀親子に死に装束を作る商人が、名演。
「お子様に死に装束を作るのはお断りします!」と言うが、事情を知って一晩で縫い上げてくれる。
しかも、伽羅まで焚きこめてくれて、一刀が「かたじけない…」と頭を下げる。

中村敦夫さんの著書で、戸浦さんとは良く、数名でお酒飲んでは政治談議などもしたとありました。
子供の頃見た現代劇では、島田陽子さんの母親の旅館を狙う叔父役だった気が。
弱みを見せまいと、母親が必死に具合が悪いのを隠して振る舞う。
弱ったところに来たはずなのに…と病室を出て、首をかしげている悪党ぶりをうっすらと覚えています。


【悪役5:田口計】
あらゆる時代劇作品で必ずと言っていいほど悪役として登場し、存在感抜群の魅力ある悪役俳優、田口計。
「新必殺仕置人」(1977年)第11話「助人無用」/
「必殺仕事人3」(1982年)第27話「暴力塾生にいじめられたのは順之助」

先ほど放送された「からくり人 血風編」では土左エ門に殺されていました。
一緒に悪事を働いた役人の名前を吐いた後、「あー、びっくりした、脅かすなよ、ほんとに刺されるかと思っちゃったじゃねーか、へへへ」みたいに言って、本当にグッサリ刺されて「ぎえー」。
土左エ門に「ばかやろ!」と言われて絶命してましたが、何をされても知的な感じが好きです。

数年前、旅番組に出演された時は知的で礼儀正しい紳士でした。
ずっと昔に読んだ記事ですが、お子さんには悪役で泣かれたこともあったとか。
大変でしたよね…。

今から楽しみですが、今井さんや八名さん、田口さんはインタビューがあるとすごくうれしい。
次はぜひ、江幡高志さんや神田隆さん、須賀不二男さん、菅貫太郎さん、浜田寅彦さん、綿引勝彦さん、五味竜太郎さんなんかもお願いしたいところです。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
津川さんもかあkせないかただと思うのですが・・・一度は仕置きする側に回りながらも、「主水死す」出またもや「強烈な悪役」に復帰。
先日も仕掛け人で見事ににくったらしい悪人っぷりを見せていただきました♪
2011年12月19日(Mon) 19:46
オギャンさん
編集
>オギャンさん

お返事、遅くなってすみません!

津川さんの悪役、私も入れてほしかったですが、津川さんを悪役俳優として出していいのか、迷ったんでしょうね~。
「必殺」で津川さんが悪役をした話は、どれも名作。
市松の生い立ちに関わっていた話や、殺しのない仕事なんかは津川さんの強烈な個性あっての話でしょうね。
「仕掛人」では緒形さんとは最期まで仲の良い親友だったことを思い出しました。
2011年12月20日(Tue) 10:55
No title
編集
>>今井さんはもう、どれを選んでいいかわからないぐらいですが、個人的には「仕置屋稼業」の同心がよかった。

最近、仕置屋稼業での今井健二氏の出演回「邪心が見えた」を見たのですが、緊迫した話でしたね。実際、仕置屋が壊滅寸前まで追い込まれてましたし。
今井氏が演じた仕置屋を追い詰める鬼同心、悪役ですがカッコいい役どころでした。

最終的に主水の正体にすら感づいた切れ者なので、彼の死は奉行所にとって大きな損失な気がします(笑)
2015年08月13日(Thu) 02:17
死神十内さん
編集
>死神十内さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
返信が遅くて、申し訳ありません。

>最近、仕置屋稼業での今井健二氏の出演回「邪心が見えた」を見たのですが、緊迫した話でしたね。実際、仕置屋が壊滅寸前まで追い込まれてましたし。

最終回かと思わせるような話でしたね。

>今井氏が演じた仕置屋を追い詰める鬼同心、悪役ですがカッコいい役どころでした。

女性と大きな店には見向きせず、目的は仕置屋検挙ってところも良かったですよね。
最後の刀の構えも良かった。

>最終的に主水の正体にすら感づいた切れ者なので、彼の死は奉行所にとって大きな損失な気がします(笑)

とぼける主水への無言の視線が物語る疑惑の確信。
やり過ぎるとは言え、あの岡っ引きも、優秀な主人を失いましたね。

コメントありがとうございました!
2015年08月16日(Sun) 10:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL