こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP麻生太郎氏 ≫ 「高橋是清」と「226」

「高橋是清」と「226」

去年、「坂の上の雲」でも、重要人物として登場した高橋是清。
日露戦争で戦費調達をしてきましたね。
世界恐慌により混乱する日本経済を、デフレから世界最速で脱却させました。
そのため、今度は高率のインフレーションをふせごうと軍事予算を削り、これが軍部の怒りを買い、226事件で暗殺されたといいます。

宮澤喜一氏は、高橋是清同様、総理退任後、大蔵大臣に就任。
やはり手腕や経歴から、「平成の高橋是清」と呼ばれました。
そして、第2次安倍内閣の麻生太郎氏。

総理経験者ですが、副総理に就任。
同時に財務大臣・金融担当大臣を兼任。
やはり、「平成の高橋是清」と呼ばれるようになりました。
デフレ脱却を目指す点でも共通していますね。

この前、デフレ脱却について語っていたのですが、やはり高橋是清の名前が出ました。
そして、「226」という言葉がこの方の口から出た時、ゾクッとしましたね。
映画「226」でも描かれていますが、この事件では牧野伸顕伯爵が襲撃されましたから。
麻生氏は、この牧野伯爵の曾孫にあたるんですね。

226事件の際は、湯河原の伊藤屋旅館別荘「光風荘」に宿泊していました。
牧野伯爵の娘・雪子氏は、吉田茂氏と結婚。
孫の和子氏が誕生。
これが、麻生太郎氏のお母上。

和子氏は226事件の時、「牧野を出せ!」と迫る青年将校たちの銃口の前に立ちはだかったとか。
牧野伯爵が脱出できたのは、孫の和子氏の機転と度胸だった…と言われています。
だから麻生太郎氏の口から「226」という言葉が出た時、ゾクゾクッとしてしまったのでした。
単純。


こちらは映画「226」の予告編。




寒そう。
映画で「我々はたった今、血を浴びてきたところです」というセリフが出ますが、そういう青年将校たちを前にするなんて、どれほど気丈なことか。
そしてこの記事、タイトルと記事の中身が一致してない…。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL