12日の木曜日、木曜夜のコンサート?という番組を見たら、三味線屋勇次こと中条きよしさんが「うそ」を歌いました。
いやー、今も色っぽい、艶っぽい。
変わらないですね、ビックリ。
曲が終わった後にゲスト席に着席した時、後ろを振り向いて観客に手を振っていましたが、こ~りゃ今でも魅了される女性がたくさんいるぞ。

この後、西崎緑さんが「旅愁」を歌いました。
平尾先生特集だったんですね。
西崎さんが当時、14歳でこの歌を歌っていたというのに驚き。
この方も「必殺」の女神でした。


さて、テレビ埼玉の朝の9時からの「必殺」の再放送。
「仕掛人」が終了して次は「助け人」と思っていたら、今日からは「仕置人」でした。
前回の再放送からちょっと時間が経っているから、いいのかな。

第1話、何度見ても素晴らしい。
仕置きの時、錠がなんと高く、軽々と飛んでいるように撮ることか。
自分が依頼したのに、仕置きを目の前にしてガタガタ震え出す百姓娘の描写もとってもリアル。
大滝秀治さんは凶悪なご面相で、斬られるリアクションが上手い。

小判ではなくて、「文」単位で若い女性の遺体を捜してくる観音長屋の連中など、アナーキーな世界も十分表現してます。
仕置きの相談をする主水と鉄の会話も、今では絶対ありえない内容(笑)。
野川由美子さんの、はっちゃけた声も効果的。
菅貫太郎さんが、拉致されてから目覚め、しばらくぼんやりし、徐々に場所を認識する目の演技なんかも素晴らしい。

最後に、これからもこういう仕置人をしていく決意をする鉄と主水。
やっぱりこの2人は「戦友」、と思います。
自分がしたことの責任を取って身を売る百姓娘、自分が正義感からしたことの結果に愕然とする若い錠。
この点、娘の方が自分の依頼の重みを、ちゃんと返さなければならないことをわかっていた。

とても寂しいユンタの音色と、美しく、しかし哀しく着飾った娘。
錠は仕置きの痛みを知り、乱暴に、しかし決意を胸に小判をつかむ。
緊張感が解けて、ほっとする鉄、主水、おきん、半次。
新たな「必殺」のスタートとして十分な、「仕置人」第1回だなーと思いました。


スポンサーサイト
2012.01.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2054-0c3dea9b