こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP俳優さん ≫ お若いです

お若いです

かわいい小悪魔といえばこの方だった、というブリジット・バルドー。
引退して時間が経った今は、動物愛護運動に心血を注いでいるということ。
確かニュースでお顔を拝見した時、さすがにお年は召されたなという感じはしましたが、艶っぽさがありました。
さすがでした。

バルドーはフランスの女優ですが、フランスの女優と言うと最近、ソフィ・マルソーを化粧品の広告で見ます。
彼女もほんと、年を取らない。
13歳ぐらいの時から映画に出ているけど、見事に大人の女優になって現在に至ってますね。

もう1人、フランスの女優で、イザベル・アジャーニという女優さんがいます。
最近、さすがに年齢を感じさせるようになりました、というか、太りましたけど、本当にちょっと前までは70年代の容貌とほとんど変わらないなと思っていました。
あんまり年を取らない風だったので、人の生き血を吸っていると言われたこともあるとか。

女優じゃなくても一般人もそうですが、特に美しい女優さんが自然に年齢を重ねて役柄を移行させていくというのは、大変だろうなと思います。
今日は隣の駅のショッピングセンターに行っていたのですが、あちこちで最終バーゲン中。
10代ぐらいの友達同士でバーゲンを見ているのかと思ったら、前に回って見たら親子だったということが何回かありました。
お母様、若いですう。

そんなわけで?「キルトの家」の緑魔子さんに感激。
男を手玉に取る悪女役が似合っていた魔子さんが、かわいらしくなってました。
しかしバルドー同様、目に力があるのは、さすがです。
お年を召されただの何だの言ってますが、自分を振り返れば、女優さんたちのすごさは嫌でもわかりますね。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
お邪魔します。

時々「あの人は今?!」みたいな感じで、往年のアイドルや人気俳優さんのその後が番組になっていますね。

「さすがやねえ~!」から「え~っ!なんで~?」まで様々です。
しかし、結果がどうであろうと年月が経っているのは明らか。

若いときは、○年後の自分なんて想像できませんでした。
自分が一番わからないんでしょうね。
他人は客観的に見るから、特に久しぶりに見たりすると「へぇ~!」ということになります。

女優さんは大変ですね。仕事なんですから……。
凡人でよかったと、つくづく思います。

いつまでも生き生きと心が動く人……心のストレッチが効く人が、心身共に若いんだと思います。そういう人は、見た目も若く見えるんじゃないでしょうか。


2012年01月29日(Sun) 12:12
No title
編集
「ベム」の広田レオナさんを見ていたとき緑魔子さんを思い出していたので、今回久々にお見受けして感激でした。
皺の数だけの可愛らしさを持ったみたいで、あの独特な不思議さは、やっぱ緑魔子さん!

佐々木すみ江さんの新内(?)も色っぽかったし、マドンナヴェルディのままの松坂さんは相変わらず可愛くて………。

「新・仁義なき戦い」で組長だった織本順吉さんが、「12人の優しい日本人」の気弱な陪審員3号上田耕一さんに「あんた、昔やくざか!」って、笑っちゃいました。
2012年01月29日(Sun) 13:26
お夕さん
編集
>お夕さん

こんばんは!

>時々「あの人は今?!」みたいな感じで、往年のアイドルや人気俳優さんのその後が番組になっていますね。

あります、あります。

>「さすがやねえ~!」から「え~っ!なんで~?」まで様々です。

はい、びっくりするような方もいらっしゃいますし、「おおー、こういうところは健在」って方も。
最近、2時間サスペンスで20代の頃からは考えもしない変貌ぶりの方を見ました…。

>しかし、結果がどうであろうと年月が経っているのは明らか。

そうなんですよね、時間だけは誰にでも平等。

>若いときは、○年後の自分なんて想像できませんでした。

16の頃とか、自分の30歳なんて想像もつかなかったです。

>自分が一番わからないんでしょうね。
>他人は客観的に見るから、特に久しぶりに見たりすると「へぇ~!」ということになります。

「同窓会で相手のことを『老けたな』と思っていると、相手も絶対自分を見て同じこと思ってるんだよ」と言った人がいました。
会社で2年間の海外から帰ってきて、「みんな老けたな」なんてえらそうに言った人が、女子社員に「自分だって」と言われてましたよ。

>女優さんは大変ですね。仕事なんですから……。
>凡人でよかったと、つくづく思います。

本当に大変ですよね。
美人女優の一番の敵は時間かもしれないです。
一般人なんだからこんなもんだ!と言える立場でよかったと私も思います。

>いつまでも生き生きと心が動く人……心のストレッチが効く人が、心身共に若いんだと思います。そういう人は、見た目も若く見えるんじゃないでしょうか。

あー、本当にそうですね。
そういう人って、年相応のかわいらしさもあったりして。
若さ以外にも渋さという魅力を備えていたり。
柔軟性なくすと、途端に老け込む…なんて聞いたことがありますし、やっぱり心の持ち方って大切なんですね。
2012年01月30日(Mon) 00:14
micmacさん
編集
>micmacさん

>「ベム」の広田レオナさんを見ていたとき緑魔子さんを思い出していたので、今回久々にお見受けして感激でした。

あっ、似てる!
広田さん、昔より今の方が魔子さんに似てる!
昔は妖艶な役が多かったですが、今の方が女優として広がりがありますよね。

>皺の数だけの可愛らしさを持ったみたいで、あの独特な不思議さは、やっぱ緑魔子さん!

素敵だなあ…と思わせるものがありましたね。
こんなに良い年齢の重ね方してたなんて。

>佐々木すみ江さんの新内(?)も色っぽかったし、マドンナヴェルディのままの松坂さんは相変わらず可愛くて………。

根岸さんのママっぷりも良くて、若いだけが魅力じゃない女優さんが勢ぞろいでした。
さすが、ベテランさんたち。

>「新・仁義なき戦い」で組長だった織本順吉さんが、「12人の優しい日本人」の気弱な陪審員3号上田耕一さんに「あんた、昔やくざか!」って、笑っちゃいました。

あそこ、私は「仁義なき戦い」シリーズはよく知らないんですが、笑っちゃいました。
織本さんもお若い頃は、迫力ある悪役がうまかったですし。
「臨場」では哀しい老人役だったので、お元気そうに見えてうれしかったです。
上田耕一さんの受け答えも笑ってしまって、やっぱりこの方たちは上手いですよねえ…。
しみじみ、そう思いました。
2012年01月30日(Mon) 00:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL