土曜日、2月4日、覚えのある音楽がテレビから聴こえてきて、普通にしていてハタ!と気づいた。
これは「怪奇大作戦」のオープニング音楽!
なぜ、それが流れてきたのだ?!

すると、チャンネルはちょうどNHK。
もしや、放送されるのか?!
BSで、「怪奇大作戦」の最新作が放送されるという宣伝でした。

「怪奇大作戦 セカンドファイル」 。
2月4日の夜10時から、BSで放送でした。
それで録画できなかった…。
悲しい。


「必殺仕事人 2012」が放送!
おお~、ついに新作を放送してくれますか。
いや、よかった。
そうしたら今日、「必殺仕事人 2009」の再放送をしていました。

ちょうど源太が退場した次の回からで、本田博太郎さんがゲスト!
さすがの胡散臭さ。
お奉行で小林捻持さんも悪役出演で、ベテランさんも「必殺」を盛り立ててくれてると改めて思いました。

「2010」では、勘定吟味役・風間右京乃助役の小澤征悦さんが良かった。
博太郎さんも普請奉行・酒巻勘解由で出演してましたね。
今度は、小五郎の新しい上司で、生瀬勝久さんが出演とか。
おもしろそう。

他には六平直政さん、永澤俊矢さんと個性的な俳優さんが出ていて、これもまた楽しみ。
悪のボスとして、高橋英樹さん。
いや、本当にベテランさんが「必殺」を盛り上げようとしてくれてる!と感じます。

レンは坊主じゃなくなったんですね。
涼次とレン、一緒の場面がたくさんほしいなあ。
「食品偽装」の回なんか見ると、2人、結構良いコンビだと思う。
小五郎は、主水のすすけた襟巻きを受け継いだように見えます。

それで今日は「仕事人 2009」の再放送と、テレビ埼玉の「必殺仕置人」、時代劇専門チャンネルが「悪役列伝」で、「仕置人」の「楽あれば苦あり 親はなし」の3本が放送されていたんですね。
すごい、個人的に主水祭り。

「仕置人」の、裏稼業に入ったばかりの主水と、熟成した主水が見られた。
これは個人的にすごかった。
「2009」では関わってきた影の人間たちが主水に残したもの、辿ってきた人生、背負ってきたものの重さが感じられましたね。
小五郎と涼次の対立をなだめ、お菊にちょっかいをかける主水が軽やかなので、余計に。

達観したような、そんな感じがありました。
同時に、仕事には動きは少ないけれど、無駄なものが一切ない、ベテランの凄みがあった。
「仕置人」の主水はハツラツとしていて、コミカルさもありましたが。
どちらも主水、「必殺」を生きてきた主水です。

「必殺仕事人 2012」は2月19日(日)夜9時から、テレビ朝日で放送。
今から楽しみです。
あっ、「運命の人」とかぶる。
見るものが2つもあるなんて、うれしい悲鳴です。


スポンサーサイト
2012.02.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2086-31c08f0d