第11話、「落選大多数」。


富くじの当選番号が発表され、会場は大騒ぎ。
平内と為吉としのもいて、しのが富くじ代を当てただけで平内も為吉も外れた。
一番違いだった平内は悔しがったが、為吉から借りたお金も返せない。

富くじ会場から帰る平内は、弥助という、身寄りのない老人から声をかけられた。
弥助は平内が、清兵衛のところの助け人と知っていた。
富くじの一等が当たったのだが、相棒の喜八が帰ってきて半分分けるまで自分の側についていてほしいと頼まれる。
助け仕事は清兵衛を通してくれと言う平内だが、一文無しだし、この程度のことなら内職しても良いかと思いなおし、承知する。

弥助と共に弥助の家に向かう途中、道端に綾が待っていた。
今日は八のつく日、綾は養育費を取りに来たのだ。
綾を連れて話をする間、弥助を先に家に戻して、平内は綾と船宿へ向かう。
そこで平内は綾を押し倒し、まんまと綾をうまく交わして弥助の家に戻ってきた。

すると、その間に弥助は数人の男に囲まれ、抵抗の末、殺されていた。
首を吊った形にされていたが、平内には殺されたことがわかった。
奉行所がやってきたが、身寄りのない弥助が自殺しても無理はないと言って引き上げようとした。
だが平内は殺しと主張する。

ところが同心・村田は平内を犯人と疑い、連れて行ってしまう。
平内は奉行所は犯人を探すのではなく、作るところかと怒るが、したたかに殴られ、清兵衛を呼んでくれと言う。
その時、下手人が捕まったと知らせが入る。
ちょうど清兵衛も来ており、平内は釈放された。

奉行所の門をくぐりながら、清兵衛はこれが表の仕事だからいいものの、裏の仕事で清兵衛を通さずこんなことをしたら掟どおり、死んでもらうと言い放つ。
その時3人と引き立てられてきた下手人とすれ違うが、それは弥助と富くじの金を分けるはずの喜八だった。
喜八は金策に駆け回っていたので、弥助を殺すことなど無理だったのに、金に困っていた為、富くじの金を独り占めしようとしたのだと言われた。
女房のおくにが喜八はそんなことはしない、できないと必死にすがり、泣き叫んでいた。

おくにの前で奉行所の戸は、硬く閉じられた。
あまりの悲惨さに清兵衛がおくにの前に、脱げた草履を揃えて置いてやる。
おくには清兵衛に気づくと土下座をして、喜八を助けてくれと訴える。
清兵衛は悲壮な顔つきで去っていくが、為吉が戻り、おくにに助け人という人たちが江戸にはいると教えた。

ただし、前金10両、後金10両がかかる。
そんな金はない…。
だがこのままでは喜八は拷問を受けるし、病の母親にも会えない。

平内が文十郎のところで今日の出来事を語り、鍋を食べていると、為吉がやってくる。
おくにからの頼みで、裏の仕事が入ったのだ。
今度は私情が入る平内をはずすと清兵衛は言うが、平内は笑う。
「俺は銭さえ貰えば、どんな仕事だって私情はねえ。銭には善人とも悪とも書いちゃいねえからな」。

とりあえず前金を渡された平内は「これを喜八のお上さんが…、よくまあ、こんな金を」とつぶやく。
為吉が「あれ?平さん。金には善人とも悪とも書いてなかったんじゃないですか?」と言う。
文十郎が「平さん、一本取られたな」と笑う。

平内がおくにのいた長屋に向かうと、おくにはいなかった。
病の母親のところには医者が来ており、近所の者によると母親を頼むと10両も置いて行ったきり、消えてしまったらしい。
どこでそんなお金を、と長屋の者も言っていた。

清兵衛が調べたところによると、富くじでお金を受け取った者、しかも注目を浴びる一等ではないが百両単位のお金を受け取った者が何人も変死していた。
喜八は毎日、ひどい拷問を受けていた。
脳裏には女房のおくにの笑顔が浮かぶ。
差し入れを装った為吉が言うには、食事もできなくなっているらしい。

このままでは死んでしまう。
その時、同心・村田が奉行所から出て行く。
清兵衛と為吉が後をつけると、とても同心が入れるような場所ではない料亭に入っていく。

天井に忍び込んだ清兵衛は、誰かと村田が喜八について話し合っていた。
喜八がどうしても口を割らないと同心が言うのに、やり方が手ぬるいと相手は言った。
清兵衛が顔を見ることができた。

それは、寺社奉行・岩間山城守だった。
富くじの金を受け取る相手を殺し、宙に浮いた金を山城守が出世の為の賄賂に使っていたのだ。
頭の固い老中たちとはいえ、やはり金の力には抗えないと山城守は言う。
その為、弥助は殺され、喜八は下手人に仕立てられたのだ。

山城は南町の月番の間に、どうしても喜八を下手人に仕立てなければならない。
何なら、取調べ中に死んだということもありえる。
村田も一介の同心で終わりたくないだろうと言われ、金を受け取っていた。
それを聞いた清兵衛は何とかしなければ、と思った。

だがその翌日、喜八は遺体となって返された。
長屋の者が泣き、「むごいことをしやがる」と清兵衛が憤った時、子供が手紙を持ってくる。
そこには後金と「どうか うちのひとのかたきを」と書かれていた。
為吉があわてて外に出るが、おくにの姿は隠れて見えない。

清兵衛はこれまで助け人の看板を掲げてやってきたが、今日ほどつらい思いをした日はないと言った。
聞いていた文十郎が「棟梁。あんたらしくもねえな。口はばったいようだが、俺らは助け人だ。いつだって死ぬ覚悟はできてるよ」と言う。
「はばかりながら、俺もだ」と平内も言う。

清兵衛は文十郎に3両、平内の前に2両を置き、自分の金庫から1両を出した。
「棟梁。これじゃおめえさんの取り分が」。
「商売に損はつきものですよ」。

外に出た文十郎は平内に、今日は八の日だなと言った。
「あ、そうか」と言った平内に文十郎は「仕事は夜にしよう」と言って、「仕事の前は女はダメだぞ」と釘を刺した。
平内は辻の家に向かうと、綾が待っていた。
今日は両親も外出、新吾も剣術の稽古で遅くなると言ってうれしそうだった。

雨戸を閉め始め、「あなた」と言って平内を見つめる。
平内は一瞬固まったが「倅を頼む!」と言うと、雨戸を蹴破って飛び出していく。
「あなた!」

文十郎はひげをあたり、3両を見つめるとそれをしのの櫛が入っている引き出しに入れた。
しのが「ただいま」と言って帰ってきて、給金が入ったので兄の為に酒を買ってきたと言う。
今日は雪になりそうだし、鍋にしようと思って買出しもしてきたらしい。
だが文十郎が出かける様子なので、せっかく腕を振るおうと思ったのにとガッカリした声を出した。

文十郎は出かけるのは、しのと食事をしてからにすると言うと、しのは「よかった」と明るい声を出した。
そして文十郎がお金を入れた鏡台を片付ける。
台所に向かったしのを見て、文十郎が言う。

「おい、しの!俺がいねえ時はな、何でもいいから為公に相談するんだよ」。
「ダメよ、為吉さんは。利吉さんなら」と言って、しのは「いけない」と言った風に口をつぐんだ。
文十郎は「利吉さんか、ああ、それでもいいよ」と笑って、酒を飲んだ。
しのに気づかれないよう、酒を口に含むと、刀の柄に酒を垂らし、「ああ、もったいねえ」と言って吸った。

平内は女郎屋の座敷に上がり、上機嫌な遣り手婆が綺麗どころをずらりと並べていた。
「ようし!こうなったら片っ端から」と騒ぐ平内の、座敷の隣で唇を噛み締めたおくにが座っていた。
遣り手婆はもういいから、外に出ていろとおくにを追い出した。
何事かと隣の部屋から来た平内に他の女郎たちがそっと、「何でも身内に不幸があったらしいわよ」「あの鬼婆、今日ぐらい客を取らせなくていいのに」と悪態をついた。

平内は遣り手婆を呼び止めると2両渡し、「今の子だけどね、これを渡してやってくれ。今晩は俺の買い切りだよ」と言う。
ぽつんと部屋にいるおくにに、遣り手婆が来て、「さっきの旦那がね、お前に、ほら!くだすったんだよ!お礼言っとくんだよ!」と1両渡した。
部屋を出た遣り手婆は自分の懐から1両出して、ほくそえんだ。
おくにはそれでも、ぼんやりしていた。

平内が、夜の町を行く。
赤提灯の前で、文十郎が待っている。
平内がやってくる。
木枯しの音がする。

「おくにさんに会ったよ」。
「ええ?」
「岡場所に身を売っていた」。
「じゃあ、あの金は」。

2人は、夜空を見上げる。
雪が激しく降ってきた。
見る見るうちに、雪が降り積もっていく。

平内は笠をかぶり、文十郎は頭巾をしている。
2人は雪の中、歩いていく。
山城守と取り巻きが騒ぐ座敷から、酔っ払った男が出てくる。
芝居の黒子の衣装を着た平内は、そっと庭から廊下に忍び込む。

村田が部屋を出て、隣の別室へ入る。
山城守の前に出ると、山城守は酒を飲みながら確かな筋から知らせがあって、どうやら若年寄に内偵したようだと言った。
「金の力は強い。雪見酒も、おつなものだのう」。

庭から座敷を見る平内の目が燃える。
数人がまた、騒いでいる座敷に入っていく。
廊下に上った平内は、そっと歩き、騒いでいる座敷の間を思い切って飛んだ。

平内の影が、障子に映る。
座敷を跳び越した平内は、着地すると様子を伺う。
誰も気がついたものはいない。

平内は山城守の部屋の前から、奥の廊下に移動する。
文十郎が庭に来たのを確認する。
キセルに火がともされ、紫煙が流れる。
文十郎の影が近づく。

大騒ぎしている座敷から、山城守に協力した見える同心たち、3人が見える。
隣の間から座敷の衝立の後ろに、そっと隠れる文十郎。
刀を手に取る。
衝立の上から、文十郎の刀の柄と手が見える。

山城守は気に入った女を呼び、2人きりになった。
平内がそっと開け、キセルを抜いて構える。
座敷の戸を開けると、山城守が「誰だ」と言った。
平内は無言で座敷に走り、山城守を刺す。

女が飛びのいて、逃げる。
刺された山城守は、悶絶しながら平内に向かって手を伸ばした。
女が叫ぶ前に、平内は濡れた手ぬぐいを女の口に向かって投げる。
手ぬぐいは女の口に張り付き、女は気絶した。

平内は山城守を、隣の部屋に押し込む。
山城守は、ゆっくりと歩いていく。
その後に血の跡が点々とついていく。
山城守は、ふすまを倒し、騒いでいる部屋に向かって倒れた。

同心たちが飛びのき、女たちが悲鳴をあげる。
「殿!」
「お奉行!」
「い、医者だ!」

倒れたふすまに山城守を乗せ、同心たちが運んでいく。
「早う!」
「おい、動かしたらいかんぞ!」
「早うせい、早う!」

大混乱だった。
廊下の後ろから文十郎がついていき、刀を抜く。
そして背後から、一番後ろにいた村田に斬りつけた。
振り向いた村田は、倒れる。

そして山城守を運んでいく後ろからついていく同心の1人にも斬りつけ、また1人にも斬りつけた。
他の家臣たちは山城守を運ぶのに必死で、誰も振り向かない。
文十郎に背後から斬られ、振り向いた1人の首に文十郎は刀を押し付け、横に引く。

平内が廊下の横で見ている。
3人が声も出せずに倒れる。
文十郎は刀を手にしたまま、踵を返すと走る。

平内が倒れた同心を見る。
そのまま2人は雪の中、疾走する。
雪は吹雪になっていた。



富くじの賞金を巡る不正。
弥助じいさんが高品格さん。
おくにが、赤座美代子さん。
「助け人」ではもう1本、出演されていますね。

頼み料なんかない…、と思いつめていたのが、長屋に行くとおくにはいないが医者は来ているし、長屋には10両送られてきたという。
そこでだいたい、察しはつきましたが、その思いも空しく、喜八は遺体となって帰ってきた。
すると、さらに頼み料が届く。
年季を増やしたんだろうなと思います。

拷問を受ける喜八を気遣う、為吉。
この後、為吉を襲う悲劇を知っていると切ない。
身を売ってまで作ったお金で頼まれた助け人が助けられなかったのを悔しく、申し訳なく思う清兵衛は自腹を切る。
実際には、拷問で被疑者を死なせたりすると担当の同心が大変なことになったらしく、おっかなびっくり拷問もやっていたそうですが、ここはまあこうでないと話になりませんから。

利吉がいない間に、しのに上手いこと言う為吉、為吉もしのに?と思ってしまう。
いや、実は為吉はそうじゃなかったのがわかるのはずっと後ですから。
強引に養育料を渡せないのを、力技?で逃れる平内。
いつもきりっとしている綾さんが押し切られ、平内を待ってしまうという、珍しいかわいらしい顔を見せる。

ところが命を賭けた大仕事を前に、平内は倅を頼むと言って出て行く。
この後、やっぱりいつもの鋼鉄のような綾さんに戻っちゃうんだろうな。
でもこの2人、家の面子だの、対面だの、しきたりだの、うるさいことさえ言わなければ、結構うまく行ったんじゃないのかなと思う。
平内さんは良い旦那さんになったし、綾さんはかわいい奥さんになったんじゃないのかな、と。

一方、文さんも、しのにこっそりお金を残していく。
何かあったら為吉になんて言うと、しのがうっかり利吉の名前を言ってしまい、舌を出して止める。
だけど、文十郎は「それでもいいよ」と言うところを見ると、心の中では利吉は頼りになると思ってるんですね。
しのの相手として、認めてはいるのかな。

後悔のないよう、ドンちゃん騒ぎをしようと岡場所に向かった平内の座敷に、おくにが呼ばれていたのは神様の巡り合わせでしょうか。
平内はおくにをわかっていて、そっと2両渡してやる。
1両をくすねる鬼婆、岡場所の現実。

おくにが岡場所にいたことを知った平内、聞いた文十郎は命を賭けた仕事を遂行する決意を新たにする。
岡場所の現実と、悲劇と、難しい仕事への決意を固くする為のエピソード。
この後、おくにさんがたくましく生きて…、いけてるといいな。

平内が、梅安さんが黒子の衣装を着ているのは、外からは顔がわからないからなんですね。
当たり前?
いや、再認識しました。

あの状態で、女性が平内さんの顔を確認することは無理なんだろうな、と。
視覚的効果ももちろん、バッチリ。
この殺し装束って実用的だし、ビジュアルも良いし、なかなかのアイデアなんだなあと、思いました。

山城守は、藤岡重慶さん。
わりと表情がなかったのが、女性と出世を前に相好を崩す。
この時の表情、どうやったら悪が笑った感じになるか、ひじょーによくわかってらっしゃると思いました。
平内がそっと見ている時の表情が、実に見事な悪人笑いです。

慎重な平内の殺しの後、山城守が倒れることで大混乱を引き起こす。
そこで、文十郎が殺す。
連携プレーですね。

それにしても危うい、そして見事な殺し!
一瞬の鮮やか過ぎる殺し。
殿が倒れたらもう大混乱で、下っ端同心は後からついていくだけ。

私情が入りそうで、仕事をはずされそうになった平内さん。
銭には悪とも善とも書いてねえから、銭さえもらえば関係ないと一応、悪ぶってみせる。
しかし本当は私情入りまくり。
最後におくににも、感情入りまくり。

しかも、誰も気に留めない。
殺しの最中に既にエンディングの音楽が流れ、後はすばやく逃げる。
このエンディングの音楽が明るいから、後味が悪くないのかも。
さらに降り積もる雪。

2人の痕跡も何もかも、覆いかぶせてしまう予感。
雪が、天が味方してくれたみたい。
この放送は年末。

年末ジャンボ宝くじがあって、「落選大多数」でも人は夢を買う。
今も昔も、変わらないんですねー。
2人が笑顔で走って行って、今年の「助け人」が終わった。
良い締めくくりだったと思います。


スポンサーサイト
2012.03.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2114-6fcb9653