「37歳で医者になった僕 研修医純情物語」が始まりました。
夜桜見に行っていたんで、録画して後できっちり見ますが、間に合った部分を見ました。
今、昼間に「僕と彼女と彼女の生きる道」を放送していますね。

これはやっていれば、見ていてもまた見てしまいます。
何度見ても、草なぎさん演じる主人公が次第に子供に愛情を抱いて行き、これまで何の疑問も持たなかった出世街道まっしぐらの人生が変わっていく過程は見ていて目が離せない。
静かな、叙情的な音楽とシーンが多いけれど、退屈は絶対にしない。

そして今日のドラマ、確かに展開とキャラクターは、これまでの医療ドラマとそう変わらないのかもしれない。
でも「お約束」の心地よさを感じさせるには、十分だったんじゃないかな。
逆に約束破りをしようと思うばかりに、こちらの期待を外して爽快なドラマじゃないですし。

37歳で医者になるとか、普通に考えたら十分、普通の人じゃない。
だけど、普通の人間に見える。
ヒーローとかじゃなくて、人間に見える。
この方は、人間に見えなきゃダメなドラマができる。

ヒーローじゃなくていいという人物を演じるところが、単なるアイドル俳優のお仕事じゃない。
だから物語に入り込める。
感情が入る。
医療ドラマだからつらいところもあると思うんですが、これは今後も楽しみ。


スポンサーサイト
2012.04.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2171-218dd7d7